ママ一人でも大丈夫!赤ちゃんをお風呂でキレイにしてあげる入れ方

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれると生活がそっち一辺倒になってしまいますよね。
かわいい赤ちゃんですが、そろそろ体を拭くだけじゃなくてお風呂にもいれてあげたくなるなぁ、とお考えのお母さんも多いことでしょう。

でもそこで心配なのが、自分一人しかいなくてもちゃんとお風呂に入れられるのだろうかな風呂に入れるのは何時頃、どれぐらいがいいのかな?ということでしょう。

様々な悩みを抱えるお母さんたちのために、ここでは赤ちゃんを一人でもお風呂に入れられる入れ方についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

赤ちゃんをお風呂に入れるタイミング

女性

赤ちゃんがお風呂に入っても大丈夫な時期としては「生後一年」ぐらいがよいとされています。さすがに〇年目だとまだ早いでしょう。赤ちゃんは月齢成長がかなり異なるため、成長がまだまだだなぁと思ったりしたら、無理をしないようにしてあげましょう。

お風呂に入る時間帯は、決められた一定の時間で15分ぐらいがよいです。

お風呂の温度はぬるま湯がよいですが、冬場は少し暖かめのお湯を用意してあげてください。

また、お風呂はカビが生えやすく、子供はカビにきわめて齢のでこまめに掃除をするように注意しましょう。月齢が若い赤ちゃんの場合は、新しいお湯を使って入れてあげましょう。

また、体調が悪い時などには無理にいれてはいけません。ぬれタオルなどで軽く体を拭くだけでも大丈夫です。特にお尻はかぶれやすいため、お尻周りだけでも座浴してあげるとよいでしょうね。

お風呂にいれる準備

お風呂にいれる前には、下準備が必要ですね。ベビーバスでもよいのですが、生後一年にもなるとベビーバスを卒業の赤ちゃんも多いでしょうね。

  • かぶれにくい石鹸
  • 赤ちゃんの着替え
  • 赤ちゃんを寝かせる座布団など
  • 入浴後に飲ませるもの(水かミルク)
  • バスタオル

それから、室温も整えておきましょう。真冬ですと寒いので、さらに要注意です。
お風呂には、ガーゼや手桶、洗面器などを用意しておくとよいでしょう。お湯の温度もぬるま湯になっているか確認しましょう。

ママひとりでお風呂を入れるための方法

それでは、ここから順番にお風呂にいれる方法をご紹介していきます。

1.赤ちゃんを座らせる

お風呂では滑りやすいため、赤ちゃんを太ももにのせるときにタオルやガーゼなどをはさむといいでしょう。頭と首を片手でしっかりと支えます。

2.目の周りをガーゼで洗う

最初はぬらしたガーゼを使って目の周りを洗ってあげましょう。ひっかいたり、ごりごりと押し付けたりしないように優しく汚れをとることがポイントです。ガーゼは柔らかいタイプがよく、コットンなどでも代用がききます。

体を洗う

ここからは、石鹸を泡立てて体を洗ってあげます。赤ちゃんの体は柔らかいので、まずは石鹸を泡立ててゆっくり体を洗ってあげることが大事です。体を洗うときでも赤ちゃんをしっかり支えてあげながら、姿勢などを代えないようにして洗ってあげるのが大事なポイントです。

最初は顔をゆっくり洗ってあげましょう。次に、耳の裏を洗います。ただし、耳の裏は汚れが溜まりやすく取りにくいので、指やぬらしたガーゼを使うとよいでしょう。

次に首周り、首の付け根、お腹、胸とあらっていきます。いずれもよく泡立てた石鹸でマッサージしながら洗ってきましょう。脇の下などの胴体を洗ったら、一度お湯をかけて石鹸を流します。お湯をいきなりかけるとびっくりしてしまうので、「お湯につけたガーゼ」などで洗い流していくと便利ですね。洗面器にお湯を張ってそばにおいておきましょう。

髪の毛を洗う

髪はまだ十分に生えそろっていないと思いますが、ここも丁寧に洗ってあげましょう。まだこの年令であれば、通常の石鹸でもよいですね。

背中を洗う

赤ちゃんを動かさずにそのままの姿勢で背中を洗ってあげましょう。赤ちゃんを自分の胸のほうに寄せて、手を背中に差し込んで洗ううのがポイントです。背中を流す時もそのままの姿勢で。

浴槽に浸かる

ゆっくりと風呂いすから立ち上がります。滑りやすいので気をつけないといけません。片手で赤ちゃんを抱いて、もう片方の手を浴槽のどこかでつかまりながら浴槽に入ります。転ばないように良く気をつけましょう。

赤ちゃんはのぼせやすいので長く入り過ぎないようにしましょう。

アップリカ 赤ちゃんの気持ち バスチェア
アップリカ (2007-10-30)
売り上げランキング: 23

まとめ:しっかり抱っこして赤ちゃんの体を洗うのがポイント

一人で赤ちゃんをお風呂に入れるには、「しっかりと抱っこする」ことと「滑らないように気をつける」ことと「赤ちゃんが冷えたり、のぼせたりしないようにする」ということがポイントです。

一人でも十分赤ちゃんをお風呂にいれることができますが、もし大変だなぁと思う時はベビーグッズの利用もよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment