寝起きの不安感を取り除いて気持よく一日を過ごすためのテクニック

不安な女性

寝起きに強い不安感をかんじてしまう人が多いようです。
朝起きたら平日は仕事をしている方が多いはずですから、寝起きに不安感を感じてしまうと、仕事中や昼間も不安を抱え続けることになってしまう方も少なくありません。

こうした症状が一時的なことであればよいのですが、毎朝不安を感じて慢性化している場合には強い警戒がひつようです。不安神経症にかかっている場合や、うつ病のサインである可能性があります。

本格的な精神病になる前に手を打つことができます。寝起きを襲う不安感を減らすことで、一日を気持ちよく、健康的な状態で過ごすことができるようにしましょう。

スポンサーリンク

不安感の正体

不安な女性

寝起きに不安感を感じる原因は、一元的なものであはりません。様々な原因が考えられます。

寝起きだけではなく、入眠時に不安を感じて起きてもそれが取れないという方もすくなくありません。毎朝不安感を感じるという方もいますし、週一度程度理由なく感じるという方もいます。

また、動悸や息切れ、呼吸困難などの症状を伴うケースもありますし、無気力や疲労などを伴うケースもあります。ケースバイケースなのが実情です。個々人それぞれに異なります。

珍しい症状ではないのですが、生活の質に関わるほどに強い不安感を感じる場合には問題となるものです。また、不安感の感覚も、自分が許せなくなるような怒りに似た感じを覚える場合や、気分が沈み込んでたまらなくなってしまうような感じの時もあります。

ストレスによる不安感

こうした症状でもっとも考えられる原因は「ストレス」です。ストレスは精神的な負担による場合や、内臓や外傷などによる疾患が原因の場合もあります。

仕事で怒られるなどの経験によって朝起きるのが怖いという刷り込みがおこなわれてしまっている場合や、体が朝起きることを拒否してしまっている場合などがあります。

ストレスが原因である場合には、自律神経失調症や疲労によるうつ病などに発展している可能性があります。とくにストレスを溜め込み強い不安感に長時間さらされている場合には、うつ病になってしまうことがありますから注意が必要です。

内臓疾患などによる場合

注意したいのは、ストレスなどによる不安感ではなく、息苦しさや動悸、吐き気などを伴う不安感を感じる場合です。このような併発症状がある場合、腎臓や消化器などに障害を抱えている場合が少なからずあるようです。

内臓には直接神経が張り巡らされているわけではなく、内臓に感じる負担は多く「背中や腰の痛み」や「体の疲労」「不安感」などによって前駆症状が出てくる場合があります。特に内臓は不安感のような心細い感じを抱えるような症状が出る場合もあります。

こうした内臓の疾患は精神科などでは見ることができないことがあります。もし心当たりがあるかたや健康診断で数値がよくない場合には内科の診療を受けることをオススメいたします。

寝起きの不安感を減らすためのテクニック

それでは寝起きの不安感を減らすためにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは寝起きに不安感を感じる方が撮るべき対処法をお教えします。

精神科や内科の受診をする

生活に影響があるほどであれば、精神科や内科の診断をうけることをオススメいたします。放置しておくと、パニック症候群やうつ病になる恐れもあり、内臓からのリスクもあります。また、精神的な負担がかかりすぎていると精神病になってしまうことがありますので、遠慮なく病院にいくことも重要です。

朝の光を浴びて体にやさしい飲み物を飲む

朝の光を浴びることで、体が起きだします。また、朝に温かい飲み物を飲むと不安感がひいていくと言われています。乳酸菌飲料や温かいレモネードなどには精神を落ち着ける作用があると言われています。寝起きに飲めるように枕元に水筒を置いておくのもよいでしょう。

リラックスする

スポーツをしたり、整体、旅行など様々な方法でリラックスをするのもよいでしょう。リラックスすることでストレスを減らすことで、不安感を取り除くことができます。趣味に打ち込んだり買い物をしたりしましょう。

感謝する

ポジティブな気持ちになることができると不安感が減ることが知られています。何かに感謝することはとても効果があります。朝起きて何かに感謝することいった習慣で不安感を減らすこともできるのです。

アピカ 5年日記 A5 横書 日付け表示あり D304
アピカ
売り上げランキング: 839

まとめ:寝起きの不安感は放置厳禁

寝起きに不安感を感じる場合、多くの場合は強いストレスによるものです。ストレスを感じ続けることで、精神病になってしまう可能性がありますので、たかが不安感と思わないでしっかり休むようにしましょう。

また、朝の行動を習慣づけることで、少し気が紛れるかもしれません。もし生活に影響がでるほどに困難な感覚を覚える場合には、内科や精神科の診療を受けましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment