寝る前にお酒を飲むことで生じ得る3つのデメリット

広告ロゴ
日本酒

寝る前にお酒飲むことを習慣とされている方は多いのではないかと思われます。1日の終わりにお酒を飲むことで疲れを取り、リラックスして眠ることが出来るようにも感じます。しかし、寝る前にお酒を飲むことでデメリットが生じる面もあります。本稿では寝る前にお酒を飲むことで生じ得るデメリットについて検討してします。

スポンサーリンク

寝る前に飲むお酒は美味しいけれども

酒男

寝る前に飲むお酒はとても美味しいものですよね。「寝酒」という言葉があるように、寝る前にお酒を飲むということは、一種の「大人の習慣」として理解されているという面があると言えるでしょう。

しかし、寝る前に飲むお酒は睡眠や健康に対して良くない影響を与え得ることも事実です。
寝る前にお酒を飲むことによって体や健康にどのようなデメリットが生じ得るのでしょうか。

寝酒のデメリット1-睡眠が浅くなってしまう

まず、寝る前にお酒を飲むことで睡眠が浅くなってしまい、睡眠の質が低下してしまうというデメリットがあり得ます。

一見するとお酒を飲むことで眠気が襲ってきて、よく眠ることが出来るように感じえます。しかし、実は寝る前に飲むお酒は睡眠の質を低下させてしまうことにつながります。

どういうことかといいますと、寝る前にお酒を飲むと、確かに眠気を引き起こす上では効果があります。寝る前にお酒を飲むことで入眠作用を促進させるという効果はあります。

しかし、お酒を飲んで眠ると、睡眠中に体温が下がらずに深く眠ることができない状態になってしまいます。そのため、寝る前にお酒を飲むことで睡眠が浅くなり、結果として睡眠の質がさがってしまうというデメリットが生じ得ることになります。

特に近年ではストレスなどからお酒によって入眠しようとされる方が増えている傾向があると指摘されることがあります。そのため、寝る前にお酒を飲むことが常態となっていて「寝る前にお酒を飲まないと眠れない」という方すらおられますが、睡眠の質ということを考えた場合には、可能な限り寝る前のお酒は避けたほうが良いと言えるでしょう。

寝酒のデメリット2-太ってしまう(?)

寝る前に飲むお酒のデメリットとして、太ってしまうということが言われることがあります。よく「寝酒は太る」などということがあります。
この点に関しては、完全には正しくなく、また、同時に完全には正しくないということができます。

どういうことかといいますと、お酒の種類によっては高い糖質・脂質が含まれているものがあります。そのようなものを寝る前に飲むことは、(夕食などを済ませた上で)寝る前になお高いカロリーを摂るということになります。そのため、寝る前にカロリーの高いお酒(例えば甘いカクテルなど)を飲むことで当然太ってしまう可能性が高まります。

また、同時にお酒は食欲を増進させるという働きがあります。そのため、お酒を寝る前に飲むことでおつまみが欲しくなってしまい、深夜に食事をしてしまい、結果として太ることにつながるということがあります。

反面で低カロリーのお酒(例えば焼酎などの蒸留酒)だけを飲むのであれば必ずしも太ることには繋がりません。寝る前にお酒を飲むことが太るというのは半分正しく、半分は不正確ということができるでしょう。

寝酒のデメリット3-アルコール依存の可能性

さらに、寝る前にお酒を飲むということを続けることでいわゆるアルコール依存になってしまうことも考えられます。アルコール依存の最大におそろしいところは、お酒を飲まないと、まるで空気が吸えないかのように大変な苦しい状態となってしまうことです。

そしてお酒を毎日続けることでアルコール依存となってしまった場合、肝臓など重大な臓器の回復不可能な機能低下・損傷がもたらされる可能性があるということです。

毎晩、寝る前にお酒を飲むことがすぐにアルコール依存につながるとは言えないものの、やはり寝酒は習慣化しやすいですので、注意することが大切でしょう。

まとめ:寝る前のお酒を飲むことのデメリットと適量のお酒のススメ

以上、本文で述べました寝る前にお酒を飲むことでもたらされうるデメリットをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 寝る前にお酒を飲むことのデメリット1-睡眠中に体温が上昇してしまい深い睡眠をとることができなくなってしまうことにつながります
  • 寝る前にお酒を飲むことのデメリット2-お酒は食欲増進を促しますので、つい、「おつまみ」がほしくなってしまうことで太ってしまうというデメリットがありえます。またお酒自体がカロリー・糖質・脂質が高い場合には特に注意が必要です
  • 寝る前にお酒を飲むことのデメリット3-アルコール依存症の可能性。寝酒を習慣化してしまうことでアルコール依存性につながってしまう可能性も否定しきれません。アルコール依存症になると肝臓などの大切な臓器に大ダメージが生じてしまうことにつながります

このように寝る前にお酒を飲むことは多くのリスクがあることは確かです。しかし、一方で夕食時などにおいて適量でたしなむ程度お酒を飲むことで食欲増進やリラックスなどの
良い効果をもたらすことも否定できません。酒は百薬の長でもあります。

寝る前のお酒自体はやや問題があるとしてもお酒は適切に楽しめば精神的にも肉体的にもとても良いものとなりますので、適量飲酒はおすすめということができます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。