赤ちゃんの寝返り防止グッズ

広告ロゴ
赤子

小さい頃はまだベットから動くのもままならない赤ちゃん。少し成長してもぞもぞと体を動かす用になると、ちょっと目をはなした隙に、ドキッとするようなことが起こります。

特に寝返りやハイハイを覚え始めた時期は大変です。寝返りをうつ時期では赤ちゃんは周囲のものに好奇心いっぱいで接していきます。寝返りをうちはじめる時期には赤ちゃんから目がはなせません。しかし、いつも付きっきりでいるのも難しいのは事実です。ちょっとトイレによりたいとか、誰かお客さんがまいられたとか、少し買い物に行きたいといったちょっとした用事などの時には、寝返りをうたないようにしていてほしいものです。

ところが、やっぱりまだまだお母さんの言葉はわからないですものね。そこで、寝返り防止グッズの登場です。

この記事では、寝返り防止グッズを使って赤ちゃんの寝返りを制限しながら、お母さんの負担を減らすための方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

寝返りと寝返り防止

赤子

赤ちゃんは通常生後5ヶ月ぐらいから寝返りをうちはじめることが多いようです。この寝返りは、腰を動かしたくなる赤ちゃんの動きに対応したもので、寝返りを打つ前には腰を捻って方向転換を試すことが多いと言われています。

個人差も大きく、生後2,3ヶ月で寝返りやひっくり返りを始める赤ちゃんもいますし、逆にまったく寝返りをうたないまま成長していく赤ちゃんもいます。寝返りをうつことで、赤ちゃんの行動範囲を大幅に広げていきます。寝返りをうつ方向も右か左の片方だけの場合もあります。

寝返りをうつことで、赤ちゃんは周りのことを認識していきます。

しかし、赤ちゃんは寝返りをうった時には寝返りをうつ方向に何があるか把握できていません。寝返りをうつことで落下や怪我などの事故が起こりうるのです。

寝返りをうてるようになる練習

寝返りをうちたがっているようであれば、寝返りを打つための練習をしてあげるのもよいでしょう。寝返りは自然にうてるようになるものですが、腰をひねるような動作をしていた場合には、少しだけお母さんが手伝ってあげてもよいかもしれません。寝返りをうてるようになると、赤ちゃんも喜びます。

寝返り防止グッズの紹介とその利用

寝返り防止グッズは寝返り防止クッションをはじめ何種類かありますが、まだ十分に成長していない時期に使うと危険です。寝返り防止クッションや寝返り防止ベルトなどをご紹介しながら、その正しい使い方などを勉強して行きましょう。

寝返り防止クッション

寝返り防止クッションは、寝返りをうたないように赤ちゃんのお腹の左右に円柱の形をしたクッションをとりつけたマットです。寝返り防止クッションは生後4ヶ月程度から使うことができ、盛んに寝返りをうつ赤ちゃんを静かにさせておくことができるアイテムです。

顔の近くに寄せないことや、体格にあったサイズのものを選ぶといった具合に利用に関しては様々なポイントがありますが、非常に便利で広く使われています。寝返り防止力はそれほど高くはなく、数週間もして成長すると使えなくなってしまうこともあるそうです。

値段も比較的やすく、3000円ぐらいで使えますし、チェアベルトなどのかわりとしても使えます。頭のところに置くヘッドサポートとしても使えると書いてある商品もありますが、危険ですのでそのような使い方はしないほうがよいでしょう。

寝返り防止ベルト

大きなおむつのような形をした寝返り防止ベルトは、とても効果的なアイテムです。下半身をがっちりサポートしてくれます。マットレスがついており、お腹のあたりをしっかりとサポートします。マジックテープで止めるタイプで扱いも簡単で安全性も高いのが特徴です。

サイズも大きいのですが、おしっこなどをしてしまった時には少し面倒かもしれません。

生後3ヶ月までの小さいサイズのものと、3ヶ月から36ヶ月までの大型のものがあります。36ヶ月まで使えるのは非常に便利かもしれませんが、むずがることもあるらしく赤ちゃんに合わせて使い方をかえてください。

まとめ:寝返り防止グッズをつかって赤ちゃんを快適に

赤ちゃんの寝返り防止グッズを使って赤ちゃんと快適な生活をおくることができます。赤ちゃんの寝返りは成長の証でもあり、周囲の認知能力をあげるためにも必須のことではありますので、無理に寝返りをさせないようにするのは勧められません。

しかし、寝返り防止グッズは寝返りからハイハイなどをするようになると使えなくなってしまいます。寝返り防止グッズは赤ちゃんが嫌がらないようなものを選ぶとよいでしょう。なかでも寝返り防止ベルトは便利なグッズだと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。