寝起きはイライラする、朝のイライラの原因と改善策5つ

イライラ男

朝はやはりスッキリとした気分で気持ち良く起きたいものです。

しかし寝起きにイライラとしてしまう人は少なくないでしょう。人それぞれ生活環境やかかえている悩みも違う為にこの寝起きのイライラの原因も様々です。

体調や血圧に問題のある人もいれば精神的な問題が原因となり寝起きにイライラしてしまう人もいます。

まずは自分の状況を把握し寝起きのイライラの原因を突き止めるところから始めてみてはいかがでしょうか。

朝の気分はその日一日の行動そのものを左右してしまいかねません、気分の良い朝を迎えて毎日充実した日々を過ごしましょう。

スポンサーリンク

何故寝起きにイライラ?

朝焼け

これには個人差があるため一概に原因はこれとは言えません、精神的な事が原因の場合その多くは仕事や学校が自分に合っていない、経済的、社会的に不安な立場にある等が挙げられるでしょう。

また肉体的な事が原因のばあいは朝の低血圧、しっかり寝ているつもりが熟睡出来ていない等が挙げられます。

寝起きのイライラ改善策

精神的な事が原因で寝起きにイライラしてしまう場合は周囲の環境を変えていくほかありません、しかもこれには時間を要すると共に自分自身が変わらなければならないという第一の大きな壁が立ちはだかります。まずは原因を突き止め改善策を自分なりにみつける他に無いのが事実だと思います。

まったく原因に心当たりの無い方は一度カウンセラーへ相談に行くのも良いかもしれません。精神病と言ってしまうと何だかとても重い事のように聞こえてしまいがちですが、精神的な疾患というのは肉体的な疾患と同様に誰にでも起こりうるごく自然な事です。特にストレスの多い現代の都会の生活ではなおさらの事でしょう。

以下は肉体的な原因で寝起きにイライラしてしまう人に対しての改善策となります。

まずは熟睡を心がけましょう

当然ですが寝不足はイライラの原因となってしまいます。睡眠時間は十分にとっているという人でも注意が必要なのが睡眠の質です。

同じ6時間を寝てもその睡眠の質によって寝起きの気分というのは大きく変わってしまうものです。

まずは質の良い睡眠を心がけましょう。睡眠時の室温や寝具など睡眠環境全般を見直し、整えるのは質の良い睡眠を得るためには必要不可欠です。

またカフェインは熟睡にとって大敵です、夜はカフェインを避けノンカフェインの飲み物で過ごし、熟睡できるように心がけましょう。

低血圧の人はイライラしやすい!?

低血圧の人は寝起きにイライラしがちだと言います。また低血圧は寝起きの悪さだけでなく慢性的な倦怠感や食の細さにも繋がりがちです。

特に午前中の間イライラが続いてしまうようであれば血圧を上げるように努めるのが良いでしょう。朝食を抜いてしまうとこの寝起きのイライラが午前中の間ずうっと続いてしまう原因ともなってしまいます。朝食は一日の食事の中でも特に抜いてはいけない食事と言われています。

しっかりと朝食を摂って寝起きのイライラを改善するようにしましょう。

パソコンや携帯のやりすぎ

パソコンや携帯の画面を見すぎるのも寝起きの悪さの原因となると言われています。特にスマートフォンの普及した昨今では家や職場だけでなく移動中もひたすらに液晶画面を見ている人も少なくありません。

このパソコンなどの液晶画面光は知らないうちにストレスをためる原因となります。また入眠を悪くするだけでなく睡眠の質も悪くしかねません、特に寝る前は意識的に画面から目を離すようにすると良いでしょう。

お勧めは野菜ジュース

寝起きが悪い、イライラする、その原因として栄養不足も考えられなくありません。栄養が不足しがちな人はどうしてもイライラしてしまうものです。特に寝起きの低血圧や寝不足と重なってしまうとそのイライラも頂点に達してしまいます。

朝に野菜ジュースを飲む事によって不足しがちな栄養素を補うと共に適度な糖分を確保して寝起きのイライラを鎮めましょう。朝の体は体内に摂り入れたものを効率よく吸収するので、朝は栄養を沢山体に取り込むチャンスでもあります。

朝のシャワーや洗顔

習慣な方も多いかと思いますが、シャワーやお風呂は夜寝る前だけという方で、寝起きにイライラしてしまうという方は、サッと簡単にでも良いのでシャワーを浴びると良いでしょう。シャワーを浴びると交感神経が活発になり体や脳は睡眠モードから行動モードに切り替わります。

シャワーを浴びる時間の無い方は冷たい水と温かいお湯での洗顔を繰り返すと交感神経を働かせるのに効果があります。

伊藤園 1日分の野菜 900g×12本
伊藤園 (2012-03-05)
売り上げランキング: 65

寝起きのイライラの原因と改善策のまとめ

  • 寝起きのイライラは人それぞれなのでまずは自分が何故寝起きにイライラしてしまうのか原因を明確にしましょう。
  • 精神的な事が原因の場合は時間をかけてでも少しずつ改善していくほかありません、あまりにもひどい場合はカウンセラーへ相談するのも良いでしょう。
  • 肉体的な事が原因の場合は栄養不足や睡眠の質の悪さ、低血圧などが考えられます、自分にあった方法で改善策していきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment