やっぱり使いたい!エコキュートでも使える入浴剤の選び方

風呂

 

冬はやっぱりお風呂に入浴剤を入れて温まりたいですよね。温泉気分を楽しんだり、コリをほぐしたり、入浴剤の効果はバカにできません。でもエコキュートだと入浴剤が使えない?なんてお悩みの方多いようです。いやいやちゃんと選べば入浴剤も使えるんです。せっかくのエコキュートを上手に使いましょう。

こちらでは、エコキュートでも使える入浴剤の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク


エコキュートとは

エコキュートとは?

風呂

自然冷媒(CO2)を使用したヒートポンプで、大気中の熱を集めてお湯を沸かす給湯機です。電気温水器が電気ヒータでお湯を沸かすのに対して、エコキュートはヒートポンプユニットを使用してお湯を沸かしますので、同じ電気エネルギーでも約3倍の効率でお湯を沸かすことができます。また、エコキュートは、夜間に沸かしたお湯を、日中に使うのが基本。昼間のピーク時に電力を使用しないので、夏場の節電対策に適した給湯機です。

上手な使い方

省エネ効果をさらに上げるための工夫をしましょう。

“おまかせ”モード
ふだんの「湯量設定」は ムダのない“おまかせ”モードにしましょう。エコキュートが日々の使用湯量を自動的に学習して、適切な湯量を自動的に沸き上げるので、ムダがありません。

「エコ停止」設定
あまりお湯を使わない日は 「エコ停止」設定で節電をしましょう。今日はもうお湯を使わない、そんなときは「エコ停止」に。夜間時間帯まで沸き上げを
停止して節電します

追いだきよりも
貯湯ユニット内のお湯の熱を利用(熱交換)して浴そうのお湯を温める「追いだき」よりも、「高温たし湯」の方が、お湯の熱がムダなく利用でき、すばやく温まるので、省エネにつながります。

また、前日の残り湯を沸かし直す場合は、「追いだき」よりも湯量を減らして「ふろ自動運転」にする方が省エネ。

運転停止日数(沸き上げ休止)設定
旅行などで不在のときは “運転停止日(沸き上げ休止)設定”に。指定した日数の間、沸き上げを停止して節電します。

エコキュートと入浴剤

エコキュートに入浴剤の制限があるわけ

パナソニックはセミオートタイプと給湯専用タイプのエコキュートなら入浴剤の使用が可能だとしています。そう聞くとフルオートタイプは使用できなさそうに感じますが、そういうわけでもありません。使用が可能な入浴剤に制限があるだけです。

なぜフルオートタイプのエコキュートだと注意が必要なのかといえば、追いだきの際などお湯を循環させて加熱するからです。つまり入浴剤で濁ったお湯がタンクのなかに戻ってしまうと、いろいろとトラブルが考えられるからですね。にごり湯タイプの入浴剤を使用したことがある人は分かりますが、湯船に白い沈殿物が付着しています。これと同じことがエコキュートでも起きてしまうということです。

使用を避けたい入浴剤

硫黄成分が含まれるもの
硫黄は、鉄を溶かす性質があります。本体や配管の金属材料が腐食し、水漏れとなる可能性があります。

炭酸カルシウムを含むもの
お風呂に入れるとお湯が乳白色に変わるタイプのものは、カルシウムが入っている場合が多いです。沈殿物が熱交換器やポンプにたまり、自動足し湯運転、自動保温運転や追いだき運転が正常に動作しなくなる可能性があります。

塩化ナトリウムを含むもの、にごり湯状のもの
沈殿物が熱交換器やポンプにたまり、自動足し湯運転、自動保温運転や追いだき運転が正常に動作しなくなる可能性があります。

使用に注意が必要なもの

炭酸ガスにより発泡させるもの
泡によって水位の誤検知を起こし、自動足し湯が正常に動作しなくなる可能性があります。ご使用の場合には、ふろ自動運転を切って下さい。

薬草やゆずなどの固形分が含まれるもの
薬草やゆず、温泉地で売っている「湯の花」などの固形分が含まれるものは、浴槽アダプターのフィルターや配管に詰まる可能性があります、ご使用の場合には、ふろ自動運転を切り、追いだきも使用しないで下さい。また、コマめに浴槽アダプターのフィルターを清掃して下さい。

異種の入浴剤を同時に混ぜたもの
機器故障の原因となります。

メーカー推奨品

メーカーの推奨品なら安心です。しかもこれらの商品は入浴剤の定番中の定番ですよね。にごりタイプが使用できないのにご注意くださいね。

  • 花王「バブ」・・・バブミルキー、バブチーノは除く
  • 「バスクリン」「きき湯」・・・にごりタイプは除く
  • 「旅の宿」

入浴剤をご使用のときは、自動配管洗浄を必ず「入」にしてください。(お買い上げ時の設定は「入」)

バブ ゆずの香り 20錠入
バブ ゆずの香り 20錠入
posted with amazlet at 14.02.03
花王
売り上げランキング: 2,941

まとめ:エコキュートでも入浴剤は使える

エコキュートはエコな給湯機です。その節電効果の高さから、これからの住宅にオススメなもの。しかし入浴剤を使用するにあたってはちょっと注意が必要です。おさらいしておきましょう。

使用を避けたい入浴剤

  • 硫黄成分が含まれるもの
  • 炭酸カルシウムを含むもの
  • 塩化ナトリウムを含むもの、にごり湯状のもの

使用に注意が必要なもの

  • 炭酸ガスにより発泡させるもの
  • 薬草やゆずなどの固形分が含まれるもの
  • 異種の入浴剤を同時に混ぜたもの

にごりタイプを除く「バブ」「バスクリン」「きき湯」、「旅の宿」はメーカー推奨品で安心。この記事を参考に入浴剤でお風呂タイムを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment