アトピーの改善を促すことのできる上手なお風呂の入浴方法とは?

スキンケア

昨今アトピーの患者が大変増えてきていますが、その原因や絶対的な治療法、特効薬などは未だ完全には解明されていません。原因も様々なことが挙げられていますが、総合的によく言われることは肌を清潔に保ち、なるべく刺激を与えず、化学物質を控えることです。

普段の生活では身の回りに様々な化学物質やハウスダストなどの汚れ等、アトピーの原因になるものがたくさんあります。でも、それらを取り込まないように意識することでアトピーの症状が改善するというケースが多数あります。

当然お風呂は重要なアトピー改善のための一つですが、どのようにしてお風呂に入ればアトピーの改善に効果的なのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

お風呂の入り方で悪化してしまうアトピーの原因とは?

風呂

実はアトピーはお風呂の入り方で症状を悪化させてしまうことがあります。では、一体どのようなことが悪化させてしまう原因になるのでしょうか?

アトピーには水道水の塩素が良くない

どんなに水の綺麗な地域でも、水道水には衛生管理上どうしても塩素が含まれています。しかし、この塩素が実はアトピーの症状を悪化させてしまう一つの大きな原因となっています。

石鹸やシャンプーでアトピーが悪化してしまう

一般的に売られている石鹸やシャンプーには界面活性剤というものが入っていますが、これは簡単に言うと水と油を溶け合わせる性質のものです。界面活性剤は他にも洗濯洗剤や掃除用洗剤などにも使われており、これが元でアトピーが発症したり悪化するということが分かっています。
天然素材で無添加の石鹸はネズミがかじっても平気ですが、合成洗剤はゴキブリでさえも死に至らしめます。

ナイロン系のスポンジやアカスリが患部を刺激してしまう

患部を洗う時に、アカスリを使うと肌がボロボロになり血が滲んでしまったりすることがよくありますが、ナイロン系のスポンジも粒子は細かいのですが元々の素材は硬いため患部を傷つけてしまい、アトピーが悪化してしまうことがよくあります。痒みが出てきているとついつい掻きたくなってしまいますが、それも患部を痛める原因の一つです。

アトピーにとって半身浴は逆効果

半身浴はデトックス効果を高め発汗作用を促進するのが目的ですが、アトピーにとって汗は刺激の原因となってしまいます。もちろん運動をして汗をかくことはアトピーの排泄作用を高めるのに効果的ですが、入浴時に汗をかいてしまうとお風呂のあとも汗をかいてしまい、せっかくキレイにした肌を汗でまた汚してしまうことになります。
また、ぬるかったり熱すぎたりするお風呂も肌を刺激してしまい痒みの原因になってしまいます。

お風呂を上がりの乾燥はかゆみの原因?

お風呂で汚れを洗い落とすと乾燥しやすくなります。幹部の状態にもよりますが、乾燥してしまう場合は痒みの原因になってしまいます。適度に肌を保湿させることが大切です。

アトピーを改善させるための具体的なお風呂の入り方は?

お風呂の入り方でアトピーが悪化してしまうケースを説明してきましたが、ではどのようなことに気をつければアトピーに優しい、改善を促進することができるのか、そのお風呂の入り方を見ていきましょう。

水道水の塩素を取り除くにはビタミンCが効果的

お風呂に入る際、塩素を除去するのに効果的なのがビタミンCです。浴槽に1g溶かすことで、塩素をかなり除去することができます。シャワーにも脱塩素のものがあります。詰替方式のものだとほぼ100%塩素を除去できます。これだけでも入浴後の肌のかゆみや湿疹の出方が変わってきます。

石鹸やシャンプーは無添加無香料のものを使う

界面活性剤や科学物質が配合された石鹸やシャンプーが良くないことは広く世間一般的にも言われるようになってきましたが、アトピーにとっては一層良くないと言えます。無添加無香料、天然素材の石鹸やシャンプーを使うことで炎症や湿疹を抑制することができます。
ただ、自分のアトピーにとってアレルギーの原因になるものが入っていないことを確認して選ぶようにしましょう。

体を洗う時は必ず手で洗う

スポンジやアカスリを使い慣れていると物足りない気もしますが、手でしっかりと泡立てて体全体を手で洗います。脂分や汚れが残らないようにしっかりと洗いますが、爪を立ててしまったり強くこすったりしないよう心がけましょう。患部以外のところも、症状が収まってくるまでは極力傷つけない様にしたほうが良いでしょう。

お風呂のお湯は適温で肩まで浸かる

半身浴をすると顔・肩・背中・胸などにかいた汗が幹部を刺激してしまうことは先述のとおりですが、長時間の入浴で汗をかくのもよくありません。そこで、適温である程度温まったらぬるま湯のシャワーを浴び、汗をかかずに体を温めましょう。お風呂を出るときは冷水シャワーを浴びると上がった時の痒みを軽減することができます。このような入り方をすることで皮膚の代謝を促進する働きも出てきます。

お風呂のあとは熱を取り保湿を心がける

症状を一時的に抑えるという意味でステロイドを処方するお医者さんもいますが、根本的な改善はしません。ステロイドに含まれる副腎皮質ホルモンというのは界面活性剤に引けを取らないほどの副作用があると考えていいでしょう。
保湿のためには、やはり天然素材で無添加無香料のものがいいでしょう。ただしシャンプーや石鹸と同じく、使われている原料が自分のアレルギーの原因になっているかどうかをきちんと判断して使うようにしましょう。また、幹部に優しいからといって塗りすぎるとハウスダストや汚れを取りこんでしまう原因になりかねませんので、適量を守るように心がけましょう。

オーラ岩盤浴ミニマット
富士パックス販売 (2004-10-20)
売り上げランキング: 39,342

まとめ:お風呂の入り方でアトピーを改善するためのポイント

アトピーを悪化させてしまうお風呂の入り方と、逆にアトピーを改善するためのお風呂の入り方を見てきましたが、もう一度大切なポイントを踏まえておきましょう。

  • 塩素を取り除くことを第一に考える
  • 添加物や界面活性剤の入っていないものを使う
  • 体を洗う時は手で優しく幹部を傷つけない
  • お風呂で汗をかかないように気をつける
  • お風呂のあとのお肌のケアをきちんとする

アトピーの方にとっては時に辛いお風呂ですが、患部を清潔に保つことがアトピー改善に大切な要素の一つとして挙げられます。正しいお風呂の入り方を身につけて、一日も早くアトピーが改善していくことを切に願い、以上の紹介とさせて頂きます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment