寝不足からやって来る腹痛と下痢の理由

腹痛の男

寝不足による腹痛や下痢に悩まれている場合には、外部の作用によってその腹痛等を解消することが必要となります。寝不足による腹痛や下痢などは寝不足により、自律神経が乱れることによって発生します。自律神経の作用は意思によって変えることはできないので、寝不足による腹痛は胃腸薬の服用など外部の作用で解消することが必要です。

本稿では、寝不足による腹痛や下痢の原因と対応策についてまとめています。寝不足による腹痛や下痢でお悩みの方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

寝不足による腹痛や下痢

夜の月

寝不足を原因として腹痛・それに伴う下痢を引き起こされる方がいます。こういった方の多くは寝不足が腹痛や下痢の原因となっていることをなんとなくであっても把握されている方が多い傾向にあります。つまり、理由ははっきりとはわからないけれど、寝不足になると腹痛や下痢を起こすということをご自身でわかっているのです。

しかし、寝不足が腹痛などを引き起こすとしてもその原因はどのような点にあるのでしょうか。また、その対策としてはどのような方法をとることが良いのでしょうか。

寝不足が腹痛や下痢をもたらす原因

まず、寝不足が腹痛や下痢をもたらすのは、寝不足によって自律神経の働きが乱れてしまうことが原因となります。寝不足の場合には、体内のリズムを整えている自律神経の働きが乱れてしまいます。自律神経のその乱れは、ストレスとして精神的に堆積する方などもいますが、腹痛を起こす方は、自律神経の乱れが腸にきます。

その結果、寝不足の場合には腸の働きが異常となってしまい、腹痛や下痢を生じさせるということになります。このように寝不足が腹痛等をもたらすのは、交感神経の乱れが蝶にあらわれる体質であるためです。

寝不足を原因とする腹痛・下痢の対応策

寝不足による腹痛等の原因は、寝不足による交感神経の乱れにある以上、寝不足を解消すれば腹痛等はおさまることになります。しかし、好んで寝不足になる方は少ないと思われます。仕事や勉強等でどうしても眠るわけにはいかず、その結果、寝不足となるのがほとんどの方であると思われます。そのため、寝不足であっても腹痛・下痢を抑えるためには、
どのような方法があるかが気になるところです。

寝不足による腹痛や下痢を避けるためには、以下のような方法が効果的ということができます。

消化に良い食事をとること

寝不足による腹痛は腸の働きが乱れることで生じてしまいます。腸の働きの乱れは自律神経という意思によって変えることができない神経の働きですので、これを変更させることはできません。そのため、寝不足であっても腸に負担をかけない食べ物を摂ることで腹痛が生じるのを防止することができます。

具体的には、寝不足の日の朝は食事をお粥にするなどが効果的ということができます。寝不足による腹痛を感じられる方の多くはどのくらいの寝不足の場合に腹痛が生じるかを経験的に知っていますので、寝不足による腹痛の可能性を感じる場合には、お粥など消化に良い食事を朝食に摂ることで腹痛を避けることができます。

胃腸薬などを飲んでおくこと

次に、寝不足による腹痛等が生じる方は、あらかじめ、胃腸薬を用意しておくことがおすすめできます。これも、消化に良い食事をとることと理屈は同じで、寝不足で腹痛が生じることが予測される場合に前もって対策をとっておくということです。

胃腸薬は様々な種類ものがあり、体に合うもの、そうでないものとがありますので薬剤師に相談の上、寝不足による腹痛が生じた際に適切なものを選んでもらうことが良いと言えます。

ツボを押す

寝不足によるものに限らず、腹痛の場合、腹痛の治療に役立つツボを自ら指圧することで腹痛を止めることに役立つ場合もあります。具体的には、おへそとみぞおちの中心部に位置している、「ちゅうかん」というツボが腹痛に効果があります。

また、手の甲の親指と人差し指のあいだにある骨のつけね付近にある「ごうこく」のツボも腹痛には効果があります。特に、「ごうこく」のツボは、手のツボですので、電車やバスなどでの移動中にも簡単に刺激することが可能ですので、簡易な腹痛解消のツボとして利用することができます。

その他、寝不足による腹痛の程度がひどく、社会生活上の問題を生じさせてしまう程度である場合には、医師による治療と処方を受けることも有益です。内科などのほか精神的な理由が強い場合には心療内科などでも対応してくれる場合があります。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 377

寝不足による腹痛・下痢の対処法のまとめ

以上本文で述べました寝不足と腹痛に関するポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 寝不足による腹痛等は自律神経の乱れが原因となり発生します。
  • 自律神経は自らの意思でコントロールすることはできないため、寝不足による腹痛が起こる方は外部の作用によって、寝不足による腹痛を解消する方法を取ることが必要となります
  • 具体的には、寝不足の場合には、食事を消化の良いものにすることや胃腸薬を飲むこと、ツボを刺激すること、医師の処方を受けることなどが腹痛解消のためには有効です

寝不足による腹痛等は大変苦しいものですが、あらかじめ対処することで解消することも可能です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment