赤ちゃんを気持ちよく安全にお風呂に入れてあげる入れ方

赤ちゃん

大切な赤ちゃんの健康に親は細心の注意を払うものです。それでも、赤ちゃんのお世話には大変な苦労が伴うのも事実です。とくに、お風呂での赤ちゃんの入れ方に関して悩みを抱えるお母さんたちが多いようです。

なぜなら、赤ちゃんは大人に比べて肌も敏感ですし、首や腰などがすわっていなければ、赤ちゃんの扱いに細心の注意を払う必要があるからです。

しかし、赤ちゃんには毎日のお風呂は欠かせません。なぜなら赤ちゃんは新陳代謝がとても良いからです。

そこでこの記事では、赤ちゃんを上手にお風呂に入れるポイントをご紹介していきたいと思います。上手に赤ちゃんをお風呂に入れて、大切な赤ちゃんと楽しいお風呂の時間を過ごしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんを上手にお風呂に入れるための4つのポイント

お風呂

夫婦二人で赤ちゃんをお風呂に入れるのであれば、作業を分担することが出来ますが、どちらか一人で赤ちゃんをお風呂に入れなければならないとなると、なかなか大変な作業になります。

赤ちゃんが怪我をしないように細心の注意を払わなければなりませんし、なれない作業なので思いもよらない事態が起きるかもしれません。

様々な事態に柔軟に対応するために、赤ちゃんをお風呂に入れるお母さん、またはお父さんは、自分たちの入浴を先に済ませるか、赤ちゃんをお風呂に入れた後に済ませるようにして、赤ちゃんをお風呂に入れるときはそれだけに集中するようにしましょう。

どのように赤ちゃんをお風呂に入れるか計画しておく

赤ちゃんをお風呂に入れる前に、どのように入浴させるのかきちんと計画を立てておくことが大切です。

お風呂場は滑りやすくなっていますので、赤ちゃんを抱っこしたまま何かをしようとすると非常に危険です。タオルを用意したり、バスルームを暖めたりするのは赤ちゃんを裸にする前に行なっておきましょう。また赤ちゃんが触りそうな危険なものは前もって違う場所に移動させておきましょう。

赤ちゃんを洗うときは優しく丁寧に

赤ちゃんをお風呂に入れるときに注意しなければならないことは、赤ちゃんの肌はとても敏感だということです。

そのため、強くこすり過ぎると肌が荒れてしまいますし、逆にきちんと洗えていないと湿疹などが出てしまうことがあります。優しく、それでいて丁寧に洗ってあげることが、赤ちゃんをお風呂に入れるときに大切なことになってきます。

直接お母さんの手で洗ったり、肌に優しい布を使うのがおすすめですが、こするようにではなく、泡でマッサージするように洗うようにします。赤ちゃん用のボディーソープやシャンプーを使うようにしましょう。赤ちゃんの体にはくびれている部分がたくさんあるので、そのような部分を丁寧に洗ってあげることも赤ちゃんをお風呂に入れるときに大切なことです。

長い時間をかけて赤ちゃんをお風呂に入れてはいけない

大人は長くお風呂に入る人も多いですが、赤ちゃんをお風呂に入れる場合は長い時間をかけてはいけません。

なぜなら、体の小さい赤ちゃんは大人に比べてのぼせやすいからです。親はゆっくり時間をかけて赤ちゃんとバスタイムを楽しみたいかもしれませんが、それは、赤ちゃんがもう少し大きくなるまで我慢しましょう。赤ちゃんを洗う時間と赤ちゃんを湯ぶねに浸からせる時間で15分くらいに収まるようにしましょう。

お風呂から出た後の赤ちゃんのケアも忘れずに行ないましょう

赤ちゃんをお風呂に入れ終わったなら、その後のケアも大切です。

赤ちゃんをお風呂に入れる前にタオルなどを準備してあるはずなので、お母さんは手早く着替えを済ませて、赤ちゃんを優しく拭いて上げましょう。そのあと、保湿クリームなどでスキンケアをしっかりとしてあげます。また、耳や鼻の穴やおへそをきれいに掃除してあげます。また、赤ちゃんはお風呂に入ったことによって水分が減ってしまっていますので、白湯や母乳で赤ちゃんの水分補給も忘れずに行ないましょう。

リッチェル ふかふか ベビーバス グリーン
リッチェル
売り上げランキング: 26

まとめ:赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントは計画的に、すばやく、優しく、丁寧に

赤ちゃんのお風呂の入れ方について4つほど、ポイントを紹介させていただきました。赤ちゃんを大切に育てておられるお父さんお母さん、赤ちゃんに会うことを楽しみに待っておられるお父さんお母さん、この記事は皆様のお役に立つことができたでしょうか?

赤ちゃんを育てるということは大きな喜びであると共に、大変なこともたくさんあることでしょう。赤ちゃんをお風呂に入れる、ということもそのひとつかもしれませんね。でも大丈夫です。ここに上げたことを参考にして計画的に、すばやく、優しく、丁寧に赤ちゃんをお風呂に入れてあげるなら、きっと赤ちゃんはあなたに微笑んでくれることでしょう。是非、赤ちゃんと楽しく安全に入浴を楽しんでください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment