寝返りをうちはじめた赤ちゃんを見守る上での注意点5選

広告ロゴ
寝る赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ体を動かすだけでも精一杯。少しずつ生長して、生後2ヶ月ぐらいになると体をひねるような動きを始める子供も出始めるでしょう。赤ちゃんの生長はとにかく早いので、ゆったりしっかり見守っていてあげることが大事ですが、寝返りを打ち始めたころの赤ちゃんはコロコロ転がって心配になってしまいますよね。

この記事では、そんな寝返りを打ち始めたばかりのころの赤ちゃんを見守る上での注意点について書きます。寝返りをうちはじめたからといって、寝返りをうてないようにすると生長をとめてしまいますし、かといって放っておいたらあぶないですものね。

スポンサーリンク

寝返り期には好奇心も危険もいっぱい

足

赤ちゃんの成長度合いは子供それぞれ、人によって大きく異なります。ですので、何ヶ月だと早すぎるとか、何ヶ月だと遅すぎるといったことはあまり気にする必要もないのですが、寝返りをうちはじめた頃の赤ちゃんは周りの危険を十分に察することができない可能性もあります。

寝返りをし始めた頃の赤ちゃんは、まだ首がすわったばかりで体をねじることを覚えたばかりです。この時期の赤ちゃんは周りのものにいろいろな興味を持ち始めたり、お母さんを識別できるようになったりしたばかり。まだ周りのものが安全か危険かも十分にはわかっていません。

親御さんがしっかり見張っておかないといけませんが、かといって縛りつけたり、寝返りを打てないようにしてしまうと生長を妨げてしまいます。

寝返り中に気をつけたいことをまとめておきましょう。

ベットには柵をつける

ベビーベッドを使っている方ならばわかるかと思いますが、ベッドには柵が必要です。大人用のベットに寝かせている方は、下におろして寝かせるようにしましょう。寝返りを打ち始めたころは、なんども連続してコロコロと転がることがあり、赤ちゃんが落下したりすることがあります。まだ危ないってことをわかるまで時間がかかるので、しっかりと安全対策をうっておきましょう。

小さなものをまわりに置かない。食べさせない

寝返りを打てるようになると、周りにあるものを食べられるようになります。寝返りを打てる時期になったら、小さなものを口に含んでしまうかもしれません。口に入れて痛い思いをするだけではなく、飲み込んでしまったら命の危険すらあるかもしれません。注意が必要です。

ベッドの周りに食べられてしまうような小さなものを置かないようにしましょう。特に、小さな石や宝石類、ガラスなどには注意してください。口に含んだらすぐに吐き出させるようにしましょう。

やわらかすぎるベッドや布団やクッションに注意

やわらかすぎるベッドや布団などは、寝返りをうった瞬間に口がふさがってしまうことがありえます。呼吸が苦しくなると、赤ちゃんは大泣きしたくてもできませんし、最悪命の危険にさらされることになってしまいます。少しうつ伏せになるぐらいであれば大丈夫ですが、これが夜泣きの大きな原因になったりすることもあるそうです。注意しましょう。

ごろごろと寝転がらせてあげよう

寝返りをうてるようになると、あちこちを、ごろごろと楽しそうに転がることが増えるでしょう。ともすれば危ないものにぶつかりそうになったりして危険だからとずっと寝返りを打てないようにしてしまうお母さんもいるそうですが、よくありません。
赤ちゃんは寝返りをうったり体を動かすことで自分の位置や体を把握します。寝返りやハイハイをたくさんうてるように床をキレイニしてあげてください。

寝転がらせてるのが不安な場合は、硬い床にフロアマットのような柔らかいものを敷いてあげるといいでしょう。

頭をうたないように注意

寝返りがうてるようになったら、行動範囲が劇的にひろがります。右回転、左回転ところがりますが、転がった先にある椅子などで頭をごチンとうってしまうかもしれません。赤ちゃんの周囲にあるものをしっかり把握して、痛い思いをしないように注意しましょう。

逆に、柔らかいクッション等があっても、そこにつっこんで呼吸が苦しくなってしまうこともあるそうです。注意して見守っていてあげましょう。

まとめ:赤ちゃんを自由に遊ばせながら、危ない目に合わないように

寝返りをうてるようになったら「自由に遊ばせながら」「危険を避ける」ことに留意しましょう。行動範囲が広がった場合にはいろいろ面倒なこともあると思いますが、赤ちゃんが大きく成長するチャンスでもあります。部屋をきれいに片付けて、柔らかいマットなどをひいて存分に遊ばせてあげましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。