寝起きに口臭が発生する詳しい原因とそれに対する5つの予防法

微笑の男

朝、隣で寝ているご主人や恋人、もしくはご自身の口から放たれる臭いに、思わず眉をしかめてしまった経験は恐らく誰でも一度はあるのではないでしょうか。

なぜなら、口の中は細菌が寝床にするにふさわしい温度と湿度が保たれている絶好の場所だからです。一説によると寝起きの口の中には大便の数倍、はたまた全人類人口を超えるほどの細菌が存在すると言います。こんなことを聞いてしまったらもう、頭が痛いどころか吐き気までも催してしまいそうです。

そんな口の中では本来、唾液が細菌を抑える役割を持っています。しかし寝ている間は体が休まるのと同時に唾液の分泌も減る為、今がチャンスとばかりに細菌は増殖し、あっという間に口の中は細菌の飽和状態と化してしまうのです。

そこで本記事では、寝起きの口臭の原因について詳しく迫った上で、その対策についてお教えしていきたいと思います。これできっとあなたも明日から爽やかな朝を迎えることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

寝起きの口臭につながるものとは

青空

寝起きの口臭に起因するものは、唾液の分泌の減少による口内の乾燥と、口の中にわずかに残った食べカス、もちろん前日の夜に食べたものなども影響を及ぼします。

臭いの強い物の王道と言えばニンニクなどがまず思い浮かびます。臭いは胃から上がってくると思っている方が多いですが、胃と食道の間は食事のとき以外は閉じており、臭いが上がってくるということはありえません。ではどこからかというと、消化・吸収された臭い成分は血液によって運ばれ、肺で空気と交わることで臭いを発生させるのです。

そしてまたこれも王道の、お酒。アルコールは分解されると「アセトアルデヒド」という立派な臭い成分へと変貌します。さらに、アルコールの分解には体内における大量の水分が使われます。重ねて追い打ちをかけるように、アルコールの利尿作用によって体内の水分の減少に更なる拍車をかけ、もはや体はカラカラの状態となります。すると当然、口の中の乾燥を招くことも明白です。

そして一番重要な、口の中をキレイにするという作業、歯磨き。中にはしっかり磨けている方もいらっしゃいますが、毎日繰り返すものですから、案外いい加減になってしまっていることも多いと思います。食べ物を食べると奥歯や歯の隙間、舌の裏側など至る所に食べカスが付着しますから、歯ブラシだけでそれらを全て除去することは、大変難しいです。

そこで次の項目では、寝起きの口臭に有効な、正しい歯磨きの仕方から、その他あらゆる手段について述べていきたいと思います。

寝起きの口臭対策

ではまず早速、寝起きの口臭を防ぐ為の入念な歯磨きの手順をご説明します。

丁寧なブラッシング
歯磨きは食後3分以内にした方が良いとも言われますが、食後すぐは口の中が酸性になっているので歯のエナメル質に傷が付き易くなってしまいます。ですから食後30分程経ってから磨く方が良いです。磨くときは、歯1本につき、小刻みに20回の振動を与えるようにします。この点、電動歯ブラシがあるととても便利ですね。最後に舌も忘れずに。舌の奥側から手前にかけて優しく撫でるようにブラッシングすると舌を傷付けにくいです。力を入れすぎてしまったらと心配な方は歯ブラシではなく、指にタオルなどを巻いてやってみると良いと思います。

フロスや糸ようじを使う
歯と下の表面をキレイにしたら、次は歯の隙間の汚れを取る為、フロスや歯間ブラシ、糸ようじ等を使って掻き出します。

口内洗浄液で最後の仕上げ
刺激の少ないタイプから徹底的な洗浄効果のあるものまで、たくさんの商品が出回っていますから、自分に合ったものを見つけて、歯磨き後の最後の消毒に活用して下さい。これでお口の中は隅々までキレイになったはずです。

歯磨きを完璧にしたら、さらに、睡眠時に口内を乾燥させない為、マスクをして眠ることをおすすめします。マスクは普通の物でも構いませんが、濡れマスクであると尚効果的です。また、寝室に加湿器を置いて室内自体を乾燥させないようにするというのも手です。加湿器がない場合、水を入れたコップを枕元に置いたり、濡れたタオルなどを部屋に干したりするだけで十分です。

リステリン トータルケア 1000ml
ジョンソン・エンド・ジョンソン (2010-08-23)
売り上げランキング: 21

まとめ:口内細菌はゼロにはならないが、口臭は心がけ次第

これだけやっても、残念ながら翌朝の細菌の繁殖を完全にゼロにすることは出来ません。また寝起きに口臭はなくとも、多少のネバつきや、逆に渇きを感じたりする場合も不快感があることには変わりないでしょうから、朝起きたら朝食を食べる前に必ず歯磨きをして下さい。

そして朝食を食べることで、細菌と闘うための唾液の出すことが出来ます。唾液は、噛めば噛むほど出ますから、たくさん噛んで食べましょう。日頃からガムを噛む習慣をつけるというのも良いかも知れません。また飲み物は殺菌効果のある、緑茶がおすすめです。

寝起きの口臭の原因や対策について、あまりにたくさんお話してしまいましたので、分からなくなってしまわないよう、最後に箇条書きにしてお伝えしたいと思います。

  • 歯磨きはブラッシングだけでは終わらない
  • 口内の乾燥は大敵なのでマスクを着用して加湿
  • 朝食後の歯磨きより朝食前の歯磨き
  • ご飯やガムをよく噛んで唾液作り
  • 飲み物は緑茶をセレクト

寝起きの口臭に悩んでいるのはあなただけではありません。ただ、日々の努力次第で状態はかなり異なりますから、自分の為にも周囲の為にも、決して努力を惜しまないで下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment