お風呂のガス代を安くしたい。節約方法のポイントについて

ガスコンロ

ガス代を節約するためにはお風呂の使い方を見直すことがもっとも効果的です。ガス代の中心を占めるのはお風呂であるためです。お風呂は可能であればプロパンガスから都市ガスへ切り替えることが長い目で見た場合には非常に大きなガス代節約方法になります。他にも追いだきやシャワーの使い方にも注意されることが大切です。

本稿では、お風呂を中心としてガス代の節約のポイントについてまとめています。

スポンサーリンク

お風呂のガス代は大きい

お風呂

電気代・水道代と並んで光熱費で欠かすことができないのがガス代です。ガス代は、一般的な家庭の場合には5000円から10000円程度(冬場など)かかるそうです。また一人暮らしでも3000円程度はかかります。このガス代のうち、大きな割合を占めるのがお風呂のガス代です。

お風呂は基本的に毎日はいるものである一方で、湯沸しなどに時間がかかり、ガスを大量に使ってしまうので、どうしてもガス代上昇の温床となってしまいます。

お風呂のガス代をゼロにすることは不可能としても、どのようにすればお風呂のガス代を節約することができるのでしょうか。

プロパンガスより都市ガスへ

お風呂のガス代の節約を考えられる場合には、真っ先に検討していただきたいのがプロパンガスから都市ガスへの乗り換えです。プロパンガスよりも都市ガスの方がガス代は格段に安くなります。また、メンテナンスの手間も都市ガスの方が便利です。

賃貸物件の場合には、都市ガスの入っている物件に引っ越すだけで少し暗い家賃が高くともガス代と比較すればかえって安くなるということもありえます。

一方、持ち家でガスをプロパンガスから都市ガスへ切り替える場合には、約40万円程度の費用がかかってしまい、初期費用は高くつきます。しかし、長い目で見た場合には最終的にはガス代が安くなるということが言えますので、初期費用が用意できるのであれば、プロパンガスから都市ガスへ切り替えられることがおすすめできます。

可能な限り追いだきを控える

お風呂のガス代を底上げしてしまっている要因の一つがお風呂追いだきです。お風呂を追いだきするとどうしてもガスの使用量が増えてしまい、ガス代増加の要因となってしまいます。

可能な限りお風呂は追いだきをしなくても良いように、お風呂を沸かしたあとはなるべく早く入ってしまうようにするのがガス代節約の点からはおすすめすることができます。なお、健康的にお風呂に入る方法としては、42度くらいの温度のお湯に10分くらい浸かるという入浴方法がおすすめです。

そのため、お風呂を沸かされる際には入浴時の温度を42度~43度くらいで維持できるようにされると良いということができます。

シャワーの出しっぱなしをしない

次に、お風呂のガス代を節約するために配慮していただきたいポイントは、お風呂のシャワーを出しっぱなしにしないということです。お風呂のガス代は、お風呂をたくためのガス代だけではなく、シャワーを利用するときのガス代も当然かかります。

そして、シャワーの出しっぱなし(例えば体や頭を洗っているあいだにシャワーを出しっぱなしにするなど)は意外とお風呂のガス代を底上げする要因となってしまっています。

シャワーを出しっぱなしにしていないかお風呂に入られる際に一度ご確認されてみてください。

お風呂以外でガス代の節約を考える

ここまでお風呂のガス代の節約方法について述べてきましたが、一方でガス代がかかるのはお風呂だけではありません。例えば、湯沸かし器、調理用のガスなども当然、ガス代に含まれます。

確かにお風呂がガス代でもっともかかるものではありますが、お風呂は1日の疲れを取る憩いの場ですし、あまりにお風呂のガス利用を節約しすぎてしまえば、湯冷めなどで風邪をひいてしまいます。

そこで、お風呂以外でガス代の無駄はないか、例えば、調理用のガスを使いすぎていないかなどもガス代節約のためには検討いただきたいポイントと言えます。

さらに言えば、ガス代だけではなく水道代、電気代も含めた光熱費、食費、衣類、交際費なども含めて支出を見直されることが大切です。ガス代だけで支出を抑えることにはどうしても限界が生じます。他の支出も加味して総合的に家計のやりくりを考えられるようにすることがとても大切と言えます。

まとめ:お風呂を中心としたガス代節約のポイント

以上、本文で述べましたお風呂を中心としたガス代の節約のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • ガス代の中心を占めるのはお風呂です。そのため、ガス代を節約するためにはお風呂のガス代を節約することがもっとも効果的です。
  • お風呂のガス代を節約するためにはプロパンガスから都市ガスへ乗り換えるということが長い目で見た場合にはもっともおすすめできます。その他、追いだきをなるべくしないこと、シャワーの出しっぱなしをしないことなどもお風呂のガス代を節約するうえでのポイントとなります
  • ガス代の中心となるのはお風呂ではありますが、湯沸かし器や調理用のガスを使いすぎていないかなども見直されることが重要です。また、ガス代だけではなく、様々な家計の費目を見直して削ることができる支出を考えることが大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment