低血圧で寝起きがつらい人でも快適に朝を迎えられる簡単な方法

寝る男

寝起きが苦手、朝起きるのが苦手。そんな人が増えています。若い人たちを中心に、朝早く起きて夜も早く寝る、といったライススタイルが崩れてきていることや、深夜までの残業などで疲労が抜けないといった方も。

しかし、一番つらいのは低血圧による寝起きの悪さではないでしょうか。朝はやく起きると眠くと仕方がない。夜早く睡眠をとったはずなのに疲れて疲れて仕方がないといった方もすくなくないのではないかと思われます。

しかしながら、低血圧は悪いことではありません。高血圧は様々な基準値によって危険信号がつくのですが、低血圧は医学的に健康な証拠とされています。かといって簡単にに高血圧にすることもできませんから、なかなか朝の低血圧は悩ましい問題ですね。

この記事では、低血圧の方でも問題なく心地よく朝を迎えるための方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

低血圧で寝起きが辛くなる理由

寝起きの男

低血圧で寝起きがつらくなるのはなぜなのでしょうか。

血圧というのは、心臓の拡張期と収縮期における血流の量を示します。上の血圧といわれているのが拡張期、下の血圧と呼ばれているのが収縮期と呼ばれます。高血圧というのは、上と下の血圧に比例しますが、血管を通じる圧力が高ければ高いほど、死亡や血管破裂などのリスクが高まります。体内の塩分濃度や腎臓や肝臓などの環境にも左右されます。

低血圧で寝起きが辛くなるのは、そのような血圧が低いために朝のまだ体が起きていない段階で、体の各所に血液を送り出すのが遅くなってしまうのが原因だと言われています。

一方で、低血圧と朝の寝起きの悪さや起きにくさとの関係は薄いという説もあります。

低血圧自体は健康上のリスクにならないものであり、推奨される適正値を下回る場合に指摘される程度です。低血圧だから朝が弱いことがおおいとはいっても、低血圧でも朝気持ちよく起きることができる人もいます。

高血圧リスクと血圧

それでは、高血圧の人は朝に強いのでしょうか。これも、高血圧だと朝が早くなる傾向があるという説と、無関係という説の両方があります。

高血圧の方はしかしながら内臓や血管に対するダメージが大きく、重症の高血圧の場合には健康な人の18倍の死亡リスクがあると言われています。血圧は健康の大きな指針になりますので、こまめにチェックするのがよいでしょう。

低血圧でも気持よく寝起きを迎える方法

それでは、ここから低血圧でも気持よく寝起きを迎える方法をご紹介いたします。気持よく朝を迎えるためには、まず寝る前の準備から重要です。

早めに寝る

早めに寝ることで、翌朝までたっぷり睡眠時間を確保することができます。早めに寝る場合には、睡眠の2時間以上前からPCやケータイなどをみないようにして、刺激を減らします。寝る前には温かい飲み物を飲んでおきましょう。味の強いものなどはよくありません。

枕元にハーブと温かいお湯を用意する

ぐっすりと寝られるように、リラックスできる香りのハーブなどを枕元においておきましょう。また、朝起きた時に飲む熱いお茶などを用意しておくとよいです。夜のうちに少し冷めると思いますので、熱めのお湯を水筒などに入れておくとよいでしょう。

目覚めたら、熱いお湯を飲み、上体を起こしておく

目覚めたら、熱いお湯やお茶を飲みましょう。それだけでも体が反応して、副交感神経から交感神経へとバトンタッチしていきます。熱いものを飲むことで血流もよくなり、血圧も少しずつ高まります。また、喉が乾いている上体から回復することができますから、それがまた効果があります。

太陽の光を浴びる

窓を開けて太陽の光を浴びましょう。太陽の光を浴びることで、体がおきていきます。特に目から光をいれることに意味があるのです。全身で朝の光を浴びるのも効果がありますが、まずは明かりを浴びましょう。
部屋の明かりやライトなども効果がありますが、太陽の光の光度は桁外れです。朝の寒い日であれば、暖房のついたガラス越しに浴びるだけでも効果があります。

朝食をしっかりとる

低血圧の方は朝食をとるのもつらいということがありますが、朝食をしっかりとることで効果的に血圧をあげることができます。もし朝食を食べるのがつらいというのであれば、ウィダーインゼリーのゼリー等の食べやすいものでも構いません。朝食べると効果があるのは、ゆで卵やベーコンなどです。エネルギーになりやすいご飯などもよいですね。

国産100% しょうが本くず湯 10袋
大阪ぎょくろえん
売り上げランキング: 6,765

まとめ:寝起きの低血圧は寝る前からの対処が重要

寝起きがつらい低血圧の方は、寝る前からの対処をしっかりたてて、起きた時にもゆっくり体を起こしていくとよいでしょう。

とはいえ、一番大切なことは「早寝早起き」でしょう。早寝早起きを心がけることで、十分な起床が可能になります。

寝る前に枕元に温かいお茶などを用意することを忘れずに。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment