肩こりは入浴剤で解消!入浴方法のポイントとオススメ入浴剤

温泉

 
肩こりは現代病と言ってもいいくらい、皆さんのお悩みの一つ。パソコンに一日中向き合って、運動不足ときたら肩こりになるのは当然ですよね。しかし放っておくと頭痛がしたり、不調の原因になってしまいます。酷くなる前に毎日の入浴で解消してしまいましょう。

こちらでは、入浴方法のポイントとオススメの入浴剤をご紹介します。

スポンサーリンク


肩こり解消に役立つ入浴のコツ

風呂カップル

肩こり解消のために特に重要になってくるのは、こわばった筋肉をほぐすことと、血行促進をすること。この2つの重要ポイントを同時に実践できるのが、入浴です。しかし、「単に入浴すればそれだけでOK」というわけではありません。肩こり解消に効果的な入浴をするためには、健康のための正しい入浴をする必要があります。

シャワーでは肩こりは解消しない

忙しい人ほど、「入浴はシャワーで済ませる」という形にしがちです。シャワーを勢いよく当てると、その水圧である程度のマッサージ効果が期待できるのは事実ですが、その前に、シャワー入浴は湯船入浴と違って、温かいお湯に包まれてリラックスする、という状態にならないので、血管の拡張による血行促進効果は期待できません。ましてや寒い季節だとシャワーだけでは寒さを感じてしまうので、血管が拡張するどころか収縮してしまいます。また、夏場であってもエアコンで知らず知らずのうちに体が冷えている状態では、その冷えによる血管収縮をシャワーだけでは改善できません。たとえ毎日は無理でも、せめて1日おきには湯船入浴を心がけたいものです。

肩こり解消効果を高める入浴方法

シャワーで打たせ湯
水圧を高めにし、やや熱めのお湯を、首や肩に直接かけます。時間は5分~10分程度。いわゆる「打たせ湯」のようなマッサージ効果でこりを和らげます。

温・冷入浴
まず、カラダをじゅうぶんに温めるために、ぬるめのお湯(40~42度)に10分ほどつかります。その後、冷水(15~20度)のシャワーをあてます。そしてまた5分ほど湯船につかります。これを5回くらいくりかえし、最後に湯冷めをしないよう、じゅうぶんにカラダを温めてからあがります。

お風呂でストレッチ
湯船の中では、浮力がはたらくので、関節などに負担を少なくして動かせます。カラダを十分に温めてから、湯船の中で肩を上下に動かしたり、前後に動かします。

ぬるめのお湯に長めにつかる
熱すぎるお湯は、逆効果。抹消血管が収縮し、湯冷めもしやすくなります。ぬるめのお湯にゆっくりつかりましよう。好きな香りの入浴剤を使用することで、リラックス効果と保温効果も高まります。

肩こりと入浴剤

入浴剤のタイプ

入溶剤の香りや色にはリラックス効果がありますが、肩こりにとても効果的な成分が入っているものがあります。 血行が良くなる成分や温泉成分などいろいろなタイプがありますよね。そういったものを選ぶことでさらに相乗効果が期待できます。

温泉ミネラル成分を配合した入浴剤
塩化カリウム、硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムといったミネラル成分が温浴効果を高めて血行を促進し、疲れや肩こりなどの気になる症状をじんわりと和らげてくれます。ただこのタイプは洗濯には使えてもすすぎ・柔軟仕上げなどは使えません。注意書きをよく読んだうえで利用しましょう。

炭酸ガス系の入浴剤
お湯に溶けた炭酸ガスは、皮膚に浸透して血管を広げ、血流量を増やします。 体を芯から温めてくれるので冷えや凝り、痛みを解消、疲れを癒やします。この泡はどこくらい効果があるのか気になるところですが、炭酸ガスは泡が消えてからも1時間半から2時間はしっかり溶け込んでいて効果が維持されているそうです。

肩こりにオススメの入浴剤

心地よい発泡と香りに癒されながら、気になる諸症状の緩和を実感する、新しい“きき湯”新登場です。「疲れが抜けない」と感じたら、マグネシウム炭酸湯。「カリウム芒硝炭酸湯 気分やさしいはちみつレモンの香り 檸檬色の湯」など、シリーズで様々なものが出ているのでお好みのものを探してみても。

その日の気分に合わせて選べる、4種類の香りの詰め合わせ。炭酸ガスが温浴効果を高め血行を促進し、冷え症や肩こり・腰痛に効果があり、一日の疲れをやわらげます。湯上り後もポカポカ感が持続します。コラーゲンが、かさついたお肌にうるおいを与えます。

バブ メディケイティッド 柑橘の香り 6錠入
花王 (2012-10-08)
売り上げランキング: 1,673

3つの温泉成分配合。高濃度炭酸が温浴効果を高めて、肩こり・腰痛・疲労回復に効きます。こだわりぬいた3つの温泉成分配合。高濃度炭酸が温浴効果を高めて、肩こり・腰痛・疲労回復に効きます。更に温泉成分が身体にベールを作り、湯あがり後も温かさが長続きします。

まとめ:肩こりは入浴剤で解消しよう

入浴剤には様々なタイプの物がありますが、肩こり解消には炭酸ガス系の入浴剤がオススメです。さらに合わせて、入浴方法にもポイントがあります。おさらいしておきましょう。

肩こり解消効果を高める入浴方法

  • シャワーで打たせ湯
  • 温・冷入浴
  • お風呂でストレッチ
  • ぬるめのお湯に長めにつかる

記事を参考に、毎日の入浴時間を楽しく、効果的に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment