妊娠後期の眠気の原因と対策方法

クッションを抱えて寝る女性

妊娠後期には体の変調や精神的な状態の変化から、睡眠不足が生じ、日中の眠気に襲われることがあります。妊娠後期における日中の眠気を解消するためには、夜睡眠時間を確保することができるように体調を治すための具体的な方法を実践することが重要です。

本稿では、妊娠後期における眠気対策として、眠気が生じる原因やその解消方法などについてまとめてあります。妊娠後期で日中の眠気にお悩みの方のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

妊娠後期は眠気とも戦う

寝る赤ちゃん

妊娠後期(一般には8ヶ月目)ともなると、出産間近となり何かと慌ただしくなります。このような妊娠後期の時期に、ひとつ生じ得る問題として、眠気に襲われる方が多くなるということがあります。

妊娠後期となれば、来るべき大切な出産に備えて体調を整えたいところです。しかし、妊娠後期はどうしても強い眠気が襲ってきます。妊娠後期の眠気の正体(原因)は一体何なのでしょうか?また、その眠気に対してどのように対処していけば良いのでしょうか。

妊娠後期に眠気がやって来る原因

実は、妊娠中は、妊娠前期、妊娠後期を通していずれも睡眠に問題が生じやすい時期となります。妊娠前期にも一般に強い眠気が襲ってきます。妊娠前期における眠気の原因は女性ホルモンの働きによります。つまり、生理的な問題から妊娠前期には眠気が襲ってきます。

これに対して妊娠後期にやってくる眠気の原因は、実は、非常にシンプルな理由です。妊娠後期となると、胎児の成長によってお腹が大きくなってくるため、非常に寝苦しくなってしまいます。また、胎動(赤ちゃんのお腹の中での動き)によってなかなかじっくりと眠れず、睡眠不足気味となり、眠気が襲ってくることとなります。さらに、妊娠後期は出産を間近に控えて精神的に不安定となりがちです。

この精神的な不安定感・不安感も夜間の不眠の原因となり、その結果、日中は眠気が襲ってくるという悪循環を生み出します。このように妊娠後期における眠気の原因は、体の変化と精神的な不安感などから夜あまり眠ることができていないことが原因となります。

妊娠後期の眠気に対する対処方法

では、妊娠後期に眠気に悩まされてしまう場合にはどのように対処をしていけば良いのでしょうか。妊娠後期の眠気の原因は主として身体的・精神的な理由からの睡眠不足が大きな原因となっているため、客観的に夜、睡眠をとりやすい状況を作り出すことが対処方法の糸口となります。

妊娠後期専用の睡眠用マットなどを利用する

妊娠後期の眠気対策としては、夜、しっかりと眠ることが最も重要となります。そこで、夜眠ることができる準備を整えることが重要となります。具体的には、妊娠後期の方専用の睡眠用マットを購入されることなどがおすすめできます。

妊娠後期における、お腹の膨らみに対応して横向けの体勢でもゆっくりと眠ることができる専用のマットが販売されています(最近ではインターネットでも購入が出来ます)ので、そのようなものを利用して夜間の睡眠時間を確保することで、ぐっすりと眠り、昼間の眠気を解消することができます。

また、マット以外にも、妊娠後期だけに焦点をあてた睡眠促進用のハーブティーなども販売されていますので、そのようなハーブティーを飲み、夜の眠気を誘うということもひとつの方法です。このように道具の力を利用して睡眠時間を確保し、妊娠後期においてもぐっすり眠ることで日中の眠気を生じさせないようにすることができます。

なお、コーヒーや睡眠導入剤などの利用は、ごく低い可能性ですが、赤ちゃんと母体に悪影響が生じ得る可能性が否定しきれないため、あまりおすすめすることはできません。

規則正しい生活リズムを作る(メラトニンを生成する)

次に、規則正しい生活リズムを作ることが夜の自然な眠気を誘い、日中の眠気を回避します。つまり、妊娠後期における眠気対策となります。

規則正しい生活が良い理由は、朝おきて太陽の光を浴びると体内で夜にメラトニンという睡眠を促進させる物質が生成されるためです。(正確には太陽の光でメラトニンの原料となるセロトニンという物質ができ、その後、12時間程度経過してからセロトニンがメラトニンとなります)。

規則正しく、朝起きて太陽の光を浴びて、1日をスタートすることで体内ではセロトニンが分泌され、夜にはメラトニンへと変化して妊娠後期においても自然な眠気を誘ってくれます。このように妊娠後期という不安定となりがちな時期であるからこそ規則正しい生活が重要ということもできます。

なお、雨天やくもりなどで太陽が出ていない場合には、朝、電気の光を浴びるということでも構いません。

妊娠後期の眠気の原因と対策のまとめ

以上、本文で述べました妊娠後期における眠気の原因や対策に関してのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 妊娠後期には日中に眠気が襲ってくることがあります。その原因は、お腹が大きくなってくるために夜眠りにくくなることや精神的な不安な状態が続くことなどにあります
  • 妊娠後期の眠気を解消するためには、夜しっかりと睡眠時間を摂ることが重要です。そのためには、妊娠後期の方向けの睡眠用マットやハーブティーを利用したり、規則正しいを心がけて、朝には太陽の光を浴びるなどしてメラトニンの分泌を増やすことなどが効果的です。

妊娠後期は肉体的にも精神的にも健康を維持することが非常に重要です。健康維持のため、夜はしっかりと眠り、昼間の眠気で生活リズムが乱れないようにすることはとても大切です。また妊娠後期には夫や家族の精神的なサポートも重要となります

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment