セレスタミンを飲むと眠気が現れる理由

眠い男

じんましんやアレルギー性鼻炎の治療薬として処方されるセレスタミン、服用時の眠気に悩まされている方も多いようです。

セレスタミンを飲むとなぜ眠気が生じるのでしょうか?本記事では、セレスタミンの作用とともに、眠気が生じる原因について考えてみましょう。

スポンサーリンク

セレスタミンの作用

眠気の強い女性

セレスタミンは炎症やアレルギーを抑える働きがあり、じんましんや湿疹などの皮膚疾患、アレルギー性鼻炎の治療に使われます。

セレスタミンには抗ヒスタミン剤と副腎皮質ホルモン(ステロイド)の二つの成分が配合されています。

抗ヒスタミン剤にはアレルギーを抑える作用があります。副腎皮質ホルモンには炎症を強力に抑える作用のほか、止血作用、蘇生作用、免疫抑制作用、抗好酸球作用があります。

セレスタミンが眠気を起こす理由

セレスタミンが眠気を引き起こすのは、セレスタミンに成分として抗ヒスタミン剤が配合されていることが原因となっています。実は、抗ヒスタミン薬はこの副作用である眠気を逆手にとって睡眠改善薬として利用されているほどなのです。

なぜ、抗ヒスタミン剤が配合されていると眠気が生じるのでしょうか?ここでその理由を明らかにするために、抗ヒスタミン剤のH1受容体への作用H1受容体と眠気の関係とについて、詳しくみてみましょう。

抗ヒスタミン剤のH1受容体への作用

H1受容体とは、ヒスタミンと結びつく受容体のことです。受容体とは、細胞膜上、または細胞内に存在し、物理的・化学的な刺激を認識して、細胞機能に変化を生じさせる物質で、レセプターとも呼ばれます。

ヒスタミンが鼻の粘膜上にあるH1受容体に結合すると、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状を引き起こします。抗ヒスタミン剤はヒスタミンが結合する前にH1受容体に結合し、ヒスタミンとH1受容体の結合を防ぐことによってアレルギー症状の出現を防いでいるのです。

このように、抗ヒスタミン剤には、H1受容体にヒスタミンが作用し身体になんらかの症状が起こることを防ぐ作用があるのです。

H1受容体と眠気の関係

鼻の粘膜にあるH1受容体にセレスタミンに含まれる抗ヒスタミン剤が作用することは前の項でお伝えしました。それでは、脳内にあるH1受容体に対する抗ヒスタミン剤の作用は、身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

ヒスタミンが、アレルギーを起こすことは前項でもご紹介しましたね。しかし、脳内でのヒスタミンの役割は、集中力・判断力・覚醒の維持であることがわかっています。このため、セレスタミンに含まれる抗ヒスタミン剤が脳内のH1受容体と結びつきヒスタミンの作用が阻害されると、覚醒が維持されなくなり眠気が生じるのです。

セレスタミンのアレルギーに対する効果と眠気の関係

ここまでに、セレスタミンを飲むと眠気が現れるのは、セレスタミンに含まれる抗ヒスタミン剤にヒスタミンの働きを抑制する作用があり、これが脳の覚醒を維持する作用を低下させるため、ということをご説明しました。

一方、抗ヒスタミン剤は花粉症などのアレルギーの症状を抑える効果があります。これは、鼻の粘膜にあるH1受容体に薬が作用し、鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状を抑えているからです。

このように、アレルギーを抑える効果も眠気が現れるのも、抗ヒスタミン剤がH1受容体に作用しているからであることがわかります。それでは、「アレルギー症状を抑える効果が強い薬=眠気が強くでる」ということでしょうか?答えはNOです。これはアレルギー症状を抑えるときには身体の末梢部分のH1受容体に作用し、眠気が現れるのは脳の中枢部分での働きが抑制される、というように作用部位が異なるためで、両者に関連性はないと言われています。

セレスタミンで生じる眠気を強くしてしまう行動

ここまでに、セレスタミンが身体に及ぼす作用をお伝えしてきました。ただこれらの作用には個人差があり、強く眠気が現れてしまう人もいれば全く眠気を感じない人もいます。セレスタミンを飲んで眠気が生じるのには、このような個人差の他に薬の服用時にとる行動にも原因がある場合があります。それは飲酒です。

抗ヒスタミン薬にはアルコールと一緒に服用すると薬の作用が強く現れる傾向があります。このため、セレスタミンを服用しているときは、飲酒は控えた方がよいでしょう。

朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則
菅原洋平
自由国民社
売り上げランキング: 4,981

まとめ:セレスタミンで眠気が出るのはヒスタミンの作用が抑えられるから

じんましんやアレルギー性鼻炎などに処方されるセレスタミンは、抗ヒスタミン剤が配合されていてヒスタミンの作用を抑える効果があり、これが眠気を起こしている場合があります。

抗ヒスタミン剤は、鼻の粘膜のH1受容体と結合してアレルギーの発生を抑える一方で、脳内のH1受容体と結合して脳の覚醒作用を低下させる作用があります。このため、セレスタミンを服用すると、眠気が生じる場合があるのです。

薬の効き方は人それぞれで、同じアレルギー用の薬であっても種類を変えれば眠気は発生しない場合もあります。眠気が強くて困っている方は、一度主治医の先生に相談してみるのもよいかもしれませんね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment