今こそ眠りたい!女子憧れの天蓋付きベッドでお姫様気分に……

広告ロゴ
姫

子どものころに読んだ絵本の中のお姫様は、ふんわり風にゆれるレースの天蓋付きベッドで眠っていました。そんなロマンチックなベッドに夜な夜な思いをはせては、家族と川の字になって眠る……。女子なら一度は経験があるはず。

そんな子どものころの憧れを、いまこそ叶えようと天蓋ベッドにはまる大人女子が増えています。横になったとたん、お姫様気分にすぐになれちゃうこの最強アイテム。ストレス社会に生きる女性にとって癒しのインテリアなのかもしれません。そこで今回は、天蓋ベッドの歴史や実用性、せっかくだからとことんこだわりたい寝具や小物選びまで、たっぷりご紹介します!

スポンサーリンク

ちゃんと意味があるんです 天蓋付きベッドの実用性

寝る女の子

純白のレースにつつまれた天蓋付きベッドが似合う場所といえば、ヨーロッパの上流階級のベッドルームが思い浮かびますよね。実はあの天蓋、豪華な見た目だけでなく、実用性にも優れていることは意外と知られていないようです。そもそもなぜ天蓋付きベッドが生まれたのでしょう。その理由を紐解くには、中世のヨーロッパまでさかのぼります。

中世ヨーロッパのお城は、天井高が10m近いのがあたりまえ。お城に住む貴族ですからもちろん使用人を多く雇っていたはず。しかし、こうも天井が高いと、掃除も毎日というわけにはいかなかったようです。そのため、天井から落ちてくるホコリをよけるために、天蓋が利用されたという一説があります。

権力の象徴という面も…え? 日本にも似た風習が?

また、ゴージャスなベッドは権威の象徴でもありました。16世紀のフランスでは国王はベッドで執務を行い、貴族たちも寝室で客人と接見したそうです。1日の大半をベッドで過ごすわけですから、調度品もどんどん豪華になっていったのも納得ですね。

実は日本にも似たような風習がわずかではありますが今も残されています。嫁入り道具のひとつ「婚礼布団」です。ひと昔前までは、一式揃えで100万円なんてことも珍しくなかったようです。

現代にみる天蓋付きベッドのメリットとデメリット

では、現在の住環境において、天蓋付きベッドを置くメリットを考えてみましょう。もちろん、小さいころからの憧れだった、ス眠るときくらいはお姫様気分になりたい……というのもメリットですが、見た目や気分以外の実用面にスポットをあててみましょう。

室の良い眠りをお約束! 天蓋付きベッドのメリット

  • 冷暖房の直接送風を避けることができる
  • 蚊帳の役割がある
  • 包まれている安心感を得られる

室の良い眠りは健康や美容に欠かせません。天蓋付きベッドならしっかり熟睡できそうですね。続いてデメリットとなる点をみていきましょう。

お洗濯が少し大変…天蓋付きベッドのデメリット

  • ホコリがたまりやすい
  • こまめに洗濯ができない
  • 部屋全体のトータルコーディネートが必要

存在感のある天蓋ベッドは、お部屋のインテリアの中心となるため、それに合わせた家具をえらばないとちぐはぐな空間になってしまいます。
天蓋は洗濯機で丸洗いできる、取り外し可能なタイプをおすすめします。

気分で変えたい! 天蓋ベッドのコーディネート

先に述べたように、天蓋は衛生面からいっても取り外しできるタイプが理想です。さらに何枚かストックがあると安心ですね。そこでおすすめしたいのが、天蓋のカラーコーディネートです。天蓋付きベッドといえば、ロココ調が真っ先に思い出されますが、テーマは自由でよいのです。天蓋も黒や紫、ピンクなどさまざまなタイプがあると、気分によって替えられ、より楽しい空間となるでしょう。

たとえば、アジアンリゾートのような空間をイメージした場合。天蓋付きベッドに華美な装飾は必要ありません。ベッドも籐製などエキゾチックものがおすすめです。また、天蓋をレースではなく、リネンと同じ素材でコーディネートするはいかがでしょう。カーテンの意味合いが強くなり、しっかり遮光をすることができるほか、ベッドが一つのお部屋のような空間になりますよ。

寝具&インテリアにもこだわろう

せっかくの天蓋ベッド。寝具やベッドまわりの小物にもこだわりたいですよね。ベッドはこんなにロマンチックなのに布団が和柄では気分も盛り上がりません。天蓋付きベッドの寝具には、やはり同じテーマで揃えるのがベターです。

ふんわり軽い羽毛布団に、レースやリボンをあしらったカバーを付けましょう。タオルケットや毛布もできれば同系色で揃えたいですね。枕はそれぞれ好みがあるのでおまかせしますが、カバーだけはやはり統一感のあるものを選びましょう。ベッドサイドには猫足のナイトテーブル、またはミニチェストを。これがあるだけで部屋全体がしまります。こちらもベッドのテーマと合わせたものを選んでくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 幼いころを思い出された方も多いのではないでしょうか。子どもから大人まで楽しめる天蓋付きのベッドは、見た目や気分以外にも、実用面に優れていることがおわかりいただけたと思います。今のベッドをリメイクするなら、天井の1か所からベッドの四隅にリネンを垂らすスタイルがお手軽ですよ。大人になった今こそ憧れを現実に…。天蓋付きベッドでお姫様気分をじっくり堪能されはいかが?

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。