赤ちゃんが寝返りの練習をする時の注意

広告ロゴ
赤ちゃん足

赤ちゃんも、生後4ヶ月ぐらいになるとずいぶん大きくなってくることでしょう。生長の仕方は人それぞれですが、首がすわって手足が動かせるようになると、腰をコロコロとねじりたくなるようです。

ここまでくれば、赤ちゃんも寝返りを打ち始めるまでもう少しです。たまたまひっくり返ってしまうこともありますが、自分のちからで寝返りを打てるようになると、行動範囲も大きく広がっていろいろなところにいく事ができるようになります。

「寝返り」は、必ず必要なプロセスではありませんが、赤ちゃんがもし寝返りをうちたがっているようでしたら、そのお手伝いをしてあげるのもよいでしょう。

この記事では、赤ちゃんの寝返りを手伝いたいお母さんたちのために、寝返りの練習をする時の注意点をご紹介いたします。なお、赤ちゃんが嫌がっているようであれば無理に寝返りを打たせてはいけません。

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝返りと大人の寝返り

赤ちゃん顔

赤ちゃんの寝返りは、大人の寝返りとはその方法が大きく異なります。

大人は朝寝返りを打つ時などには腕の筋肉を使って起き上がります。寝返りを打つ時には体や背中をひねりながら腕を使って寝返りをうつのですが、大人は手足が胴体に比べて非常に長いためそのような手足の筋肉が必要になるのです。上半身から寝返りをうつため、まず上半身をひねっているのですが、赤ちゃんの寝返りは、「腰をひねって動く」のがポイントです。

赤ちゃんは腰を捻ってから、それから足を交差して回るというのが普通です。このときの腰のひねりは、生後2ヶ月ぐらいから腰を捻りたがることが多いようですが、それをちゃんと寝返りに発展させるまで時間がかかります。

寝返りが遅い、は心配無用

ほかの子に比べて寝返りが遅いかも、という心配をなされるお母さんも非常に多くいるようです。多くの場合それらは杞憂といってよいでしょう。寝返りは必ず必要な成長過程というわけではありません。寝返りをうたないままハイハイを始める子供もいます。

関節の病気などで寝返りを打てない赤ちゃんもいるようですが、ほとんどの場合は問題ありません。赤ちゃんによってはうつ伏せが楽だったり、仰向けになると苦しかったりして寝返りを打ちたがるという場合もあります。

寝返りの練習の手伝い方

寝返りを打ちたがっている赤ちゃんは、しきりに腰をひねりながらジタバタと手足を動かします。寝返りの練習は無理にする必要はありませんが、中々寝返りができないとか、寝返りをするきっかけが必要だという場合には、寝返りを打つのを手伝ってあげるとよいでしょう。

十分に広いスペースを確保する

赤ちゃんが寝返りをうとうとする場合には、十分なスペースがないと怪我をしてしまいます。大人用のベッドや床にマットを敷いて練習するようにしましょう。また、赤ちゃんの口にいれてほしくないようなものが落ちていないかを十分確認してから練習するようにしましょう。

クッションやまくらをつかって、寝返りを打てる範囲を限定するようにするのもよいでしょう。クッションやまくらは、赤ちゃんの胴体にあたる部分におきましょう。

足首を持ってあげる

寝返りの練習をさせる時には、上半身ではなく、下半身からひねることに留意しましょう。赤ちゃんが寝返りを打たせるためには、足首を握って、足を左右に交差させて回転するように寝返りをうたせてあげましょう。腰のひねりは赤ちゃん自身ができるようにするのがポイントです。腕や足をサポートしながら、絶対に引っ張らないようにしてください。引っ張ると肩や関節が外れる恐れがあります。

赤ちゃんは体に比べて頭が大きいため、思い切りよく動かせる手足を先に動かし、勢いをつけて動かすことがおおくあります。この勢いをママが手伝ってあげるのが重要です。

赤ちゃんがよく動く所をサポートする

そして、赤ちゃん自身が体をひねるときに、右か左かの一方しか体を捻ることが出来ない場合もあることに注意しないといけません。体がまだ言うことを聞かない状態で無理に体をねじらせると大事故につながる場合もあります。

赤ちゃんがよく動いている方向が、右なのか、左なのか体を触りながら丁寧に調べてあげてみてください。

うつ伏せになったら腕を抜いてあげる

ごろんとうつ伏せになれたら、お母さんやお父さんの腕が下敷きにならないように腕を抜いてあげましょう。転がった時に下に何かがあると違和感や衝撃で強い痛みを感じてしまうことがあります。

うつ伏せの状態では、窒息してしまうこともあります。目を離さないようにしましょう。

まとめ:赤ちゃんの寝返りの練習は優しく付き合ってあげましょう

赤ちゃんの寝返りは、無理やりやらせてよいものではありませんが、赤ちゃんが成長して腰をねじりたくなってきたら、ちょっとお手伝いしてあげるのもよいかもしれません。

赤ちゃんの寝返りの練習を手伝ってあげる時には、下半身から捻ることに留意して、怪我をしないようにしっかり見張ってあげましょう。仰向けからうつ伏せに寝返りをうつようにしてあげてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。