寝る前に赤ちゃんが大泣きするのはなぜ?

広告ロゴ
泣く

「寝る前に赤ちゃんが大泣きをして困ってしまう」というご家庭は少なくないかと思われます。寝る前の赤ちゃんの大泣きは、いわば、一種の通過儀礼ということもできます。しかし、あまりに寝る前の赤ちゃんの大泣きが大きすぎると少し心配にもなってしまうかもしれません。赤ちゃんが寝る前に大泣きを繰り返す場合、その原因は一体どのような点にあるのでしょうか。

スポンサーリンク

寝る前に赤ちゃんが大泣きする理由は?

赤ちゃん

寝る前に赤ちゃんが大泣きするというというご家庭の方は少なくないと思われます。寝る前に赤ちゃんが大泣きしてしまうと、お母さんやお父さんも疲れてやすくなってしまうと同時に赤ちゃんの心身に異変があるのではないかと少し心配になってしまいます。寝る前に赤ちゃんが大泣きするという場合、その原因は一体何なのでしょうか。

実は寝る前に赤ちゃんが大泣きをするということに関してその理由についてははっきりとはわかっていません。いくつかの有力な考え方はあるものの唯一の理由が判明しているという状態ではありません。その意味では寝る前に赤ちゃんが大泣きする理由は、現在まだ研究中ということができます。

ただ、寝る前に赤ちゃんが大泣きすることについてのいくつかの有力な研究・考え方は打ち立てられています。寝る前に赤ちゃんが大泣きする理由として有力なものとしてはどのような理由があるのでしょうか。

寝る前に赤ちゃんが大泣きする理由についての仮説1-遺伝子の記憶

まず、第一に遺伝によって赤ちゃんが寝る前に大泣きするという可能性が示されています。
どういうことかといいますと、かつて、私たちの祖先にとって夜は非常に大きな「困難」でした。暗闇は不安な気持ちを引き起こすとともに、動物に襲われる可能性があるなどとても危険な状態でした。

そのため、危険な夜が近づくと私たちの遺伝子が恐怖を記憶しており、寝る前に大泣きをするという仮説があります。この仮説によれば、赤ちゃんが寝る前に大泣きするということに対しては安心感を与えてあげることが重要ということになります。

寝る前に赤ちゃんが大泣きする理由についての仮説2-自律神経の未発達

次に、考えられている有力な仮説としては、自律神経の働きが挙げられています。具体的には交感神経と副交感神経というものの働きです。

交感神経は覚醒、興奮などをつかさどり、日中に活発に働きます。一方で副交感神経はリラックスなどをつかさどり、よる寝る前などに働きます。大人になれば、夜は副交感神経の優位な働きによってスムーズに眠りに入ることが可能となります。

しかし、赤ちゃんの場合、この交感神経と副交感神経の「スイッチの切り替え」がうまくできず、これが寝る前の赤ちゃんが大泣きする大きな原因となるという仮説があります。この仮説に従えば、赤ちゃんが大泣きすることは成長とともに交感神経・副交感神経が正常になるので、自然に治っていくということになります。

他にも赤ちゃんにとっては寝る前のまどろみの感覚が不快に感じるために大泣きをするという考え方もあります。このように寝る前に赤ちゃんが大泣きすることについての理由ははっきりとはわからないもののさまざまな考え方・仮説が挙げられています。

寝る前の赤ちゃんの大泣きに対する捉え方

このように寝る前の赤ちゃんの大泣きについてはさまざまな考え方があります。しかし、これらの考え方に共通することとしては、寝る前に赤ちゃんが大泣きするということは決して病的な理由ではないという点は共通します。

もちろん、風邪をひいていて辛い状態の赤ちゃんなどは大泣きをしてその症状を伝えることがあるでしょう。しかし、赤ちゃんが大泣きすることは遺伝子の働きにしろ、自律神経の働きにしろ、一般的には病的な原因ではないということは現在の研究が示すところということができます。つまり、寝る前の赤ちゃんの大泣きは自然に治るので心配することはないということができます。

とはいえ、あまりの大泣きには親御さんの負担が大きいという問題もあります。多くの場合、タオルなどを握らせてあげるなどして赤ちゃんが安心できる状態におくと大泣きはおさまりやすい傾向にはあるようです。寝る前の大泣きがひどい場合には赤ちゃんを安心させてあげることが重要ということができます。

なお、安心させることが重要ということができるのであれば、遺伝子的に不安を記憶しているとう仮説が「一歩リード」ということもできるかもしれません。

赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣 (PHP文庫)
A・カスト・ツァーン H・モルゲンロート
PHP研究所
売り上げランキング: 3,704

まとめ:寝る前に赤ちゃんが大泣きするのは?

以上、本文で述べました寝る前に赤ちゃんが大泣きする理由に関する仮説などについてポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 寝る前に赤ちゃんが大泣きするという現象に対しての唯一の正しい理由はまだ分かってはいません。いくつかの有力な仮説が存在しているというのが現在の状態です
  • 寝る前に赤ちゃんが大泣きする理由として挙げられているのは、遺伝子の記憶によるという仮説・交感神経と副交感感神経の働きによるという仮説・まどろみが不快に感じるためという仮説などがあり、さまざまです
  • 寝る前に赤ちゃんが大泣きする場合には、安心させることで大泣きが収まりやすくなる傾向があります。寝る前の赤ちゃんの大泣きに対しては赤ちゃんを安心させるということが重要と言うことができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。