最悪胃がんの可能性も!寝起きの胃痛を感じた時に為すべき対処法

広告ロゴ
胃痛の男

寝起きに胃痛を感じる方も少なくないと思われます。寝起きに胃痛を感じるのは実はそれほど不自然なことではないのですが、毎日続くようであれば、重たい病気の可能性もあります。

胃痛は様々な原因で発生しますが、もっとも悪い時には胃がんなどの重篤な病気になる可能性があります。

ここでは、寝起きの時に胃痛を感じる人が、その危険度を図りつつ、行うべき対処法について紹介いたします。

スポンサーリンク

寝起きの胃痛の原因と対処法

朝

朝の寝起きに体の不調を訴える方は少なく無いとおもいます。その原因は様々な要因が考えられます。

特に多いのが、睡眠不足や栄養失調といった生活習慣の乱れによるものです。睡眠不足の折には、胃壁内部の粘膜や、喉や食道が弱っていることが少なくないために起こるものです。

寝起きの胃痛を感じる方は、そのような粘膜が弱っている可能性が少なくありません。あるいはや遅い時間に夜食を食べることが習慣化していると、睡眠中に十分な消化ができずに、朝まで胃の内部に消化物が残ってしまうことが少なくありません。 

胃酸の分泌による胃痛

胃痛の原因の最たるものが「胃酸過多」です。胃の内部は胃酸に負けないように強い粘膜で守られているのですが、このような粘膜が減ったり、粘膜で守りきられないぐらいに大量の胃酸が発生した場合には胃痛を感じることになります。

胃酸とは、胃の中の食べ物を分解するために分泌される酸性の液体で、主成分は塩酸です。普通は胃に食べ物が入ることで分泌されるようになるのですが、ストレスや不規則な生活が続くと、何も消化するべきものが残っていないのに胃の内部で大量の胃酸が生じると、胃痛を感じやすくなります。
胃酸過多が起こると、十二指腸潰瘍や胃潰瘍になるリスクもでます。胃酸過多それ自体は薬物治療によって減らすことができます

ストレスに起因する胃痛

こうした胃酸過多は、様々な原因によって発生します。飲み過ぎや食べ過ぎもその大きな原因となりますが、生活上のストレスなどでも胃酸過多が発生しやすくなります。また、ストレスの増加によって自律神経の調子が崩れたりすると、胃痛を感じやすくなるようです。

自律神経には、緊張している時にはたらく交感神経と、リラックスしている時に働く副交感神経があります。胃酸の分泌は副交感神経が働く時に行われることなのですが、強いストレスを恒常的に感じていると、副交感神経が刺激されるために、胃酸の分泌が活発化してしまうのです。

ストレスによる胃痛は、常態化することで潰瘍や吐き戻しのリスクが高まる恐ろしいものです。

寝起きの胃痛の治し方

それでは、寝起きに感じる胃痛はどのような種類のもので、どのような対策が考えられるのでしょうか。既に述べたとおり、胃痛は様々な原因で発生するものですから、それを取り除くのが一番です。寝起きの胃痛の場合でも、基本的には他の胃痛に対する対処法と変わりません。

入眠時に物を食べない

寝起きに胃痛を感じる方は、入眠前に食事をとることで胃酸過多の状態になっている可能性があります。入眠二時間前には食事を取らないようにしてみましょう。それだけでも効果があるかもしれません。

空腹が辛い場合には、ウィダーインゼリーのような物を食べてみるとよいでしょう。あとは小さなフルーツカットなどを食べるのも効果的です。

寝起きに白湯を飲む

寝起きの胃痛を治めるためには、寝起きの状態で白湯を飲むのも効果的です。お湯や水は胃酸を減らすことができますし、水分補給にも効果的です。少し熱めのお湯を枕元においておくと、朝にはほどよく冷めているはずです。真冬などの温度が寒い場合には、水筒などにお茶をいれておくとよいでしょう。

胃酸抑制作用のある胃薬を使用する

胃酸抑制作用がある胃薬を飲むと、胃痛を減らすことができるでしょう。近年では「H2ブロッカー配合」の胃薬がそれに該当します。過剰な胃酸の分泌が抑えられ、胃のみならず十二指腸や喉などにもよい影響があることがありまうs.

暴飲暴食をせず、胃に優しい食生活を行う

暴飲暴食をせず、よくかんで食べることで胃痛を減らすことができます。噛むことで唾液と食物が混ざり、小さくなることで消化がよくなります。食べる量も減るため、非常によい影響があるでしょう。

明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ 【112ml×24本】
明治
売り上げランキング: 523

まとめ:寝起きの胃痛は普段の生活から見直そう

寝起きに胃痛を感じる時には、普段の生活、特に入眠時の食事などを見直すことが重要です。入眠時には食べないよう、また深夜までの夜更かしをしないようにするだけでも、胃痛を減らす事ができます。

ストレスや、食べ過ぎ飲み過ぎといった胃痛の原因を減らすことが大切です。心当たりがない胃痛を感じる時にはすぐに病院に行きましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。