妊婦の方の腰痛の原因と対策

本を読む女性

 
妊娠をすると、自分でも予想していなかったような体調変化があり、驚く人も多いのではないでしょうか。中でも、腰痛で困っているという声をよく聞きます。

妊娠してお腹が大きくなると、その分腰に負担がかかるので腰痛になりやすいと考えられがちですが、実際はお腹が目立って大きくなくても、腰痛が起きるケースも多いのです。腰痛未経験の人が、腰痛デビューとなってしまったり、ウエスト付近のいわゆる「腰」だけではなく、骨盤や下半身の不快な症状を感じるようになることもあります。

こちらでは、妊婦さんの腰痛の原因と対策法についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


妊婦さんの腰痛の原因

女性

妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて2つあります。一つは、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるもの。もう一つは、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労を回復しにくくしたり、関節への負荷が強まることによるものです。

妊娠中のホルモンの影響で起こる腰痛

妊娠によるホルモン分泌の影響で、靭帯が緩み、妊娠前よりも関節が不安定な状態になる可能性があります。妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。赤ちゃんが生まれるためには、狭い骨盤を通過しなくてはなりません。骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、このリラキシンというホルモンです。

靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬く緊張してしまいます。骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へ繋がると考えられています。

リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない時期にも、腰痛を起こす可能性があるということになります。

妊娠による姿勢変化で起こる腰痛

お腹が大きくなり、姿勢に変化がでることで、体の動かし始めに腰痛が出たり、姿勢を保持することがつらくなることがあります。腰痛対策お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つために、自然と腰を反らせたような姿勢になります。すると骨盤の傾きにも変化が生じ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加します。

このような姿勢になったとしても、腰痛にならない妊婦さんもいますが、妊娠する以前から腰に問題があった人は、腰痛を再発する可能性があり要注意です。腰痛の他にも、足の付け根やお尻の痛み、太ももの方へのしびれなどを訴えるケースもあります。

妊娠中の腰痛対策法・予防法

腰痛対策

痛みがひどい時は安静にして筋肉を休ませてあげましょう。痛みがあるときはゆっくり温かいお風呂に入ったり、遠赤外線をあてたりして筋肉を温めると痛みが和らぐこともあります。動ける時は少しでも動くようにしましょう。ずっと休んでいては腰や背中の筋力が弱くなってしまい、悪化してしまう事もあります。


エクササイズ

適度な運動も腰痛予防・軽減に効果的ですので、取り入れてみましょう。その際、妊娠の経過が順調であることが条件となりますので、体を動かす前に担当医師にご相談ください。動くとお腹が張りやすい人も控えておきましょう。

腰をねじってリラックス体操

腰をねじって、腰の横を気持ちよく伸ばしてみましょう。腰部・骨盤の筋肉が緊張すると、腰の横側の硬さに左右差が出たり、股関節に着く筋肉が緊張したりと、腰痛や骨盤の症状につながるかもしれません。

1. 仰向けに横になり、両膝を立てます。足をそろえて左右の膝もくっつけましょう。

2. そのまま右側に膝を倒します。ゆっくり5~10秒カウントしながら動かし、左の腰横が気持ちよくストレッチされればOK。

無理に膝を床につけようとする必要はありません。ストレッチ効果を出すために、両肩は床につけたままになるように意識をしましょう。

3. 反対側へも同様に膝を倒してみましょう。

筋肉の緊張度合いによっては、右と左への倒しやすさは違うかもしれません。お腹が張ったり、筋肉がつりそうになったり、痛みが出る場合は、中止をして無理はしないように!最初は3セットくらいからはじめましょう。

腰と背中のリラックス体操
妊娠前よりも体を動かす機会が少なくなってしまった場合や、腰への負担が増えつつある時には、背中から腰にかけての筋肉が緊張しやすくなります。すると骨盤の傾きにも変化が出てしまいます。妊娠中の腰痛予防のためにも、骨盤を動かして腰と背中の筋肉をリラックスさせましょう。

1. 床に四つんばいになりますが、この時、ヒジは伸ばし両手、両足は肩幅くらいに広げます。手首を痛めないためにも、手のつく位置は方の真下へ。

2. 息を吸いながら、お腹を床へ近づけるように、ゆっくりと動かします。 顔を上げて、自然と腰が軽く反るような状態になります。5秒くらいのカウントで行ってみましょう。

サポートベルトなどを利用する
病院で推奨しているような、妊婦さん用のサポートベルト・帯などもあります。そういったアイテムを利用することで、関節の不安定性をサポートし、腰痛予防や痛みが緩和するケースもあります。

まとめ:妊婦さんの腰痛は対策で改善できる

妊婦さんの腰痛の原因

  • 妊娠中のホルモンの影響で起こる腰痛
  • 妊娠による姿勢変化で起こる腰痛
はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
A.Christine Harris 竹内 正人
永岡書店
売り上げランキング: 406

妊娠中の腰痛対策法・予防法

痛みがひどい時は安静にして筋肉を休ませてあげましょう。予防するには腰や背中の筋肉を鍛え、赤ちゃんの重みにも耐えられるようにすることです。

効果的な対策法

  • 腰をねじってリラックス体操
  • 腰と背中のリラックス体操
  • サポートベルトなどを利用する

出産に向けて生活習慣を見直すきっかけを与えてくれる、という意味では、妊娠中の腰痛は、それなりの意味があると言えなくもありません。出産に向けて、自分の中心となる軸、体の要である腰を整えておくことが大事なのです。赤ちゃんを迎えるまでの日々をなるべく快適に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment