徹夜のために眠気覚ましをしたい!眠気に襲われないための様々な方法

天体観測

徹夜のためにどうしても眠気覚ましの必要がある場合には、カフェインを摂取することや交感神経を刺激するという方法が効果的な眠気覚ましの方法となります。

カフェインは眠気を引き起こす脳内物質の活動を抑制しますし、交感神経は覚醒のために作用します。具体的にはコーヒーやお茶をを飲んだり、熱いシャワーを浴びるなどの方法が徹夜の際の眠気覚ましの方法としては効果的です。

本記事では徹夜をする際の眠気覚ましに役立つ方法をまとめています。

スポンサーリンク

どうしても徹夜をしなければならない時の眠気覚まし

元気な男

人間の体は基本的に夜になると眠くなるようにできています。しかし、学生の方であれば試験が目の前に迫っていたり、社会人の方であれば、どうしても締切に間に合わせなければならない仕事があるなどの理由から、徹夜をしなければならない場合もあると思われます。

徹夜は、連続で行えば健康を害してしまいますが、1日や2日程度であれば、健康を害するまでは至りませんので、どうしても目の前でしなければならないことがある場合には、徹夜をすることもやむを得ないということができます。

しかし、徹夜をするにあたって、もっとも問題となる点が眠気覚ましの方法です。徹夜をしようと決心したとしても眠気が襲ってきた時に、その眠気覚ましの方法を抑えていなければ、仕事や勉強の効率が下がってしまい、徹夜をする意味が大きく失われてしまうことになります。

徹夜の際に効果的な眠気覚ましの方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。

具体的な眠気覚ましの方法

徹夜に際しての眠気覚ましの方法としては、さまざまな方法が考えられますが、身近で簡易に行うことができる眠気覚ましの方法としては以下のような方法を挙げることができます。

カフェインの摂取による眠気覚まし

まず、カフェインを摂取するという方法です。カフェインは、ご存知のとおり、コーヒーやお茶、紅茶などに含まれていますが、コンビニエンスストアーや薬局などでカフェイン成分を抽出した栄養ドリンクなども販売されています。また、ガムなどもあります。これらのカフェイン含有飲料等を摂取することで徹夜の際の眠気覚ましの効果を期待することができます。

具体的な眠気覚ましのためのカフェイン摂取の方法としては、徹夜で眠気が襲ってくる前にコーヒー等を飲んでおくということです。カフェインは体内に取り込まれても、すぐに覚醒の効果が生じるわけではなく、摂取後、30分程度を過ぎてから眠気覚ましの効果が生じてきます。そのため、徹夜の際には、眠気が来る前にコーヒーを飲むことが眠気覚ましに効き目がある、カフェイン摂取の方法ということができます。

なお、カフェインというとコーヒーに多く含まれているというイメージをお持ちの方が多いと思われますが、実はコーヒーよりも玉露入りのお茶の方がカフェインの含有量は多いので、お茶の方がカフェインによる眠気覚ましの効果を期待するうえでは効果的ということができます。

交感神経を活発化させて眠気覚ましをする方法

次に、徹夜の際に気軽にすることができる眠気覚ましの方法としては、交感神経を活発にさせる行動をとるという方法が考えられます。交感神経への刺激は、眠気覚ましのために非常に効果があります。

よく、眠い時に「冷たい水で顔を洗う」ということで眠気覚ましになったという経験をお持ちの方は多いと思われますが、この冷たい水で顔を洗うことによって目を覚ますということは交感神経を刺激する方法の一つです。

交感神経を刺激して眠気覚ましに役立つ方法としては、ほかには熱いシャワーを浴びるという方法も効果的です。熱いシャワーは交感神経を強く刺激し、徹夜の際の眠気覚ましに効果的です。

これらの冷たい水で顔を洗ったり、熱いシャワーを浴びるという方法は、徹夜に伴う眠気覚ましに役立つというだけではなく、勉強や仕事から一時離れることで心身のリフレッシュを図ることができるというメリットもあります。水で顔を洗うことや熱いシャワーを浴びることは、単に眠気覚ましという以上の効果が期待できますので、おすすめすることができます。

徹夜の際の眠気覚ましの方法のまとめ

以上述べました、徹夜に伴う眠気覚ましの方法のポイントをまとめますと、以下のようになります。

まず、徹夜に伴う眠気覚ましの方法としては、カフェインを摂取するという方法が効果的です。カフェインは摂取後、30分以上してからでなければ、効果があらわれませんので、眠気を催すまえに摂取することがおすすめできます。また、コーヒーや紅茶以外にも玉露入りのお茶はカフェイン含有量が多いので、眠気覚ましにはおすすめできます。

次に、徹夜に伴う眠気覚ましの別の方法としては、交感神経を刺激するという方法がおすすめできます。交感神経を刺激する方法としては、冷たい水で顔を洗ったり、熱いシャワーを浴びるといった方法が考えられます。

徹夜はあまり健康に良いということができないため、可能であれば避けることが良いと言えます。しかし、仕事などでどうしても徹夜をしなければならない場合には、十分に眠気を吹き飛ばし、効果的に仕事などを終わらせて、少しでも睡眠をとることができるようにしたいものです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment