パンパンの手足にさようなら!妊婦さんのむくみをとるための4つの方法

横顔の女性

赤ちゃんを妊娠すると、女性の体はどんどん変化するといわれています。いつもと違うご自身の体の変化に驚かれるかもしれません。しかし、変化と同時にちょっと体にやっかいな問題も現れてきてしまいます。その問題の中でも、妊娠されている妊婦さんのほとんどが経験するといわれているのが「むくみ」です。足を見たら、象の足のように足のくびれがなくなり、パンパンに張っていた!などということがよくあるようですね。

妊娠中に足がむくむのは、妊婦さん独特の理由があるといわれています。本記事では、妊娠中になぜむくみが発生するのか、そしてそのむくみをとるための4つの方法をご紹介します。現在妊娠されており、むくみに悩まされている方は、ぜひ本記事を参考にしてむくみを解消してくださいね。

スポンサーリンク

妊婦さんに発生するむくみとは?

むくみをマッサージする女性

そもそもむくみとは、体の皮膚の下の組織に余分な水分が溜まることにより起きます。
ふくらはぎを3秒ほど指で押して離し、皮膚がへこんだままの状態で元に戻るのに時間がかかる場合は、むくんでいるといって良いでしょう。

女性は妊娠すると、身体の水分が増えるといわれています。しかし、身体の水分量が増えるわけではありません。血液中の血しょうと呼ばれる成分が増加し、血液をサラサラの状態にしてくれるのです。この状態は、母体から赤ちゃんへと送られる栄養分などを行き届けやすくするという利点があります。

しかし、身体の水分量が増えるとどうしてもむくみの原因となってしまいます。そして、赤ちゃんが大きくなると、下半身の太ももの付け根の血管に負担がかかり、母体を圧迫します。特に妊婦さんの多くにみられる足のむくみはこのためです。血液の循環が悪くなると、どうしてもむくんでしまうのです。

働く妊婦さんは特に注意!

妊婦さんの中でも、特にむくみやすいのが働く妊婦さんです。デスクワークをしていると、長時間同じ姿勢をとりますよね。水分は、重量の働きによって下へ下がりますので、その状態がより水分を溜め、むくみの原因となってしまうのです。

また、ずっと同じ態勢をとっていると筋肉が疲労します。身体の筋肉運動は血液を心臓へ送り、血の循環を助けています。そのため筋肉が疲労すると、心臓へ血液を送る機能が低下し、その結果血液を停滞させ、むくみとなるのです。

上記のような理由から、妊婦さんとむくみは切っても切れない関係といえるでしょう。しかし、ちょっとした方法でむくみを和らげることもできるんですよ。次に、その4つの方法についてご紹介します。

これで解消!むくみをとるための4つの方法

妊娠中のむくみをとるには、次の4つの方法が効果的といわれています。

  • 足湯で足元を温める
  • 適度な運動をする
  • マッサージをする
  • むくみとりグッズを使用する

それでは、上記の4つの方法について詳しくみていきましょう。

足湯で足元を温める

足元が冷えてしまうと血液の循環が悪くなり、血液が停滞しむくみます。冷えは、むくみの大敵といえるでしょう。そのため、足元を温めるのはとても効果的です。温泉などで足湯につかるのも良いですが、そんな頻繁には行けませんよね。ご自宅でできる簡単な足湯として、洗面器に温かいお湯を入れる方法があります。37度前後のぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。アロマオイルや入浴剤を入れると、リラックス効果ももたらしてくれるのでおススメです。

適度な運動をする

前述でも述べたように、筋肉は血液の循環を助けています。適度に運動をすると血液の巡りが良くなり、むくみを和らげてくれるでしょう。妊婦さんに良いとされる運動として、ウォーキングがあります。お買い物の帰りにちょっと遠回りをして歩くなど、工夫をしましょう。他に良いとされるのが、マタニティースイミングです。水圧が身体にかかるので、むくみにとても効果的といわれています。しかし、あまり身体に負担がかからない程度で行なうということを忘れないでくださいね。

マッサージをする

むくんでいる部分を直接マッサージするのも良いでしょう。血行不良で足にたまっている老廃物などを流す効果があるため、むくみ改善に繋がります。妊婦さんがマッサージすると良いのが、膝窩リンパ節(しっかリンパせつ)です。膝窩リンパ節は膝の裏側にありますので、優しく揉みほぐしてください。それと同時に効果的なのが、鼠径リンパ節(そけいリンパせつ)です。足の付け根にあるので、軽くほぐすようなかんじでマッサージをしてください。

むくみとりグッズを使用する

今流行っている、着圧ソックスなどのグッズを利用するのも一つの方法です。足のむくみを和らげてくれるでしょう。その中でも、医療用として開発されたリカバリーソックスなどが、妊婦さんに効果があるようです。しかし、足を締め付けすぎると逆にむくみの原因となってしまいますので、使用する場合は時間を決めた方が良いといえるでしょう。

ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 44

まとめ:身近な方法でむくみとり

本記事では、妊娠中になぜむくみが発生するのか、そしてそのむくみをとるための4つの方法をご紹介してきました。足のむくみに悩んでいる妊婦さんは、次の4つの方法を試してみてくださいね。

  • 足湯で足元を温める
  • 適度な運動をする
  • マッサージをする
  • むくみとりグッズを使用する

妊娠中は、ご自身の身体の変化に戸惑うこともあるかと存じます。しかし全ては、赤ちゃんが生まれてくるために起こる身体の変化です。一つ一つに解消方法はあるので、ストレスを溜めずに対処することが大切といえます。むくみを抱えている妊婦さんは、ぜひ本記事を参考にむくみを解消してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment