妊娠中の不眠~眠れない悩みを解消する3つのポイント~

広告ロゴ
くつした

妊娠中は心身にさまざまな変化が現れます。初期のつわりはじめ、食べものの好みの変化、変わっていく体型への戸惑いや、出産育児への不安…。そのなかに「不眠」の悩みが大きなパーセンテージを占めていることをご存じでしたか?妊婦さんの実に7割から8割近くが、妊娠中に眠れないという悩みを抱えているのです。

本記事では
1、妊娠中に眠れなくなるのはなぜか?~妊娠と不眠の関係~
2、眠れない悩みを解消する3つのポイント
の流れで妊娠中の不眠対策についてご紹介致します。

スポンサーリンク

どうして妊娠中は眠れなくなるの?

悩む

妊娠中の不眠の原因

まずは心の側の原因とからだの側の原因をよく理解しましょう。

どうして自分はこのような状態にあるのか、その原因やメカニズムがよく理解できれば納得ができ、やみくもに悩むことはなくなるでしょう。次は「どうすればいいかな」と前向きに対策を考えることもできます。

本記事では、妊娠と不眠の関係を知ることによって不眠の原因を理解し、それを解消するためにどんなことをすれば効果的かを、心とからだをリラックスさせる方法を、3つをポイントによってご紹介していきます。

どうして妊娠中に眠れなくなるのか?

心の面を考えると、まずは妊娠に対する不安が挙げられるでしょう。自分のからだがこれからどのように変わっていくのか、誰でも心配です。また出産のときの痛みに恐怖を抱いたり、赤ちゃんが無事に生まれるのか、生まれた後ちゃんと育てていけるのかという育児の悩みも加わります。はじめての妊娠ならなおさら不安が大きく、あれこれ悩んで眠れなってしまうのです。

つぎにからだの面を考えてみましょう。妊娠特有の症状、つわりや脚のむくみやこむら返り、ひん尿や腰痛などが睡眠を妨げる主な原因になります。妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすくなりますから、日ごろとは違ったからだの変化があり、それに対する戸惑いやイライラも不眠につながります。

妊娠と不眠の関係を整理したところで、つぎにどうすればよりよい眠りを得ることができるかをご紹介してきましょう。

  • 出産後のためのトレーニング
  • よい眠りに入るための工夫~心をリラックスさせるには~
  • よい眠りを得るための工夫~からだをリラックスさせるには~

出産後のためのトレーニング

赤ちゃんが生まれると、2~3時間ごとに授乳やおしめの交換、夜泣きなど1日24時間赤ちゃんのお世話にかかりっきりになります。そのあいだも泣き声ひとつで起こされて、ゆっくり眠ることができない…子育て中のお母さん共通の悩みです。

そう、妊娠中の不眠は、やがて来る出産後の大変な毎日へ今からあなたのからだを訓練するためのものなのです。

不眠はたしかに辛いものです。しかしほんのちょっと発想を変えて「お母さんになるための準備をしているのだ」と考えてみてはいかがでしょうか?自分で意識しないのに、からだが赤ちゃんを育てる日々のためのトレーニングをしてくれている…赤ちゃんを授かるというのはほんとうに不思議で素敵なことなのですね。

よい眠りに入るための工夫~心をリラックスさせるには~

不眠の原因が理解できたところで、つぎはできるだけよい眠りを得るための工夫をご紹介しましょう。まずは心に対してはどのようにすればよいでしょうか?言うまでもなく、リラックスすることが大切です。前述のようにお母さんになる日のためのトレーニングだと割り切り、赤ちゃんに会えることを楽しみに考えてみましょう。

また無理に眠ろうとせず、部屋の照明を暗くして好きな音楽を聴いたり、アロマの香りを楽しんだり、「眠れない時間」を「自分の自由に楽しめる時間」と捉えるのも賢明な方法です。軽くからだを動かしたり、無理のない範囲で家事をするのもいいでしょう。自然に眠くなってきたとき、ベッドに入ればよいのです。

よい眠りを得るための工夫~からだをリラックスさせるには~

心がゆったりと落ち着いてだんだん眠くなってきたら、今度はからだをリラックスさせましょう。いろいろな方法があります。

脚のむくみやこむら返りに対しては、からだを冷やさず、温めることが効果的です。ひん尿はある程度はしかたがないのですが、利尿作用のある果物や飲みものを控えることが大切です。腰痛を解消するには、自分の寝やすい姿勢をとることが重要です。抱き枕の使用も効果的ですね。

すべてがわかる妊娠と出産の本
ハイディ マーコフ サンディ ハザウェイ アーリーン アイゼンバーグ
アスペクト
売り上げランキング: 6,534

まとめ:妊娠は女性の心とからだに大きな影響を及ぼします。

とくに初めての妊娠にはさまざまな不安があるでしょう。自分ひとりで抱え込まず、家族や友人、医師に話してみましょう。出産経験のある女性なら自分の体験をもとに的確なアドバイスをくださるでしょうし、精神的に不安定な自分に対して夫をはじめ家族の理解を得ることも大切です。

そして「眠れない」ことをあまり深刻にとらえず、ある程度はいたしかたないと割り切って、眠れないときは何をしようかな?と起きている時間を楽しく過ごす工夫をしてみてはいかがでしょうか?心にゆとりが持てれば、からだもリラックスしてきます。

妊娠中のいまは、赤ちゃんを迎えるためにあなただけに与えられた素敵な時間です。マタニティライフを楽しみ、赤ちゃんの誕生をいっそう楽しみに待ちましょう。

最後に妊娠中の不眠を解消する3つのポイントをもう一度リストアップしておきますね。

  • いま眠いのは出産後のためのトレーニング
  • よい眠りに入るための工夫~心をリラックスさせるには~
  • よい眠りを得るための工夫~からだをリラックスさせるには~

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。