赤ちゃんの戻れない寝返りに注意

広告ロゴ
猫

赤ちゃんが寝返りをうちはじめるのは、平均5ヶ月ぐらいです。でも、人それぞれでぜんぜん違い、早い子ならば生後3ヶ月、遅い子ならば7ヶ月、あるいはまったく寝返りを打たずに成長してしまうこともあります。

赤ちゃんの寝返りはできるようになると感動してしまうといいます。ころころと転がれるようになると赤ちゃんも楽しいのですが、注意したいのは寝返りをうったはずの赤ちゃんが実は寝返りをうてずに、ひっくり返ってしまっただけという場合です。

赤ちゃんの寝返りには、自分の力でなんとかできる寝返りがある一方、ただひっくり返ってしまうひっくり返りがあります。寝返りが打てるようになったと喜んでも、ひっくり返ってしまっただけの場合には思わぬ事故にもつながる可能性があります。

この記事では、戻れない寝返りについて注意事項をご説明します。

スポンサーリンク

寝返りとひっくり返りの関係

赤ちゃん

赤ちゃんは生後2ヶ月にもなると、腰の神経や筋肉が発達してきて腰部をひねるような動作をすることがあります。赤ちゃんは上半身よりも下半身が動かしにくく、手足のような末端神経を動かすことも苦手です。ですので、下半身の動きを試すように腰を動かすことは成長にとってとても重要なことなのです。

そして、腰の動きがきちんとできるようになると、そこからさらに腰や足をひねっって寝返りをうつようになるのです。赤ちゃんの寝返りは「まず下半身をひねって」から上半身をひねって行われます。大人とは逆の手順ですね。したがって、いわゆる寝返りをうった、という感じはなく、とにかく仰向けからうつ伏せにひっくり返ると、お母さんが「あ、もう寝返りをうった」と思ってしまうのだそうです。

つまり、ひっくりかえりと寝返りはぱっと見では判別することができません。お母さんはひっくり返ってしまった赤ちゃんと、自分で寝返りをうったかどうかは容易には判別できないので、注意が必要です。

ひっくり返ってしまった場合は、ベットに傾斜などがあったり、布団が丸まっていたりと赤ちゃんの環境に問題がある場合もあります。

戻れない寝返りの危険性

寝返りをうっても戻れないことを、ひっくり返りといいますが、寝返りから戻れない場合、赤ちゃんが窒息してしまう恐れがあります。赤ちゃんの窒息は非常に危険で、声を上げて泣いたり助けを読んだりすることができなくなる恐れがあります。

うつ伏せになることで起こる事故のリスクは新生児や赤ん坊では非常に高いのです。うつ伏せになったときも自分で起き上がることができれば問題ないのですが、仰向けの状態からうつ伏せ人になって戻れないと非常に危険な状態になってしまいます。

また、原因不明の突然死を招くこともあると言われています。戻れない寝返りは赤ちゃんにとって危険な行為であることを認識しましょう。

寝返りの対処方法

赤ちゃんの寝返りが、自分の意思によるものなのか、ただひっくり返ってしまっただけなのかは簡単には判別できないものでしょう。

一つの区別が首のすわりと腰の動きです。首がすわってから寝返りを打てるようになるのが普通ですし、そして寝返りを打つ前には腰を盛んにふrような動作をすることがあります。

寝返りであれば、またうつ伏せから元に戻るまでの時間を対処すればよいのですが、ひっくり返ってしまった場合にはお母さんがもとに戻してあげる必要があります。寝返りの対処方法は様々なものがありますが、戻れない寝返りを何度もするようであれば、まず環境を整えてあげてはいかがでしょうか。

布団を固いものに

沈み込みやすい布団ですと、なにかの拍子でひっくり返ってしまうことがあります。マットを少し堅めのものに変えてあげてみてはいかがでしょうか。また、布団が柔らかすぎると大変

布団が硬すぎると赤ちゃんが嫌がります。布団の適切な硬さを維持して、傾斜がつかないようにしてあげましょう。

クッションやまくらなどに注意する

クッションを使っていたり、赤ちゃん用の枕などをてこに赤ちゃんがひっくり返ってしまうことがあります。赤ちゃんのひっくり返りだけならともかく、クッションに顔をくっつけてしまうなどして、窒息してしまう恐れがあります。

寝返り防止クッションを使う

寝返り防止クッションを使えば、ひっくり返りを防ぐことができます。まだあまりに幼い子どもには使えませんが、生後四ヶ月以降であれば十分使用に耐えるでしょう。寝返り防止ベルトなどの便利なグッズもあります。

寝返り防止
寝返り防止
posted with amazlet at 14.04.06
ピープル (2006-03-01)
売り上げランキング: 275,114

まとめ:戻れない寝返りはお母さんが戻してあげましょう

戻れない寝返りは「ひっくり返り」といいます。寝返りがうてるようになったとお母さんたちが喜ぶのも無理はないと思いますが、ひっくり返りは窒息などのリスクがあり非常に危険です。子供の成長度合いをよく見計らいましょう。

戻れない寝返りをする子供は環境が悪いか、寝返りをうてるようになるためのプロセスを試しているかです。もしあまりにもなんどもひっくり返るようでしたら、気をつけてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。