寝言の録音もできるアプリ、睡眠サイクルアラーム「Sleep Meister」

広告ロゴ
トラ

「あなた、寝言でこんなこと言っていたよ」。そう言われて恥ずかしくなったことはありませんか。寝言を言っても自分では気が付かないもの。あんまり変な寝言を言っていないか心配になりますよね。

また、いびきや歯ぎしりによって睡眠の質が下がっている可能性があります。自分の寝言が簡単に聞けたらいいのに…でも、そのためにわざわざ録音機器なんて買う気はないし…。

そんなあなたには、寝言が録音できるアプリ「Sleep Meister」をオススメします。

このアプリ、なんと寝言の録音だけではなく、睡眠サイクルの記録や、目覚めの良い時間を見つけて起こしてくれる優れもの。年齢性別を問わず使うことのできるシンプルな画面と機能の優秀さから、「Japan App Store無料カテゴリランキング」の1位を獲得した、人気のアプリです。

このアプリを毎日使うことで自分の睡眠のリズムや習慣にも気づくことができるでしょう。そこで、本記事では「Sleep Meister」がどのようなアプリなのか、また、そのアプリを使って寝言の録音やSNSに投稿といった便利な機能をご紹介していきます。

あなたの睡眠のお供に、ぜひどうでしょうか。

スポンサーリンク

良い目覚めのために

寝る

人は、睡眠中にレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しています。最初に深い眠りであるレム睡眠が訪れ、それから浅い眠りであるノンレム睡眠に変わっていきます。この繰り返しをおおよそ90分周期で繰り返しています。

朝、いつもと同じ時間に起きたのに目覚めが悪いときがありませんか。それは、深い眠りのタイミングで無理に起きてしまったせいかもしれません。深い眠りのとき、人は体も脳も休んでいる状態です。対して、浅い眠りのときには、体は休息していますが脳は活発に活動をして、夢を見たり寝言をいったりしています。そのため、脳が活動している浅い眠りのときに目覚めると寝起きがよいと言われています。

その仕組みを活用したのが「Sleep Meister」のアラームです。このアプリは目覚ましを30分単位で設定することで、その中で最も眠りが浅くなるタイミングにアラームがなるのです。

その他の機能

Sleep Meisterの機能はそれだけではありません。就寝時間と起床時間から睡眠時間や睡眠効率といった様々なデータが記録されます。行動メモも自由に入力できる毎日のデータは、グラフ、リスト、週ごとのデータなどいろいろな形態で見ることができて、自分の傾向を探すのも容易です。

また、寝言の録音も簡単に行うことができます。最初のアラーム設定の画面でマイク(録音テープの場合もあります)をオンにするだけ。それからアラームを設定しましょう。録音の設定には、マイク感度や品質、保存数などがあり、録音したデータはグラフの右下で再生が可能です。(ただし、ios7以上を使っている場合は、先に設定アプリのプライバシー、マイクと進んだところのSleep Meisterをオンに設定しておきましょう。)

他にも、ボタン一つでTwitterに自分の記録をアップする機能もあります。内臓の音楽プレイヤーは入眠が確定されると自動で停止するシステムになっており、睡眠のサポートは万全です。

Sleep Meisterの詳細な使い方は画像入りのこちらのサイトが分かりやすいのではないでしょうか。もし興味のある方は、一度ご覧になったほうがイメージは湧きやすいと思います。

Sleep Meisterの注意点

こんなに便利なアプリですが、快適に使用するために少し先に注意点を伝えておきますね。

無料版は広告が入っている
このアプリは無料版と有料版がありますが、無料版には広告が入っています。画面をスッキリとさせたい人ならばもしかしたら気になるかもしれませんね。ただ、広告は外で見ても問題ないようなものなので、気にならない人であれば問題なく使えるでしょう。

毎日同じ時間にアラームが鳴るとは限らない
就寝時間に合わせてアラームの時間が設定されるので、0~30分の誤差が生じます。いつもギリギリに起きている人はちょっと危ないかもしれませんね。

寝言録音設定にするとアラームが小さくなる
寝言を録音設定にしているとアラームの音が小さくなるようです。もし大音量でないと起きられないという人は寝言の設定をオフにしたほうがいいかもしれません。

多少の誤差はある
このアプリは睡眠スタートのボタンを押すと、その時間や体の動きを基準にデータが導き出されます。しかし、本格的なデータを取るものではないので、深い睡眠となっている時間に寝言が出たといった多少チグハグなデータが出ることもあります。

しかし、携帯というシンプルなものを使っているので、多少の誤差は仕方がないところではないでしょうか。おおまかなリズムは合っているようなので、自分の睡眠の傾向や寝言のタイミングなどを簡単に知ることができる有能アプリだと思われます。

その他の録音アプリ

Sleep Meisterの他にも様々な寝言録音アプリが登場しています。ASD Corporationが出している「快眠の森」は快眠時間を計測するアプリですが、このアプリの面白いところは寝言を録音したら文章化してくれるところ。可愛らしい妖精やキャラクターも出てくるので、楽しみながら記録ができるかもしれません。

寝言だけでなく、いびきを録音して分析するアプリも登場しています。有料のアプリですが、Reviva Softworksの「いびきラボ」は睡眠中のいびきを録音して、効果的ないびきの軽減方法を探っていくもの。「30カ国で上位10位以内の医療アプリ」とのことで、多くの人に愛用されています。いびきの音を録音するだけでなく、グラフ化したり、対策ごとのスコアを出したり、数日間のいびきの比較ができます。

OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek 2GB 単4電池2本使用 ホワイト VN-7200
オリンパス (2011-06-24)
売り上げランキング: 62

まとめ:寝言の録音をためしてみよう

ここまでで、寝言の録音にオススメの「Sleep Meister」についてと、寝言やいびきを録音するアプリをご紹介してきました。このアプリは寝言を録音するだけでなく、質の良い睡眠を取る手助けになることでしょう。

色々と調べるのは大変だけれど、アプリひとつで寝言や睡眠のリズムを知ることができるならとても便利だと思いませんか。もし、自分の寝言やいびきが気になるようなら一度試してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。