寝相で分かる心理診断

寝るん猫

寝相で占う性格診断があるのをご存じですか?占いや診断というとなんだかあやしいように感じますが、実はこれは立派な研究結果なのです。日本では1973年に「睡眠研究会」が精神科医師により約20名の会員で発足され、77年にはこれが「日本睡眠学会」となり、現在会員数は25000名以上となっています。睡眠学の研究は発展が目覚ましく、日本を含め先進国ではさまざまな研究報告が寄せられています。 この「寝相」についても、ホテルに泊まる宿泊客1000人を対象に、寝相と性格の関係を調査したサリー大学のクリス・イッズィコフスキー教授が研究したもので、この結果がかなり当たると評判になっています。 その調査結果により、人の寝相はおおまかに5つに分けられるようです。

スポンサーリンク

寝相にみる性格判断

赤ちゃんタイプ

カンガルー

これは猫の様に手足を縮めてまるまって眠る形で、全体の41%がこの寝相です。女性に多くみられる寝相で、男性の2倍にあたるそうです。性格的には、繊細な性格で、用心深くなかなか心を開きません。内向的で自分の殻に閉じこもりがちな、甘えん坊な性格が多いとか。深層心理では、いつも誰かに頼っていたい依存心が強いタイプです。しかし時がたてばすぐに打ち解ける性格だそうです。

まっすぐタイプ

これは横向きになりながら、腕は体に沿って真直ぐな寝相です。全体の15%がこの寝相で、性格的には、社交的ですがお人好しで、人を疑ったりしないために、しばしば騙されやすいそうです。また、寝返りをうちやすい姿勢で眠るため、ストレスをためにくく、気持ちが安定している人が多いそうです。友達になるならこのタイプがいいかも知れませんね。

お祈りタイプ

これは横向きになりつつ腕を体の前に持ってくる寝相です。全体の13%がこの寝相で、性格診断ではおおらかな性格に見えますが実は疑り深く用心深い人である事が多いようです。常識的な真面目な人が多いのもこの寝相だそうです。学校の先生や、銀行員に多そうな寝相ですよね。結婚するなら、このタイプが良いかもしれません。

大の字タイプ

これは仰向けになりつつ両手を脇につけて軽く足を開いた寝相です。全体の10%がこれにあたり、性格的には保守的で、頑固、他人対しては厳しいと言う人が多いようです。よく近所にいる、ゴミの分別に厳しいオバさまに多そうな寝相ですね。でもきちんとすればとても優しい人なのかも知れません。

王様タイプ

これはそのままですね。仰向けになり大の字に両手両足を広げる寝相です。これは全体の8%しかいない寝相だそうです。性格的には社交好きではありますがストレスに弱く他人からの批判を気にする小心者に多い寝相のようです。寝相と性格が反比例していますね。寝相は王様なのに、性格はサラリーマンに多いタイプのようです。 このタイプには正反対の意見もあります。子供の時から愛情をたっぷり受けて育った自信家やずうずうしい人にも多い寝相だそうです。なんだかこちらの方があてはまりそうな寝相ですよね。 いかがですか。皆さん当たっていたでしょうか。朝目覚めた時、自分がどんな体勢で寝ていたかよく思い出して下さいね。

寝相が悪い理由

「本当に寝相が悪いんだから!」と子供の頃に怒られた経験はありませんか?よく夏は布団を蹴飛ばしてゴロゴロと寝返りをしますよね。これにはちゃんと理由があります。何度も寝返りを打つ事で、人は身体の温度を調節して、身体の疲労回復を助けているのです。大体1日に20~30回は人は寝返りをするのだとか。健康によい理由がちゃんとあるのですね。

良い寝相とは

最近話題になっているのが、うつぶせ寝健康法です。仰向けで寝ると内臓を圧迫したり、血の流れが悪くなるという報告があります。うつぶせに寝るのは、最も自然な体勢なのだそうです。太っている人に多い寝相です。 うつぶせで寝る事により安眠効果や肩こ り、腰痛の改善、咳やたんの減少などが見られます。 気管が閉塞しやすい睡眠時無呼吸症候群の人にもおすすめです。介護の現場でも利用されている健康法なのだそうです。睡眠時無呼吸症候群は自分では分からない人が多く、原因もまだよく分かっていません。しかし、心臓病や脳梗塞など、重い病気になる可能性のある怖い病気です。思い当たる方は ぜひうつぶせ寝を試してみてください。

いびきを予防する方法

寝相が悪いのはまだ我慢できますが、いびきは耐えられない人は多いでしょう。最近イギリスの王立デヴォンエクセター病院の研究により、毎日12分歌うことで、口蓋(こうがい)や喉が強くなりいびきが少なくなることが判明しました。 いびきをかく人30人を対象に、「毎日歌ってもらう」という実験を3カ月間続けたところ、いびきの頻度と激しさがかなり減ったそうです。ただ単に歌うのではなく、ウング(ung)やガー(gar)といった音を交互に発声するのがポイントという事ですが、カラオケじゃなくても寝る前に発声練習をしても効果がありそうですよね。勿論近所迷惑にならないように気をつけましょう。

まとめ

いかがですか。寝相には自分の性格が現れるようです。自分ではなかなか気がつかない、深層心理が寝相にでているのかもしれません。まあ、他人への迷惑にならない限りどんな寝相でも安眠できれば良いのではないでしょうか。ただ、うつぶせ寝は健康を心配される方は試してみる価値はありそうです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment