寝起きに吐き気がおきる6つの原因と対処方法

メガネ女子

寝起きにおこる吐き気には、すぐに症状が治まるものから、慢性的に吐き気が続いてしまうものまであります。

なぜなら、寝起きの吐き気は胃炎や低血圧など様々な要因によって引き起こされる可能性があるからです。

そのため、寝起きに吐き気が生じているという場合には、その原因を特定して、解消していくということが大切になってきます。

そこで、本記事では寝起きに吐き気がおきる原因と対処方法についてご紹介していきます。寝起きに吐き気を催して辛いという方は、本記事と一緒に、あなたの寝起きを快適にする方法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

寝起きに吐き気がおきる原因

寝起きの吐き気を解消するためには、「寝起きの吐き気の原因を理解すること」が大切です。

なぜなら、寝起きの吐き気は様々な原因によって引き起こされ、かつそれぞれの原因によって対処方法が異なるからです。

寝起きの吐き気を引き起こす主な原因には次のものがあります。

  • 胃への過負荷:夜にご飯を食べ過ぎ、胃へ大きな負担がかかるため起きる
  • 低血圧症:胃のぜん動運動が弱く、吐き気と目まいが同時に起こることが多い
  • 寝不足:心身に疲労が蓄積され、消化器系の働きが弱まる
  • 逆流性食道炎:胃液が食道に逆流し、胸やけやのどの異物感と共に吐き気を催す
  • 胃炎:胃の粘膜に炎症がおき、腹痛や頭痛とともに吐き気がおきる
  • 過敏性腸症候群:ストレス等が原因で胃腸が異常運動をおこし、腹痛や吐き気を催します

寝起きに吐き気が生じている場合には、これらのことが原因である可能性があります。あなたの寝起きに吐き気がある場合には、まずその原因について知ることが大切です。

寝起きの吐き気の解消方法

寝起き男性

寝起きの吐き気を解消するためには、「あなたの吐き気を引き起こしている原因を解消すること」が大切です。

なぜなら、上記で紹介した吐き気を引き起こす原因においても、それぞれ対処方法が異なるからです。

例えば、胃への過負荷が原因で寝起きに吐き気が生じている場合で、かつ、夜食を食べ過ぎていたり、晩ご飯の食事内容が胃が消化しにくいものが多いものであったりする場合には、まず食生活の改善を試みるなどの対策が求められます。

寝起きの吐き気を解消するためには、その原因に応じて次のような方法を実践するようにしましょう。

  • 食生活の改善
  • ストレスを解消・溜めない生活習慣
  • 睡眠の質の改善
  • 内科に診察を受ける

これらの方法を実践していくことで、寝起きに生じる吐き気を解消していくことができるでしょう。

なぜあなたは食べすぎてしまうのか―低血糖症という病
矢崎 智子
東京書籍
売り上げランキング: 92,356

まとめ:吐き気の原因を解消する

ここまでで、寝起きに吐き気がおきる6つの原因と対処方法についてご紹介してきました。最後にもう一度、寝起きの吐き気を引き起こす原因について振り返っていきましょう。

  • 胃への過負荷
  • 低血圧症
  • 寝不足
  • 逆流性食道炎
  • 胃炎
  • 過敏性腸症候群

寝起きの吐き気を解消するためには、あなたの吐き気を引き起こしている原因を特定し、その原因を解消するということが大切です。

寝起きに吐き気が生じて悩まされている方は、是非本記事を参考にして頂き、吐き気のない快適な寝起きを手に入れていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment