寝る前の豆乳は良いのか悪いのか検証

広告ロゴ
飲む

よく「寝る前に豆乳を飲んではいけない」と書かれている文章を、ネットのサイト上で見かけることがあります。一方、同じくらいの頻度で「豆乳は寝る前に飲むと効果的」というフレーズも目にします。いったいどちらが本当なのでしょうか?豆乳嫌いの人にとっては(どっちでもいいよ)というところでしょうが、美容・健康効果たっぷりの豆乳に興味がある私としては、非常に気になるところです。

そこで、きっと他にも私のように気になっている人がいるに違いないと、「寝る前に豆乳を飲んではいけない?」ということについて、検証してみることにしました。このことに興味がある方はもちろん、「脂肪を燃やしたい!」「便秘を解消したい!」「肌をキレイにしたい!」という方にはぜひ読んでいただきたいと思いますので、どうぞしばらくお付き合いください。

スポンサーリンク

寝る前に豆乳を飲んではいけない理由

グラス

先に結論から申し上げますと、検証の結果、私は「寝る前に豆乳を飲むと効果的」という意見に辿りつきました。理由は、実際寝る前に飲んだことがあるのですが、その後よく眠れ、翌日の肌表面に潤いと弾力を感じたからです。もちろん個人差があり、敏感肌である私の肌に合っただけ、あるいは良く眠れて便通もスムーズだったことで、気持ち的にそう感じただけかもしれません。しかし、そう感じさせる効果は確かにあるということです。

ただし、「寝る前に豆乳を飲んではいけない」と言われる理由は、他にありますね。そもそも、なぜそのように言われるのでしょうか?

ネット上や本において、「寝る前に豆乳を飲んではいけない」理由としては、だいたい次の4つが挙げられています。

  • 夜は副交感神経が優位になり、代謝を抑制するから
  • エネルギー消費量が少ないから
  • 副腎皮質ホルモン(代謝に関与するホルモン)の分泌が少ないから
  • 脂肪を蓄積させるタンパク質が増えるから

つまりこの4つが言わんとしていることは、「寝る前に豆乳を飲むと、豆乳の脂肪を体に溜め込んでしまう」ということです。なるほど、確かに寝る前に飲むと、豆乳の脂肪は溜まりやすいかもしれません。しかしそれでもなお、私は「寝る前に豆乳を飲んでも良い」という意見なのです。なぜなら、豆乳に含まれる必須脂肪酸は、余分な脂肪を燃やしてくれる効果があるからです。

脂肪の役割と種類

そもそも、脂肪は悪者にされがちですが、私たちの体を守ってくれている次のような側面があります。

  • 生命維持には欠かせないエネルギー源
  • 細胞の構成成分となる
  • 体温を保つ
  • クッション材として内臓を守る

よく「マイクッション」という言い方を、特に女性同士ではしますが、このマイクッション自体は大変優秀なものです。嫌われても文句を言わず、私たちの生命を維持するために働いてくれています。ただしクッションの割合が多くなりすぎると、弊害が出てくるわけです。その場合には減らしてバランスを整える必要がありますが、実はこの際にも脂肪が必要なのです。

(えっ!?)と驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんので、もう一度言いますね。脂肪を燃やすためには脂肪が必要です。どういうことかと言うと、具体的には「褐色脂肪」を増やすのです。

脂肪には大きく分けて、「白色脂肪」と「褐色脂肪」があります。

  • 白色脂肪→脂肪を蓄える
  • 褐色脂肪→体温保持のため熱を発生させ、エネルギー消費を促す

つまり、褐色脂肪は余分な脂肪を燃やす働きを高めてくれるものなのです。これは首の後ろやわきの下、肩甲骨などについているもので、寒冷刺激を与えると活性化されると言われています。けれども冷え性の私などは、考えるだけでゾクッとしてしまいます。

褐色脂肪を増やす豆乳

そのような人の嬉しい味方は、やはり「豆乳」。実はこの褐色脂肪、良質な必須脂肪酸を摂ることでも増えます。そして、必須脂肪酸は豆乳にたっぷり含まれています。ですから、たとえ寝る前に飲んだとしても、豆乳の場合はこの褐色脂肪も増えてくれます。そうやって褐色脂肪が増えると、脂肪を燃やす準備が整った体の状態になるというわけですね。

検証結果「寝る前に豆乳を飲むと効果的」

いかがでしたでしょうか。「寝る前に豆乳を飲んではいけない」と、「寝る前に豆乳を飲むと効果的」という二つの意見は、「寝る前は脂肪を溜め込みやすい」という点では一致しています。ただし前者は「脂肪」という一括りで考えているのに対して、後者は「脂肪を燃やす脂肪」という点に着目しているのですね。

更に前者の意見においても、寝る前に飲む豆乳の快眠・整腸・美肌効果はしっかりと認めています。だとしたら、「寝る前に豆乳を飲むと効果的」のメリットのほうが、優勢になってくるのではないでしょうか。

マルサン 有機豆乳無調整 1L×6本
マルサンアイ
売り上げランキング: 142

まとめ:実際に検証してみましょう

以上、本記事では「寝る前に豆乳を飲むと効果的」という意見を推してまいりました。最後にもう一度、その理由を確認しておきます。

  • 寝る前は、脂肪を溜め込みやすい
  • 褐色脂肪は、脂肪を燃やす働きを高める
  • 豆乳は、褐色脂肪を増やす必須脂肪酸を豊富に含んでいる

「そうは言っても、脂肪はやっぱり太る感じがして、寝る前には飲みたくない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。その場合は、ご自分の感覚を優先されることをおすすめいたします。私自身、冒頭でお話ししましたように、実際に自分で飲んでみての感覚が、最も大きな根拠となっていますから。

更に付け加えると、(効果がある)と思って飲むのと飲まないのとでは、実際の効果が変わってきます。豆乳自体に豊富な栄養があることは確かですので、ご自身の体で少しずつ量や時間帯などを調節しながら摂り入れていくのが、ベストの方法だと思います。いろいろと試すこと自体が、既にバランスのよい美容・健康方法ですので、ぜひ楽しみながら試してみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。