痛くて全然眠れない!胃痛で眠れない時の原因と対処方法

広告ロゴ
胃痛の男

 
ストレスが溜まると胃が痛くなったりしますね。ストレスからつい暴飲暴食したりするのも胃に負担をかけます。それだけじゃなく、体調を崩すときもまず胃からくるという人も多いかと思います。しかし眠れないというのはツラいですよね。

こちらでは、胃痛で眠れない時の原因と対処方法です。

スポンサーリンク


胃痛の原因となる疾患

胃の痛みにも色々あります。ただの食べすぎ、飲みすぎである場合だけでなく、なんらかの疾患がある場合も。チェックしてみましょう。

急性胃炎

微熱の女性

様々な原因で起きる胃の粘膜の炎症であり、日常的に起こりやすいものになります。多くの場合、この急性胃炎は、1日安静にすることで治ることもありますが、症状によっては、緊急に医療機関での診察が必要となることも。

症状
胃に不快感がある場合や、胃に痛みがある、胃のムカつき、食欲不振など。

原因
過度なストレスなどの刺激や暴飲暴食、アレルギーや感染症など。また香辛料、緑茶や珈琲などの嗜好品の摂りすぎが原因となることがあります。その他、鎮痛剤や風邪薬という薬の影響が原因となることがあります。

慢性胃炎

慢性胃炎は、胃に刺激が繰り返し加わることで慢性的に炎症を起こしている状態です。NUDという胃粘膜に症状がない慢性胃炎もあります。症状は急性と同じ。

胃潰瘍

胃潰瘍は、胃酸が何らかの原因により、胃粘膜まで消化してしまう症状で、胃壁自身が傷つきやただれが起きる状態となります。また、ピロリ菌の影響も指摘されています。

症状
食事中や食後にみぞおちから左にかけての鈍い痛みを感じる、すっぱいゲップや吐き気、胸焼けなど。

原因
自律神経の乱れにより胃酸と胃粘液の分泌量が崩れてしまい、胃の粘膜を胃酸が傷つけてしまい潰瘍ができます。その他、降圧剤、解熱消炎鎮痛剤などを継続服用することにより、胃潰瘍の原因となることもあります。

神経性胃炎・胃腸炎

内視鏡で検査しても異常が見つからないのに胃や腸に違和感や痛みなど症状がある病態のことを神経性胃炎、神経性胃腸炎などと言います。この神経性胃炎は、胃もたれなどが週に数回、みぞおちの症状や痛みが週に1回以上あれば、疑いありと考えられています。

症状
吐き気、ムカムカする、痛み、胸焼け、食欲不振、食後のもたれ、みぞおちの痛みや灼熱感、寝れない場合もあります

原因
ストレスによる自律神経のバランスの乱れ、過剰な胃酸、胃の運動機能低下、胃の知覚過敏などが原因と考えられます。

逆流性食道炎

主な症状は胸やけです。あまりに症状がひどい場合は病院へ行くべきですが、日常生活の中で意識するだけでもある程度緩和されます。食後1~2時間は、横にならないことが大事です。

症状
胸やけの他にも、食物を飲み込む時ノドに違和感を覚えたり、ノドやみぞおちに焼けるような痛みを感じる場合もあります。

原因
食べ過ぎや飲み過ぎだけでなく、加齢による胃と食道のつなぎ目にある括約筋の機能低下や、食道や胃のぜん動運動の低下、肥満、お腹周りを締め付けることによる腹圧の上昇などが考えられます。

うつ病

職場や家庭でのストレスから、憂うつ、やる気が出ないなどの心の症状が出たり、疲労感、頭痛、腰痛、肩こり、胃もたれ、胃痛、眠れない、便秘、下痢など、身体の不調が出てきたりします。睡眠が取れるようになるだけで改善する方も多く、睡眠導入剤等の薬物治療を行うこともあります。

胃痛で眠れない時の対処法

対処方法

温湿布を貼る
めぐりズムなどの温湿布をお腹に貼ると効くそう。お腹を温めましょう。

温かい飲み物を飲む
温かい牛乳を飲むと安眠を誘う効果もあるのでおススメです。カフェインの入ってないものを選びましょう。

体を右にして寝転ぶ
右を向いて寝転ぶこと。胃の形からして右を下にするのが良いようです。

腹式呼吸をする
腹式呼吸をする時、ゆっくり大きくすると効果があるそう。

胃薬の選び方

胃薬と言ってもいろいろあります。症状や基礎疾患、他に飲んでいる薬との相互作用などもあります。間違ったものを選ぶと効果なしです。購入前には一度薬剤師に相談するようにしてくださいね。

胃酸過多タイプ
お腹が空くと胃がむかむかする、また、胸やけがしたり、すっぱいものがこみあげてくるような事があるなら、胃酸過多タイプと考えられます。H2ブロッカー、胃粘膜修復薬、制酸薬、複合胃腸薬が良いでしょう。

消化不良タイプ
食後に症状が出ることが多く、いつまでも胃がもたれる、むかむかする、食欲が起きないという症状があるなら消化不良タイプです。胃の働きが弱っている消化不良タイプには、健胃薬と消化薬を選ぶといいでしょう。

胃が弱い人が気をつけること

  • 辛いもの、刺激物、冷たい物は控える
  • コーヒーは控える
  • アルコールを控える
  • タバコは厳禁
  • 夏でも湯船につかる

ストレスを溜めない生活を

胃痛は多くの場合ストレスが原因となります。そのため、胃痛の症状を改善させるためにはストレスの軽減が一番重要です。

毎日の運動
一番効果的なのは1日30分程度の運動です。ウォーキングや軽い体操を毎日続けましょう。

リラックスできる時間を持つ
自分だけのリラックスできる時間を持ちましょう。音楽を聴いたり、アロマを焚いたり、いろいろ工夫してみてください。

ここで紹介した方法はあくまで一時的な対処法です。また、他の病気である可能性もあるので、痛みがひどい場合は必ず病院に行きましょう!

サロンシップ温熱用具直貼5枚
久光製薬 (2003-11-25)
売り上げランキング: 11,919

まとめ:胃痛で眠れない時の対処方法とは

胃が痛いと眠れないですよね。大体の原因はストレスと考えられます。こちらで対策方法をおさらいしておきましょう。

  • 温湿布を貼る
  • 温かい飲み物を飲む
  • 体を右にして寝転ぶ
  • 腹式呼吸をする

夕食はあっさりしたものを適量食べ、食後少し時間を置いてから寝るようにしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。