寝る前に牛乳を飲むと太るってホント?不眠解消に牛乳を飲もう

広告ロゴ
飲む

 

こどものころ、なかなか寝付けない時お母さんがホットミルクを作ってくれた。こんな思い出のある方多いと思います。体がポカポカしてスーっと眠りにつけたような。牛乳は太ると敬遠される方も多いのですが、実はダイエットにも効果的な食品なのです。また、牛乳は寝る前に飲むのが一番だそう。

こちらでは、牛乳を寝る前に飲むと効果的な理由をご紹介します。

スポンサーリンク

牛乳はおすすめの健康食

牛乳って太る?

考える

牛乳は飲むと太るというイメージがあります。しかし牛乳200mlは138kcalしかありません。20代女性の1日に必要なエネルギー1950kcalの7%です。「太る」というのは摂取エネルギーが消費エネルギーより多くなり、余分な脂肪などが体脂肪となって蓄積されることです。食べ過ぎれば、どんな食品でも摂取エネルギー過剰となり、太ります。牛乳を1日に1~2本飲む程度であれば、肥満の原因にはなりません。ただ、いつもの食事量で運動をしないで牛乳を大量に飲めば、太るということも理論上あり得ます。

牛乳の成分

また、牛乳にはカルシウムやビタミンAやB2なども多く含まれています。牛乳200ml飲むと、摂れるカルシウムは227mg。これは1日に摂りたい量の35%です。しかも、牛乳のたんぱく質は、必須アミノ酸をバランスよく含む良質なたんぱく質です。給食に牛乳が付いてくるのも納得ですね。

牛乳の効能

牛乳の効能には様々なものがあります。カルシウムを多く含むことから子供の成長促進、骨粗鬆症の予防、また疲労回復、免疫力向上、さらには精神安定作用、不眠症の改善、整腸作用などがあります。

牛乳はいつ飲むのがいい?

睡眠中は血液中のカルシウム濃度が低くなりやすいため、骨のカルシウムが溶け出して血液中のカルシウム濃度を一定に保つ働きをしています。就寝前に牛乳を飲むと血液中のカルシウム濃度の低下が防げるため、骨からカルシウムが溶け出すのを予防することができます。また、睡眠中は成長ホルモンの分泌が活発になるため、骨がもっとも成長するのは夜10時から夜中2時までの4時間です。ですから、寝る前にコップ一杯の牛乳を飲んでから寝ると、骨の成長に牛乳のカルシウムが効率よく働くのです。

低脂肪乳より成分無調整牛乳を

太るからと言って低脂肪乳や無脂肪乳を飲んでいる人もいると思います。しかし、アメリカのバージニア大学の研究結果によると、低脂肪牛乳を飲んでいる子どもより、成分無調整牛乳を飲んでいる子どもの方が肥満になる割合が低いそう。牛乳の脂肪分が満腹感を増大させてくれ、結果的に高カロリーの食品への食欲を減らしてくれる、というのが理由として考えられるそう。となると牛乳は上手に使えばダイエットにも効果的と言えます。

牛乳の安眠効果

眠れない時にホットミルクが良いというのはよく知られています。これは、体を温めると同時に、カルシウムの精神安定作用と牛乳に多く含まれるトリプトファンとの相乗効果によるものと考えられます。

カルシウムがイライラを抑える

カルシウムには、交感神経の働きを抑制する作用があります。ストレスからくるイライラや不安、緊張などは自律神経が交感神経優位のときに起こりがちです。カルシウムたっぷりの牛乳をとることで、イライラを抑え、安眠へと導いてくれます。

トリプトファンが効く

牛乳には多くの良質なアミノ酸が含まれています。なかでも必須アミノ酸の一種であるトリプトファンは、睡眠に関与する神経伝達物質であるセロトニンやメラトニンの原料となります。これは人間の体内では生成されない必須アミノ酸の一種です。

牛乳のトリプトファンが体内に入ると、セロトニンが作られます。セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える作用のある伝達物質です。セロトニンが不足すると、様々な症状が現れます。寝付きが悪くなったり眠れない、さらにメラトニンの減少など睡眠に悪影響を及ぼします。

そしてセロトニンがさらに代謝されると、メラトニンに分解されます。睡眠ホルモン「メラトニン」は眠りに欠かせない成分です。体内にメラトニンが増えてくると、だんだんと眠くなってきます。もしトリプトファンの摂取量が少なくなると、気分の変化を起こし、睡眠障害になりやすくなるといわれています。

ホットミルクのレシピ

お腹が空いていてもいっぱいでもなかなか寝付けません。さらに寝る前の食事は胃腸に負担がかかりやすく、肌荒れや肥満のもとになります。そんな時は、ホットミルクがおススメです。

材料 (1杯)

  • 牛乳 200cc
  • おろし生姜 ティースプーン1杯
  • ハチミツ 適量

牛乳を弱火にかけ、ある程度温まったら材料を全部入れてかき混ぜます。これでできあがり。沸騰して吹きこぼれないように注意してください。

南日本酪農協同(株) デーリィ 霧島山麓牛乳200ml紙パック×24本入
南日本酪農協同(株)
売り上げランキング: 1,704

まとめ:牛乳は寝る前に飲むと効果的

牛乳は飲むと太るというイメージがあります。しかし様々な効能があり、特に不眠の方にはおススメです。おさらいしておきましょう。

牛乳を寝る前に飲むと効果的な理由

  • 牛乳200mlは138kcal (一日に必要なエネルギーのわずか7%)
  • 睡眠中の骨のカルシウムの溶出を予防
  • カルシウムの精神安定作用
  • 睡眠ホルモン「メラトニン」を生成し、安眠を誘う

牛乳を飲むと太るという誤った認識を捨てて、不眠解消に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。