市販の入浴剤の成分の種類と成分に過敏に反応してしまう時の対処法

温泉カップル

お風呂が大好きな民族である日本人。その生活の一部となっているお風呂をより充実したものにするために、様々な入浴剤が販売されています。身体が温まるものや疲労回復を促すもの、リラックス効果があるもの。これらの入浴剤はどんな成分で構成されているのでしょうか?

本記事では数多くある入浴剤の大まかな分類とその代表的な効果、また入浴剤を使うことで被るリスクをまとめています。本記事を参考に、ただ盲信して入浴剤を使うのではなく、正しい理解をもって、充実した入浴タイムを満喫してください。

スポンサーリンク

市販されている入浴剤の分類

風呂

現在市販されている入浴剤は、大まかに分類すると、「植物・漢方薬に由来するもの」「温泉成分に由来するもの」「無機塩類化合物に由来するもの」の3つに分けられます。

成分の由来としては様々ですが、得ようとする効果によっては似たものもあったりします。また、入浴剤に含まれている成分ごとにも分類があり、「無機塩類系」「炭酸ガス系」「薬用植物系」「酵素系」「清涼系」「スキンケア系」と分けられます。こうした分類をベースとして、天然由来成分がいいのか、自分の求めている効能を得るためにはどれを選ぶべきか、などを考えていくと、きちんとした根拠を基に、入浴剤を選択することが可能になります。

特定の効能の付与を目的として配合される物質

上記のような大分類に加え、特定の効能を付与するために配合される物質があります。例えば温熱効果を高めるなら無機塩類や生薬類と言った具合です。

無機塩類

入浴による温熱効果を高め、より温まりやすくする。清浄効果を高め、皮脂汚れなどを落としやすくする。湯をやわらかくする。
炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム、重曹など。

生薬類

入浴による温浴効果を高め、より温まりやすくする。
ウイキョウ、米発酵エキス、ショウブ、ヨモギ、アロエなど。

酵素類

清浄効果を高め、皮脂汚れなどを落としやすくする。
パパイン、パンクレアチン、たん白質分解酵素など。

有機酸類

重曹等の炭酸塩と組み合わせ、湯のpHを調節することによって炭酸ガスを発生させる。
コハク酸、フマル酸、リンゴ酸など。

保湿剤(油成分を含む)

肌からの水分の蒸発を防ぎ、うるおいを保持させる。
液状ラノリン、ホホバ油、グリセリンなど。

着色剤

お湯に色をつける。
リボフラビン、カロチン、クロロフィル、色素等

化学物質を避けたい、という場合には

これだけたくさんの物質を配合しているということは、少なからず人工的に合成された物質も含まれることになります。

中にはアレルギーやぜんそく、かぶれなどの炎症を起こす人も出てくるでしょう。適切に使っていればほぼそうした可能性はないのですが、やはり心配だという方は、重曹を入浴剤代わりとして入れることをおすすめします。香料や色素が含まれておらず、食品としても活躍する重曹であれば、こうしたリスクを最小限に抑えることができ、また浴槽の汚れも落ちやすくなるというメリットもあります。

重曹は先に挙げた炭酸水素ナトリウムですから、温熱効果の向上や清浄効果を期待できます。多くの入浴剤がこうした効能を得るための配合をしていますから、色や香りを犠牲にしてでも安全性に気を配りたいなら、安くて安全な重曹が断然おすすめなのです。

安全性を確保しつつ香りを楽しみたい場合

重曹風呂は安全性は確実ですが、香りを楽しむことはできません。それでもせっかくのお風呂ですから、好きな香りを楽しみつつリラックスしたいですよね。そんな時にはアロマオイルを垂らしてみましょう。アロマオイルは少量でも心地よい香りが楽しめ、余計な化学物質を使わずにつくられている物がほとんどです。入浴剤のリスクを回避し、かつ入浴剤と同等の効能を得るなら、重曹+アロマオイルに勝る組合わせはないでしょう。

バブ エキゾチックスパ 魅惑のバスタイム12錠入
花王 (2012-09-10)
売り上げランキング: 2,197

入浴剤の成分表示を注意深く見てみる

市販されている入浴剤はもちろん安全性は確認されていますが、特定の効能を付与するためには様々な化学物質を使わざるを得ません。

そうした成分によって、中には好ましくない影響を被る人も出てくるでしょう。そんな時は最もシンプルに、重曹とアロマオイルを入浴剤代わりにつかうことで、市販の入浴剤と同等の効能を得ることが可能です。

入浴剤として完成している市販品に比べ、重曹とアロマオイルでは一手間余分にかかりますが、安全性と安心感を得るためには必要な一手間だと割り切って、使うことが必要となるでしょう。これを機に、入浴剤の成分表示にも注意をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment