ミョウバンで美肌を目指そう!ミョウバンを使った入浴剤の作り方

風呂

 
昔から料理で使われる、スーパーで100円くらいで手に入るミョウバン。このミョウバンには、実は様々なパワーがあります。ローマ人も制汗剤として利用したそう。ミョウバン水を作り置きすれば手軽に利用できますし、その美肌効果から、お風呂に入れるのが特におススメです。

こちらでは、ミョウバンのパワーとミョウバンの入浴剤の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク


ミョウバンのすごいパワー

ミョウバンとは

風呂

ミョウバンは正しくは硫酸アルミニウムカリウムと言って、硫酸アルミニウムと硫酸カリウムを化学的に合成したものが主ですが、天然のものは温泉の湯の花として採取できる場所もあります。用途としては、ナスや黒豆などを漬ける時に色が落ちないようにする為や、芋や栗の煮物を作る時の煮崩れ防止として混ぜておくこと、さらにはアク抜きとしても使用されることがあります。

焼きミョウバンは、生ミョウバンを加熱処理したものです。加熱処理をしたことで水に溶けやすくなり、酸性の水溶液を作るのに適した状態になります。そして、加熱処理の過程で亜硫酸ガスを放出することで、酸化アルミニウムが残るというわけです。市販されているものは、たいていこちらの焼いてある方だと思います。

ミョウバン水

自分の家で作る場合は、市販の加熱処理したものか、結晶のままのものを買ってきて水道水を沸かして溶かすことで簡単に作ることができます。その用量としては、加熱処理したものは50g、結晶のものは100gに対して、800mlを沸かした中に溶かしてから更に倍に希釈します。この水溶液をスプレー容器などに入れておくのが、使いやすいのでおススメです。冷蔵庫に保存しておけば日持ちするものなので、1ヶ月に1回くらいの頻度で作り変えておくようにすれば良いでしょう。

ミョウバンの特性

ミョウバンには、3つの嬉しい作用があります。

収斂作用
収斂作用とは、タンパク質を変性させ引き締める作用のことです。お肌の表面にある角質層をかたくスベスベに引き締めてくれます。それによってお肌のバリア機能が高まります。つまり、キメが細かく、強いお肌を作ってくれるんですね。

殺菌作用
ミョウバンは水に溶けると酸性を示します。通常酸性の環境では乳酸菌のような酸に強い特別な細菌以外、細菌は増殖することが出来ません。ですから、水に溶かしたミョウバン水は、殺菌作用を持っているのです。

制汗作用
ミョウバン水を付けたり、ミョウバン風呂に入ったりするととてもサッパリします。また古代ローマ人は、制汗剤として日常的に使っていたと言われます。つまりミョウバンは世界最古のデオドラント剤でもあるのですね。

注意したいこと

このように、いろいろと応用できるのがミョウバンの殺菌作用ですが、摂取することで人体に影響がないのかといった心配をする人がいるかもしれませんね。ですが、これについては基本的には料理などで使われる量が少ないこともあって、毒性は低いとされています。ただし、吸収されにくい物質であることから、大量に摂取することで嘔吐や下痢といった症状を引き起こしたりする事があることを知っておきましょう。

ミョウバンを入浴剤に

入浴剤の作り方

ミョウバン水を入浴剤の代わりにお風呂に入れることで、スキンケア効果が生まれます。やり方は、先ほどのミョウバン水を50ccほどお風呂に入れるだけです。 また、10円玉を入れると効果がアップするそうなので試してみても。

ミョウバン風呂プラス10円玉
やり方はミョウバン風呂の中に10円玉硬貨を20枚程度入れるだけです。10円玉の汚れが気になる方もいると思いますが、銅の持つ殺菌性によって一見汚れて見える10円玉も無菌状態になっているので安心してください。ダブルの作用で殺菌性がアップします。

入浴剤としての効果

この水溶液を入浴剤代わりに使うと、殺菌効果によって肌を清潔に保つことができるので、体臭予防にも効果があると言われています。また、あせもやアトピー性皮膚炎などにも効果があるので、毎日入浴することで症状が治まっていきます。それから、収れん作用によって肌を引き締める働きもあるので、風呂上りにはハリのある肌になっているはずですね。

他にも、水の汚れやヌメリを除去してくれる効果があります。翌日まで浴槽のお湯を溜めておくと、底に汚れが溜まります。浴室のタイルなどに繁殖するカビ汚れを予防するといったことも期待できます。

残り湯は、洗濯物に問題なく使用できます。それどころか、洗濯物類の臭い付き防止効果までありますよ。

バスクリン きき湯オリジナルギフトセット KKY-50B
バスクリン
売り上げランキング: 57,673

まとめ:ミョウバンの入浴剤で美肌になろう

スーパーで手軽に手に入るミョウバンには、様々なパワーがあります。そんな万能ミョウバン水の作り方をおさらいしておきましょう。

ミョウバン水の作り方

  • 水800mlを沸かしておく
  • 焼きミョウバン50gを中に入れて溶かす
  • 更に水800mlを加えて倍に希釈する

中でも入浴剤として使用すると、美肌効果に加えて体臭予防やアトピー肌の改善まで望めます。この記事を参考に、ぜひミョウバン水を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment