むずがらないように赤ちゃんをお風呂に入れるための方法

赤ちゃん

生後一ヶ月まではベビーバスと呼ばれる赤ちゃん用の小さなお風呂を使いますよね。
でも一ヶ月もしたら首もすわってきて可愛い赤ちゃんにはベビーバスは小さすぎるようになってしまうかもしれません。

そうしたらいよいよお風呂デビューが近いかもしれませんね。でも、お風呂で赤ちゃんを洗うのはけっこうたいへん。ずっと抱っこしていないといけませんし、赤ちゃんの体が冷えてしまわないかも心配ですよね。ここでは、そんなお悩みをかかえているお母さんたちに「赤ちゃんのお風呂の入れ方」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

お風呂にいれて赤ちゃんの体を清潔に

お風呂

ところで、そもそも赤ちゃんはどうしてお風呂に入れてあげなくてはいけないのでしょうか。

大人でしたら血行改善だったりリラックス効果を得るためだったりといろいろな理由がありますが、子供の場合は「汗や垢を洗い落とす」ことが大事なんですね。

赤ちゃんの頃は生涯でもっとも新陳代謝が活発なときです。その分、栄養を必要とますし、老廃物もたくさんだすんですね。そのため、毎日お風呂に入れてあげることが必要なのです。

ですから、赤ちゃんの場合には入浴時間はごくごく短くても大丈夫です。手早く、さっと体を洗ってあげることが大事なんです。

それと同時に、新生児期には抵抗力が弱く水を伝って細菌などに感染してしまうこともあります。赤ちゃんがベビーバスを使うのはお風呂にある細菌の感染防止という側面もあるのです。ですから、もし成長が人よりすこし遅いようだなぁと思ったらしばらくベビーバスを使い続けることも必要かもしれませんよ。

赤ちゃんをお風呂に入れる時に気をつけるべきこと

それでは、以下に赤ちゃんを洗う時のために気をつけるべきことを説明していきます。

自身の入浴はお昼寝時に

自分自身の入浴は赤ちゃんがお昼寝している時にしましょう。赤ちゃんの入浴は意外と手間がかかる割に、急いで洗わないと赤ちゃんが風邪を引いてしまうことがあります。

お母さんの入浴は赤ちゃんがお昼寝している時などに済ませてしまいましょう。赤ちゃんと一緒に自分も洗おうと思うと慣れるまでけっこう大変です。

赤ちゃんの入浴は段取りが命

赤ちゃんを入浴させる時には段取りが大事です。事前に必要な物を用意して、手早く効率的に赤ちゃんを洗いましょう。

準備しておくものは、バスタオル、赤ちゃん用バスローブ(あれば)。浴室に持っていくものは、赤ちゃん用の石鹸、ガーゼ、カミソリなどの危ないものは置いておかないようにしましょう。

細菌感染の怖れがありますから、お風呂のお湯は全部取り替えてしまいましょう。お湯の温度は38度から40度に調整しておきます。

事前に軽くお水を飲ませてあげることも忘れないようにしましょう。また、洗面所や浴室を先に温めておくのがよいでしょう。

赤ちゃんにお風呂用おもちゃを渡しておくと、お風呂場でもたのしく過ごせます。

手早く洗い、手早く流す

ゆっくりとかけ湯をしてあげたら、こんどは赤ちゃんを洗ってあげましょう。たっぷり泡立てた石鹸で、胴体や首元、耳の裏といった汗をかきやすかったり垢がたまりやすい所を手早く洗ってあげます。

胴体から手先足先へと洗っていくのがセオリーですが、ここで注意したいのは石鹸の泡などを赤ちゃんが誤ってなめてしまうことが少なくないということです。

体を洗ってあげる時には、ガーゼなどの柔らかい布を使ってさっと洗いましょう。

お風呂に一緒に入る

つぎに、浴槽に一緒にはいります。この時が一番神経を使う時でしょうね。
溺れないように、顔をお湯に付けないよう丁寧におろしてあげます。お風呂に一緒に入っている時は、お母さんは半身浴、赤ちゃんは全身浴をこころがけましょう。

赤ちゃんはお湯に入るとむずがって暴れることがありますが、この時にも赤ちゃんを落とさないように気をつけます。

こちらも入浴は最大三分程度で十分です。まだお母さんは十分温まってないかもしれませんが、赤ちゃんはちょっと熱く感じているはずです。

着替えはパパの力を借りて、赤ちゃんのケアとお母さんの着替えを

着替えは手早く行いましょう。全身をきれいにバスタオルで拭いてあげたら、ベビーパウダーなどを利用して、体中のスキンケアをしましょう。終わったらバスローブなどを使ってくるんであげましょう。

しかし、これらの一連の仕事はけっこう時間がかかります。お母さんの着替えが遅れて風邪をひいてしまうこともあるそうですので、もし手伝ってくれるお父さんがいたら、お父さんに赤ちゃんのケアを任せて、その間にお母さんが着替えるというのもよいでしょう。

アップリカ 赤ちゃんの気持ち バスチェア
アップリカ (2007-10-30)
売り上げランキング: 23

まとめ:お風呂で赤ちゃんと気持ちよく過ごそう

お風呂で赤ちゃんと気持ちよく過ごすためには、とにかく効率よく段取りを決めておこなうことです。お風呂は気持ちいいものですが、赤ちゃんは体温の上下が激しく、気持ち悪くなってしまうこともあるそうです。

そうならないためには、お風呂は手早く段取りよく済ませることです。パパの協力も得られるといいですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment