うつ病になると眠れないのはどうして?原因と治療について

夜景

うつ病になってしまうと眠れないという症状が発症します。これはセロトニンやメラトニンといったホルモンのバランスが乱れてしまうためです。うつ病で眠れないといった場合には治療の基本はあくまでも医師による診断・薬物投与が中心となります。

スポンサーリンク

うつ病と「眠れない」という症状

悩む男

うつ病にかかると不眠症の症状がかなりの高い確率で併発することとなります。つまり、うつ病になると「眠れない」ということになります。うつ病になると夜、ベットに入っても睡眠に入ることができません。(入眠障害)あるいは、入眠後、深夜にたびたび目が覚めてしまい朝まで眠れないという日が続きます。(中途覚醒の症状)

うつ病になってしまった場合、このような「眠れない」症状が続くことになります。

うつ病になると眠れない理由

うつ病になるとどうして眠れないことになるのでしょうか。その原因は脳ないしは神経作用に異常が生じてしまうためです。

まず、うつ病はストレスの堆積が原因となって発症します。うつ病の因子(真面目であったり社交的であるなど。あるいは周囲に大変気遣いをされる方など)をもっておられる方がストレスを堆積させていくと神経が大変疲弊してしまい、体のホルモンバランスが乱れてしまいます。

ところで、人間の睡眠に関わるホルモンとしてセロトニン・メラトニン
というものがあります。このメラトニンとセロトニンは表裏一体の関係であり、朝に体で作られたセロトニンが夕方から夜にかけてメラトニンに変わり、睡眠を促すという構造になっています。

正常な状態の場合には、セロトニンの生成とメラトニンへの変化が自然な形で行われ、その結果として睡眠リズムは正常なものとして移行します。しかし、うつ病の因子を持っている方がストレスなどをため込み続けてしまうと、次第にセロトニン・メラトニンといったホルモンが正常に作られない状況になってしまいます。

その結果、体の睡眠に関する正常なリズムが破壊されてしまい、眠れないといった状況となってしまうことになります。つまり、うつ病で眠れないということは構造的に当然発生してしまう状況ということができます。

こうしてうつ病の際には必然的に不眠症の症状、つまり、「眠れない」という状態が生じることとなります。

うつ病による「眠れない」症状の治療

うつ病になってしまった場合には、その治療は精神科・心療内科による治療が中心となります。精神科や心療内科で診断を受けて眠れないという状況も含めて現在の症状を正直に話せば、うつ病であるかどうかの診断を適切に行ってくれます。

ご自身ではうつ病であると思って精神科・心療内科を訪れたところ、実際には、うつ病ではなく、より重い統合失調症であったり、逆に単なる神経症であることなどもあります。眠れないという症状も含めてうつ病かどうかについては症状を正直に医師に話して専門的な判断を得ることが必要です。

うつ病と判断された場合には薬物投与が治療の中心となります。うつ病は「こころの風邪」などと言われることもあり、現在のストレスが万円してしまっている社会では誰でもがかかる可能性がある「風邪」のようなものという意味です。精神科や心療内科に対してやや抵抗感をお持ちの方もおられますが、現在ではうつ病で精神科等へ通うのは全く一般的なことですので、気軽に受診されることが大切です。

うつ病で眠れないという症状が激しい時には、その方の体質などに合った睡眠薬も処方してくれるでしょう。眠れないという症状が続き、かつ、気持ちの落ち込みがあるなどうつ病ではないかということが疑われる際には精神科等で適切な薬剤の処方を受けることが症状回復には大変効果的です。

なお、うつ病に夜眠れないという症状に対しては、日中の覚醒時間を長くすること(日中に太陽の光を多く浴びることでセロトニン・メラトニンが生成されます)可能な限りリラックスするように努めることなどご自身の生活リズムに配慮することである程度の効果を期待することもできます。

しかし、うつ病・それに伴う眠れない症状の改善についてはあくまでも医師の診断・処方が中心となるということが対処法の基本と言えます。

医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣
宮島 賢也
中経出版
売り上げランキング: 3,042

まとめ:うつ病と「眠れない」症状の原因・対処法のまとめ

以上、本文で述べましたうつ病と「眠れない」という症状の原因や対処方法のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • うつ病になると眠れないという症状が発症します。うつ病で眠れないのは、セロトニンやメラトニンといったホルモンの分泌が乱れてしまうためです
  • うつ病とそれに伴う眠れない症状に対する対処方法は、精神科や心療内科での診断と薬物投与が基本となります。生活リズムを整えるなどある程度は自助努力による対処方法も大切ですがあくまでもうつ病の治療の中心は医師による診断・治療に基づくことになります
  • 精神科や心療内科でのうつ病の治療は今日一般的なことです。「眠れないくらいで精神科に行くのは抵抗がある」という方もおられますが、うつ病は心の風邪として誰もがかかる可能性がありますので、気軽に精神科等へ通われることが眠れないという症状を解消するためにはとても大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment