花粉症に効果があるザイザルが眠気を引き起こす理由と対策

眠い猫

花粉症対策に利用されるザイザルは、副作用として眠気が生じることがあります。ザイザルに含まれる抗ヒスタミン薬が眠気を生じさせる原因となりえます。ザイザルで眠気が生じる場合には、医師へ相談したり、ザイザルを服用する時間を工夫するなどの方法で対処することがおすすめできます。

スポンサーリンク

花粉症に効果があるザイザル

薬

春先などは花粉の季節です。花粉の季節には花粉症の方は目のかゆみやくしゃみなど、たいへん辛い思いをされることとなると思います。このような花粉症対策として最近よく利用される薬剤がザイザルです。ザイザルは花粉症から引き起こされる様々な症状に対して効き目があります。

具体的には、くしゃみや鼻水などに効果があります。またじんましんなどの皮膚炎の場合にもザイザルは用いられることがあります。ザイザルは24時間効果があるので基本的に1日1回の服用で花粉症対策の効果があるとともに副作用が少ないとされるので、医師から処方されることが多い傾向があります。

ただ、薬である以上、副作用が全くないということはないので、ザイザルにも副作用がある場合があります。ザイザルの持つ副作用の一つとして眠気を引き起こす可能性があります。

ザイザルが眠気を引き起こす理由

ザイザルが眠気を引き起こすのは、ザイザルに含まれる抗ヒスタミン薬という成分のためです。この抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンという体の活動を活性化させる物質の正常な働きを妨げる効果を持つ薬ですので、ぼんやりしてしまい、眠気が生じる事となります。119

ザイザルによる眠気を可能な限り抑えるためには

ザイザルは、抗ヒスタミン薬の働きにより、眠気を引き起こし、これは薬の成分である以上、やむを得ないということができます。つまり、ザイザルを服用することで眠気が生じることは仕方がないことです。(もちろん、ザイザルを服用しても眠気が生じない方もいます。ザイザルは可能な限り副作用を抑えていますので、眠気が生じない方も当然おられます。そのような方は特に問題がないということができます)

ただ、仕事や学校などの関係から眠気を抑えたい場合もあるかと思います。このような場合には、ザイザルによる眠気を避けるために、以下のような方法をとることが考えられます。

医師に相談する

ザイザルは可能な限り眠気などの副作用を避けた薬ではありますが、これまで述べましたように眠気という副作用が生じる可能性があります。この場合には、ザイザルの利用について医師に相談することがもっとも手っ取り早い対策です。

花粉症対策の薬としては、ザイザル以外のものとしてジルテックなどがあります。このように医師に相談することでザイザル以外の花粉症の薬を処方してもらうなどの方法が考えられます。このように、医師の処方を受けるということがもっとも適切な対処法ということができます。

ザイザルを服用する時間を工夫する

ザイザルが眠気を引き起こすことを前提にして、眠気が生じても問題がない時間にザイザルを服用することがひとつの工夫として考えられます。一般的には、夕方などに飲めば眠気が襲ってきても問題がないということができます。

このようにザイザルを服用の時間を工夫することで、眠気という副作用に悩まされないこととなります。

カフェインを取る

一般的な方法して、コーヒーなどのカフェインをとることもザイザルによる眠気を覚ますためには、効き目があります。カフェインには脳を覚醒させる効果がありますので、カフェインをとることでザイザルによる眠気を覚ますことが期待できます。

カフェインが入っているのはコーヒーばかりではなく、日本茶(特に玉露入りのお茶)や紅茶、また、カフェイン入りのガムなどもあります。これらのカフェイン入りの飲み物などを摂取することで眠気を覚ますということもひとつの有効な方法です。花粉症の季節には、ザイザルを飲んだあとはコーヒーブレイクをするような生活リズムを取ることもひとつの方法です。

その他、ザイザルを分割して服用するなど、ザイザルをイレギュラなー形で摂取することによって眠気が生じることを防ぐ(あるいは眠気を軽減する)という方法も考えられます。このようなイレギュラーな方法を取った場合には、ザイザルの服用方法に問題がないかなどを医師に報告・相談することが必要です。

ザイザルと眠気についてのまとめ

以上、本文で述べましたザイザルと眠気の問題についてのポイントをまとめると、以下のようになります。

  • 花粉症対策などの薬として利用されるザイザルには眠気を引き起こすという副作用が起こることがありえます
  • ザイザルによる眠気を避けるためには、医師に相談することやザイザルの服用時間をずらすこと、カフェインを摂取すること、ザイザルを分割して服用することなどの方法が考えられます。

本文で述べましたようにザイザルは副作用が少ない薬です。そのため、あまり副作用についての心配はいらないということができます。ただ、個々人の体質などによって眠気などの副作用が生じることは十分にありますので、そのような場合には速やかに医師に相談するなどの対策が重要となります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment