お風呂はコミュニケーションの場!お子さんと楽しむ4つのお風呂遊び

水遊び

最近の日本では、年々共働きの家庭が増えているといわれています。忙しい毎日の中、なかなかお子さんと十分に遊ぶ時間がとれていないという方がたくさんいらっしゃるかと思います。小さいお子さんをもつお父さんとお母さんは、週末や祝日は一緒に過ごすけれども、平日は疲れているしなかなか一緒に過ごすことができない場合が多いのではないでしょうか。

そのような場合、親子のコミュニケーションをとるのにとても有効といわれているのが、お風呂遊びです。家の中でもお風呂という場所は、テレビやゲームなどが無いため会話を妨げるものがありません。そして一緒に遊ぶことによって、更に親子の距離をグンと縮めてくれることでしょう。本記事では、他にも考えられるたくさんのお風呂遊びのメリットや注意点、そしてお子さんと楽しく行なえる4つのお風呂遊びをご紹介します。普段お子さんとあまり遊ぶ機会がないという方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

お風呂遊びのメリット

お風呂

お風呂は身体を洗えれば良い、わざわざお風呂で遊ばなくても…という考えの方もいらっしゃるかと思います。しかし、親子でお風呂に入ることは、お子さんとコミュニケーションをとるのにとっても適しているんです。まず、温かいお風呂に浸かることにより心身共にリラックスすることができ、会話が弾みます。そして更に一緒に遊ぶことで、楽しみながらお子さんの考えていることや性格を理解することができます。また、お風呂本来の目的である「身体をしっかり洗う」ということを、お子さんもお風呂遊びを通して学ぶことができるのです。お風呂遊びを少し工夫することにより、お風呂でちょっとしたお勉強をすることもできますよね。

上記のように、お風呂遊びはさまざまなメリットがあるといって良いでしょう。しかし、お風呂遊びをする上でいくつか注意点があります。次に、その注意点についてみていきましょう。

お風呂遊びの注意点

小さいお子さんは、楽しいお風呂遊びについつい夢中になってしまいがちです。あまり長くお風呂に入りすぎるとのぼせてしまいますので、適度に時間を決めてお子さんと一緒に遊んでくださいね。ゲームなどをする前は、「このゲームが終わったらお風呂を上がろうね」とお約束すると良いでしょう。また、温泉や入浴施設などの公衆浴場で遊ぶと、他のお客さんの迷惑になる場合もあります。お風呂で遊ぶそときは、ご自宅のお風呂で遊んでくださいね。
以上2つのことにのみ気を付けて、お子さんとのお風呂遊びを楽しんでください。それでは次に、お子さんと遊べる4つのお風呂遊びをご紹介します。

お子さんと楽しむ4つのお風呂遊び

お子さんと楽しむことができる4つのお風呂遊びとは、次の通りです。

  • シャンプーを使って髪型遊び
  • 牛乳パックを使ってパズル遊び
  • タオルでブクブクてるてる坊主遊び
  • 道具を使わなくても良い言葉遊び

では次に、上記の4つのお風呂遊びについて詳しくご案内します。

タオルでブクブクてるてる坊主遊び

タオルを使うこの遊び、小さい頃によくやったという方はたくさんいらっしゃると思います。タオルを湯船のお湯に浮かべて、真ん中を残した周りの部分を手で握りひとまとめにします。するとタオルの中心に空気が入り、てるてる坊主のような状態になります。そして、そのままお湯の中に沈めると、中心からブクブクと空気がでてきてお子さんは大喜びするでしょう。大きいものや小さいものを作って、お子さんを楽しませてあげてくださいね。

シャンプーを使って髪型遊び

髪の毛を洗うときにシャンプーをたっぷり泡立て遊ぶこともできます。ふわふわに泡立てた泡を頭の左右にツンと立てて「ツノ」。頭のてっぺんにピンと立てて「キューピー人形」。長い髪の毛の女の子は、「ミッキーマウス」もできるかもしれません。このときお子さんに、しっかり頭を洗うことも忘れずに教えてあげてくださいね。

牛乳パックを使ってパズル遊び

湯船に浸かって遊べるのが、パズル遊びです。まずは、きれいに洗って乾かした牛乳パックを用意します。開いた牛乳パックに油性のマジックで絵を書き、乾いたら同じ大きさの正方形になるよう9等分しパズルを作ります。これらをお風呂の湯船に浮かべて、お子さんと一緒にパズルを完成させましょう。絵の代わりに、ひらがなやカタカナを書くと文字の勉強にもなりますよ。

道具を使わなくても良い言葉遊び

道具を全く使わなくても良いのが、言葉遊びです。お風呂の湯船にお子さんと一緒に浸かりながら楽しむことができるでしょう。代表的なのが「しりとり」や「なぞなぞ」ですね。他にも、「仲間探しゲーム」というものもあります。「『う』のつく動物は?」とお父さんやお母さんが質問し、「うさぎ」、「うし」、「うま」というようにお子さんが答えるゲームです。「赤い色の食べ物は?」や、「空を飛ぶものは?」など色々なテーマを決めて、お子さんと一緒に仲間を探してあげてくださいね。

日本理化学 おふろdeキットパス3色入り KF-1
日本理化学
売り上げランキング: 211

まとめ:ポカポカお風呂で仲良し度アップ

本記事では、たくさんのお風呂遊びのメリットや注意点、そしてお子さんと楽しく遊べる4つのお風呂遊びをご紹介してきました。もう一度、その4つのお風呂遊びをおさらいしましょう。

  • シャンプーを使って髪型遊び
  • 牛乳パックを使ってパズル遊び
  • タオルでブクブクてるてる坊主遊び
  • 道具を使わなくても良い言葉遊び

お風呂は毎日入るものです。そのため1日だけではなく、毎日一緒にお風呂遊びを継続することができるでしょう。また、お風呂を一緒に入ることで、お子さんとの仲良し度もググッとアップし親子の絆を深めることもできますよね。そして風呂遊びをしながら、お風呂場でのマナーを教えてあげることもできます。本記事をご参考に、明日からでも早速お子さんとのお風呂遊びを試してみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment