緊張でよく眠れないときの対処法

三日月

緊張して眠れないことは、誰でも当然なことです。緊張すれば気持ちの昂ぶりが生まれてしまい、誰でも眠れない状態となります。緊張して眠れないことが予測される場合には適度な運動をすることなどが緊張して眠れない状態を改善することに対しては効果的です。

スポンサーリンク

緊張すれば眠れなくなる

夜の町

翌日に仕事上の大切な用件が控えていたり、学生の方であれば入学試験が控えている前夜などは「眠れない」という経験をされたことがある方は非常に多いのではないでしょうか。

緊張すると人間の脳は覚醒をしてしまい、いわゆる「神経が昂ぶる」状態となってなかなか眠れないこととなってしまいます。緊張するということは翌日控えている用件や試験などがとても大切なものであると深く認識している証ということができます。そのため、緊張して眠れないくらいの方がかえって仕事や試験はうまくいく可能性が高いということができるかもしれません。その重大性を深く認識しているためです。

このように、緊張して眠れないという場合には、まず第一に、大切なことを目の前にすれば誰でも緊張して眠れないことが通常であることを把握されることが大切です。

緊張して眠れない状態ですと、どうしても「何とかして眠らなくては」と考えてしまいがちとなりますが、まず、緊張すれば誰でも眠れないことが普通という
現状を把握されることがとても大切です。場合によってはこのように深く認識されるだけで眠れないという状況が解消されることもあります。緊張して眠れないことは当然のことなのです。

とはいえ、緊張して全く眠れないままで大切な仕事や試験などに臨んでしまったら、眠気などが襲ってきて失敗してしまうのではないかという気持ちになることもあります。

緊張して眠れない場合、その状態を自然なものと認めつつ、眠れないという状況を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか。

緊張して眠れない際には体を疲労させる

緊張して眠れないという状態を解消するためには、まず、肉体を適度に披露させることが効果的です。肉体の心地よい疲労感は、睡眠を誘います。そのため、眠れないと困るという場合、緊張して眠れないことが予想される場合には、その日はあらかじめ肉体的な疲労感をある程度作っておくことが効果的です。

具体的には、緊張して眠れないことが予想される日には適度な運動をすること、帰宅時に少し遠回りをしたり、ひと駅前で電車を降りて少し長めの距離を徒歩で帰宅することが効果的です(おおむね30分程度を早足で歩くことがおすすめです)

ただ、注意したい点としては、あまり疲労感がたまってしまうと、かえって眠れない場合があるということです。疲労感が一定の限度を超えるとかえって眠れないことがあります。

体が心地よい疲労感を感じる程度に適度に運動をすることがポイントです。

前日の睡眠時間を短くする

次に、緊張して眠れないことが予測される日の前日の睡眠時間を短くするということも効果的です。非常に単純な方法となりますが、前日に寝不足であれば、緊張している状態でも眠くなり、眠れないということは少なくなります。

実際に試験などがある場合には、前々日は睡眠時間を短くするなどして受験日を迎えるという受験生は多いようです。

市販の睡眠薬の利用

市販の睡眠薬を購入して利用するということも緊張して眠れない夜には効果があります。睡眠薬については、現在では副作用はほとんどありません。また、緊張して眠れない時のための睡眠薬が欲しい旨を薬局で伝えれば、あまり強くない、適度な強さの睡眠薬を処方してくれるでしょう。

軽めの睡眠薬を飲むことで、緊張している時でも眠れない状態を解消するということが期待できます。

もちろん、睡眠薬の処方はお医者さんに出してもらうこともできます。少し前は精神科医・心療内科の医師というと、やや特異な存在とされた傾向がありますが、現在では、身近なホームドクターとして精神科・心療内科へ通院することも一般的なこととなっています。

緊張して眠れない夜のために、睡眠薬の処方をしてもらうために精神科等訪ねることは決して不自然なことではありませんので、身近な精神科医を作っておくことが快適な生活を送るためにはむしろ効果的ということができます。

究極の眠れるCD
究極の眠れるCD
posted with amazlet at 14.01.04
メンタル・フィジック・シリーズ
デラ (2002-07-22)
売り上げランキング: 3,750

まとめ:緊張して眠れない時には

以上、本文で述べました緊張して眠れないことが予測される場合の対処方法のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • まず、緊張したら眠れないのは一般的なこと、当然のこととして把握されることが大切です。緊張すれば気持ちの「昂ぶり」が生じて眠れないのは当然です。この認識を持つだけでも眠れないという状態の改善には効果があります。
  • 緊張して眠れないことが予測される日には、適度な運動により体を疲れさせることで眠れない状況の改善に役立ちます。ただ、あまり疲れすぎるとかえって眠れないこともありますので注意が必要です
  • 緊張して眠れない場合には、睡眠薬を利用することも効果的です。緊張して眠れない時のために睡眠薬を処方してもらう行きつけの専門医(精神科医)を作っておくこともよいでしょう

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment