サインバルタによる眠気の対策方法

居眠りする男

サインバルタの投薬によって眠気を感じる方は、医師への相談を中心としながら投薬の方法を考え直すことが重要となります。

サインバルタはたいへん新しいうつ病等への対策薬として使用されていますが、副作用として眠気を感じることがあります。サインバルタの副作用として眠気が強い場合には、主治医の指示を仰ぐことや飲み方を工夫することで、サインバルタによる眠気対策をすることが必要です。

本稿ではサインバルタ摂取による眠気対策の方法についてまとめています。

スポンサーリンク

うつ病等に効果があるサインバルタ

薬

サインバルタはうつ病の方に処方される薬剤です。うつ病に処方される薬剤は、様々なものがありますが、サインバルタはたいへん新しく承認された抗うつ剤の一つで広く処方されつつあります。また、サインバルタは糖尿病の方に処方されることもあります。

サインバルタは従来のうつ病薬の持つ様々な副作用を可能な限り克服したものではありますが、やはり薬である以上、ある程度の副作用があることは避けられません。特に、サインバルタの副作用として眠気を感じる方が多くおられます。うつ病を克服するためにサインバルタを使わざるを得ないとしても、その眠気で生活に支障が生じてしまっては元も子もありません。

サインバルタの持つ眠気を克服するためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

サインバルタの持つ眠気対策の方法

サインバルタで眠気を感じてしまう方におすすめすることができる眠気対策としては、具体的には、以下のような方法を考えることができます。

医師へ相談する

まず、最も基本的な方法であり、かつ重要なことは医師へ相談をするということです。つまり、サインバルタによって眠気がひどいという旨を医師に相談するということです。これは当然のことのように思われるかもしれませんが、意外と医師への相談以外の方法で眠気を克服することを考えてしまわれる方が多いのも事実です。

サインバルタで眠気を感じる方は、日中起きていることが困難なほど眠気を感じてしまわれる方もおられるようです。このような方は特に早めに医師へ相談して対応をとることが必要ということができます。

医師は薬を変えることなども視野に入れつつ、必要となるアドバイス・適切なサインバルタによる眠気対策の処方をしてくれます。

なお、どうしても医師と相性などが合わない場合には、他の心療内科・精神科の医師にサインバルタによる眠気についてセカンドオピニオンを求めることも有益です。あまりに何度も医師を変えることは望ましいことではありませんが、サインバルタによる眠気を解決するために良い薬・対策を講じてくれる医師を主治医以外に見つけることができる可能性もあります。

サインバルタを飲む時間を変えてみる

サインバルタによる眠気が激しい場合、サインバルタを飲む時間を夜にするということもひとつの方法として考えることができます。サインバルタで眠気が生じるのが夜であるのならば、睡眠時間前であり、生活上問題が生じることがなくなります。また、副次的なメリットとして眠気を引き起こすことが夜の安眠につながる可能性を期待することもできます。

ただ、朝にサインバルタの投薬によって眠気を感じておられる方が、夜サインバルタを飲んだ場合、かえって不眠症状を訴えるケースもあります。また、いくら眠気が生じて眠ることができるようになったとしても、朝起きることができないほど眠気が生じたり、意識を喪失するほどの眠気が生じるような場合には、サインバルタの副作用が大きいということができます。このような場合にはやはり健康に良いとはいうことができません。

そのため、夜、サインバルタを飲むことで異常な眠気を感じる場合には、やはり医師に相談することが必要とはいえますが、時間を変えることで眠気のサイクルが適正なものとなるのであれば、投薬の時間を変えるということも十分効果がある方法ということができます。

サインバルタを分割して飲むという方法

さらに、サインバルタを分割して飲むということも眠気を抑えるためには、ひとつの方法です。サインバルタはカプセルで出されることになりますが、内容物を分けて飲むことは可能です。そのため、サインバルタの摂取を分割することで眠気を抑えることが可能となります。

この場合には眠気を防止するために、分割してサインバルタを摂取していることを事後的にでも医師へ報告されることを忘れないようにされてください。

このようにさまざまな方法でサインバルタの眠気を抑えることが考えられます。

まとめ:サインバルタによる眠気対策は何より医師への相談から

以上、本文で述べましたサインバルタによる眠気対策の方法をまとめますと以下のようになります。

  • サインバルタはうつ病などの方に処方されますが、眠気などの副作用が生じる場合があります
  • サインバルタによる眠気が激しい場合には、何より主治医へサインバルタによる眠気がひどい旨を相談することが重要です。場合によっては他の医師からセカンドオピニオンを得ることも効果的です
  • サインバルタによる眠気を避けるために、飲む時間を夜にしたり、サインバルタを分割して飲むなどの方法が考えられます。これらの方法についても主治医へしっかりと相談をするべきです

常に医師の判断を仰ぐという姿勢が重要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment