眠たいのに寝れない!そんなときに役立つ森田療法について

眠い男

眠たいのに寝れないという症状が不眠症の場合には、森田療法という治療法を受けることもひとつの方法としておすすめできます。

森田療法は日本独自の不眠症や強迫観念症の治療方法で、基本的に薬物などを使わない独特の治療法です。また書籍などでご自身で実践されることも可能です。

本記事では、眠たいのに寝れないという症状や不眠症の治療法として森田療法についてまとめています。

スポンサーリンク

誰でも経験する眠たいのに寝れない場合

寝れない男

「明日は大事な会議でプレゼンテーションをしなければならない」「明日は大事な受験がある」などで、頭をしっかり休めるため、眠らなければならないのに眠れないという経験をされたことはないでしょうか。

眠たいのに寝れないというときは、脳が興奮してしまっている状態です。このようなことは翌日にたいへん気になることがある場合には誰にでも頻繁に生じます。このような眠たいのに寝れない場合には、最も手軽な対策法としては市販の睡眠薬を利用することがおすすめできます。市販の睡眠薬の場合にはあまり成分が強くないので、一時的な脳の興奮によって眠たいのに寝れない場合には有益です。

また、試験などあらかじめ予定がわかっている場合には、前々日の睡眠時間を短くするなどの方法が効果的です。前々日の睡眠時間を短くすることで、大切な試験がある前夜などは眠たいのに寝れないという状況が生じることは回避することができます。

このような一時的な脳の興奮が生じ、眠たいのに寝れないような「イベント」がある場合には一般に有効と言われている方法を試すことや試験の1週間前などから体調を整えるなどで対処することが良いと言えます。

眠たいのに寝れないケースで問題なのは次に述べる不眠症がある場合です。

不眠症のために眠たいのに寝れない場合

不眠症は睡眠に問題を抱えてしまった状態である睡眠障害のうち、最もケースが多いものです。その症状は不眠症という文字が示すとおり、眠たいのに寝れないという状況が継続している場合です。先に述べましたケースのように、試験前などで一時的な脳の興奮があるなどの理由がないにもかかわらず、眠たいのに寝れないのが不眠症です。

眠たいのに寝れないのはご本人にとっては大変辛い状態です。多くは背後にストレスなどが潜んでおり、そのストレスが原因となり眠たいのに寝れない状態となってしまっています。

この眠たいのに寝れない場合の対処方法としては、もちろん、専門医の診療と治療を受けることです。眠たいのに寝れないという不眠症を専門とする医師は多くいます。インターネットや電話帳などで近くの心療内科やメンタルクリニックを探すことが重要です。

眠たいのに寝れないという不眠症の治療方法は数多くありますが、ここでは、眠たいのに寝れないという症状の改善について古くからある日本独自の治療法である森田療法について少し触れたいと思います。

不眠症などの治療として著名な森田療法

眠たいのに寝れないという不眠症の治療法としては多くの場合、投薬を行うなどの薬物療法が中心となります。しかし、森田療法と呼ばれる治療法はやや一線を画した治療方法です。森田療法は日本の精神科医である森田正馬という昭和初期の医師が提唱した治療方法です。

森田療法は、西洋的な精神医学に疑問を投げかけ「あるがまま」という状態を重視して、眠たいのに寝れないという不眠症や強迫観念症を治す方法です。

森田療法によれば眠たいのに寝れないという症状は、本人が意志の力で眠ろうとするのが問題であると考えます。そして不眠症の眠たいのに寝れないという苦しみを、風邪を引いた時にそのまま苦しみながら耐えるしかないのと同じように、あるがままに苦しめば自然に治癒するという考えです。

この森田療法の考え方は一見ただの精神論のようにも思われますが、眠たいのに寝れないなどの不眠症、強迫観念症などの治療に大きな効果が生じ、日本独自の不眠症・強迫観念症の治療として評価されています。

この森田療法によって眠たいのに寝れないという不眠症を治療することは人生について考なおすきっかけとなるなど、単に不眠症の治療にとどまらない効果があるとされます。
森田療法については一般の書店でも販売されていますので、ご自身で勉強されることも可能です。

不眠症の1つの治療方法とし森田療法

以上本文で述べましたことをまとめると以下のようになります。

  • 眠たいのに寝れないという問題の原因が一時的な脳の興奮によるもの(試験など)の場合には、市販の軽い睡眠薬を利用するなどで対処することがおすすめできます。
  • 眠たいのに寝れない原因が睡眠障害としての不眠症が原因の場合には専門医による治療を受けることが重要です。不眠症の場合には、脳が興奮するような理由がないのに継続して眠たいのに寝れない状態が続くことが特徴です
  • 眠たいのに寝れないという不眠症の治療方法として日本独自の治療法に森田療法があります。森田療法は、眠たいのに寝れないという苦しみもあるがままとして煩悶を受け入れることで自然に症状が解消するという日本独自の治療法です。書籍などでご自身で学ばれることも可能です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment