寝不足が原因で起きる脳貧血と貧血の違いと対処法

夜のライト

寝不足で貧血になることはあるのでしょうか?これに関してはほとんどないと言われています。しかし、寝不足が続くと体がふらふらしたり、立ちくらみのような症状を伴ったり、場合によっては意識を失うこともあると言われています。貧血の症状に似ているために貧血と同じ扱いをされてしまうことがあるようですが、この病気は脳貧血と言って低血圧の一種なのです。

体の中を流れている血液も重力の影響を受けます。そのため、血液は脚に溜まりやすくなりますが逆に脳には溜まりにくくなります。そのため、脳に必要な血液が供給されず脳貧血を起こしてふらふらしたり、意識を失ったりする場合があります。

寝不足が原因で起きることもありますので、質の良い睡眠を摂るようにし、寝不足を防止することが大切ですが、もし脳貧血を起こしてしまったのであればどのように対処することができるのでしょうか?この記事ではそのような点について取り上げてみたいと思います。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

脳貧血になってしまった場合の対処方法

貧血の女性

脳貧血になる原因として挙げられるのは寝不足ですが、他にも原因はあります。ストレスや疲労、栄養バランスが悪い、長時間の立ち姿勢などが挙げられます。ですからこのようなことを避けるなら脳貧血を起こしにくくなると思いますが、忙しい現代社会ではなかなか難しいことです。そこでもし脳貧血になってしまった場合にはどのように対処することができるのか、という点について幾つかご紹介してみたいと思います。

脳貧血の対処方法その1:突然の場合

突然脳貧血に襲われることもあるようです。寝不足のまま仕事や学校へ行き、長時間立ったままの作業があった場合などはそのようになる場合があるでしょう。突然血の気が引くのを感じたり、めまいがしたり、冷や汗が出たりした場合、どのように対処することができるのでしょうか?

まずは横になりましょう。学校での行事の際に脳貧血の症状が出始めた場合は早めに保健室へ行きましょう。すぐに横になることができないのであればしゃがむなどすると効果的です。そのまま我慢して立っていたりするなら、脳貧血によって気を失って倒れてしまう危険があります。その時にどこかで頭をぶつけたりしてけがをすることもあるので注意する必要があります。

寝不足にならないように、また長時間同じ姿勢でいないように注意することが必要ですが、もし突然に脳貧血の症状に襲われたのであれば、我慢しないで身を守る処置を講じましょう。

脳貧血の対処方法その2:運動中の場合

運動中の場合にも脳貧血に襲われることがあると言われています。運動中に脳貧血に襲われたなら、すぐに運動を中止しましょう。安静にすることが第一です。

運動中に脳貧血に襲われると意識がなくなってしまうこともあるようです。その場合は速やかに周りの人が救急車を呼んだり病院へ連れて行ったりすることが必要です。また応急処置として靴ひもやズボン、ユニフォームの紐などをすべて緩め、血流の流れが良くなるようにすることが必要です。寝不足や疲労感のあるときには激しい運動を避けた方が良いかもしれません。

ここまでで、脳貧血に突然襲われた場合、また運動中に脳貧血に襲負われた場合にできることについてご紹介いたしました。

このような脳貧血のような症状が頻繁に起きるようであれば、それは脳貧血ではなく貧血かもしれません。では貧血の場合はどのようなことが原因で起きるのでしょうか?幾つか取り上げてみたいと思います。

脳貧血ではなく貧血であった場合

貧血は鉄分不足が原因で起きるように思われませんが、原因はそれだけではありません。貧血は危険な病気のサインである場合があります。具体的に取り上げてみましょう。

貧血を起こす重大な病気その1:癌

悪性の癌を発症している場合、貧血になることがあります。それは、癌になっている患部から出血する為です。この場合は寝不足関係なくめまいや頭痛、耳鳴りがします。このような場合は脳貧血だと決めつけるべきではありません。速やかに病院へ行きましょう。

貧血を起こす重大な病気その2:自己免疫疾患

自己免疫疾患というのは、本来風邪などから体を守るために働く免疫機構が、自分の体を攻撃してしまうという病気です。この場合も悪性の貧血になる場合がありますので、速やかに病院へ行くことが必要でしょう。

ローラ 鉄+葉酸 150粒
ローラ 鉄+葉酸 150粒
posted with amazlet at 13.12.16
明治
売り上げランキング: 429

まとめ:脳貧血と貧血の違いを正しく理解しましょう

この記事では、脳貧血の原因と対策方法、そして貧血の原因についてご紹介させていただきました。脳貧血と貧血は違います。脳貧血は寝不足などが原因で起きることがありますが、貧血が寝不足を原因として起きることはほとんどないでしょう。貧血はもっと重大な病気の兆候である場合が少なくありません。

とはいえ、脳貧血と貧血どちらの症状が起きたとしても、あまりに頻繁に起きるようであれば速やかに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment