眠気に注意!眠気を和らげるアレロックの正しい使い方

ベッド

アレルギー性疾患の治療薬としてよく使われるアレロックは、眠気の症状が表われることで良く知られています。

花粉症やアレルギー性の鼻炎、じんましんなどの皮膚のかゆみを抑える働きがあります。アレロックは目薬にも使用され、花粉症やアレルギー性の結膜炎を改善する働きがあります。先程も述べたようにアレロックの主な副作用は眠気です。そのため運転中は使用を控えることが必要です。

この記事ではアレロックの特徴や使い方についてご紹介してみたいと思います。花粉症や鼻炎の改善のためにアレロックを処方された場合は是非参考にして見てください。

スポンサーリンク

アレロックの特徴

眠い猫

アレロックの錠剤タイプは4種類に分類されます。

アレロック錠2,5、アレロック錠5、アレロックOD錠2,5、アレロックOD錠5に分けられます。ODというのは口の中で溶ける錠剤のことです。アレロックはアレルギー物質のヒスタミンを体が受け付けないようにすることによって、アレルギー症状を抑えます。平成24年にアレロックのジェネリック医薬品が発売されるようになったため、低価格で購入することができるようになりました。

アレロックの副作用

アレロックの副作用は先ほども述べましたが、代表的なものは眠気です。この眠気は個人差があると言われていますが、ひどい眠気に襲われる方もおられます。またアレロックを使った場合、ごくまれに肝機能障害や、黄疸といった副作用も現れることがあるので注意が必要です。

またアレロックには眠気に伴って集中力や運動能力が低下するという副作用もあります。このような副作用はやはり、車の運転や機械仕事の妨げになりますので、このような仕事をしている方は、服用しない方が良いでしょう。

またアレロックを使用して眠気に襲われる場合は、眠気の症状が比較的少ないアレグラを使うと良いでしょう。

アレロックの価格

花粉症などのアレルギーの場合、気になるのは薬代ですよね。ここでアレロックの価格をご紹介いたします。現在のアレロックの価格は次の通りです。

  • アレロック顆粒タイプ0,5% 78,8円/g
  • アレロック錠2,5 47,3円/錠
  • アレロック錠5 60,2円/錠
  • アレロックOD錠2,5 47,3円/錠
  • アレロックOD錠5 60,2円/錠
  • これらの価格は変動することもありますので、注意が必要です。

    ここまでで、アレロックの特徴と効果、価格についてご紹介いたしました。アレロックは効果的な薬ではありますが、少々価格が気になるところではないでしょうか?薬は飲まないで済むならばそれに越したことはありません。

    アレロックが処方される理由に様々なアレルギー疾患が関係しています。そのひとつ、花粉症を、薬に頼らずに治していく方法をご紹介してみたいと思います。

    アレロックに頼らずに花粉症を治す

    花粉症の時になるとアレロックに頼っておられる、という方も多いことと思います。とはいえ、薬はできるだけ飲みたくないものですよね。ここではアレロックなどの抗アレルギー剤を使わないで、花粉症を緩和させる方法をご紹介いたします。

    アレロックに頼らず花粉症の症状を改善する方法その1:ヨーグルト

    花粉症の人は腸内環境が乱れており花粉がうまく排出されずにいる方が多いと言われています。
    ヨーグルトは腸内環境を整え、花粉症を緩和させることに役立つと言われています。花粉症が表われてからヨーグルトを食べるのではなく、普段からヨーグルトを食べておくことによってアレロックに頼らず花粉症を予防しましょう。

    アレロックに頼らず花粉症の症状を改善する方法その2:鼻を温める

    花粉症で一番つらいのは鼻詰りではないでしょうか?鼻詰まりをアレロックに頼らずに治す方法のひとつは鼻を温めることです。鼻が温まると鼻水が出やすくなるので、このタイミングで鼻をかむことによって鼻詰りを取ることができるでしょう。

    アレロックに頼らず花粉症の症状を改善する方法その3:ペットボトルを脇の下に挟む

    鼻が詰まっていない方の脇の下にペットボトルを強く挟み込むと脇の下にある自律神経が刺激され、鼻の詰りが取れると言われています。この効果は一時的ですが、どうしても鼻詰りがつらいというとき効果的でしょう。

    まとめ:アレロックは副作用を伴う薬なので、正しく使いましょう

    この記事ではアレロックの特徴と副作用、価格についてご紹介いたしました。またアレロックを使わないで花粉症を改善する方法についてもご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

    アレロックは眠気の副作用を伴う薬です。使用するのであれば正しく使いましょう。また花粉症の場合はアレロックに頼り過ぎないで症状緩和を目指しましょう。

    スポンサーリンク

    iGotitに「いいね!」をください

    iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
    いいね!を押して、iGotitを応援してください!

    Twitterでフォローしてください

    iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

    Comment