毎日忙しくて眠れない方へ。寝不足で鼻血が出るわけと対処方法

鼻血の男

残業が続いて寝不足なとき、ぶつけてもいないのに突然鼻血が出ることがありませんか。

実は鼻血と寝不足には関係があり、その関係を知ることで鼻血という症状の改善や隠れた病気の発見につながります。

たかが寝不足と鼻血を軽くみて、「単に鼻血が止まればいい」と簡単な止血をして終わらせるという行為は、時に取り返しのつかない状態になる危険性を孕んでいます。鼻血のメカニズムに基づき、適切な対処をすることで、寝不足の鼻血を改善することができるのです。

そこで、本記事では寝不足の時に鼻血が出る原因と鼻血が起こす病気、鼻血が出たときの対処法についてご紹介していきます。寝不足のときいつも鼻血が出てお困りの方は、ぜひ本記事と共にあなたを悩ませる寝不足の鼻血を改善していきましょう。

スポンサーリンク

1.寝不足と鼻血の関係

眠る男

寝不足と鼻血をつなぐものはずばり「自律神経」です。

寝不足により身体はストレスを感じ、自律神経が交感神経優位に働きます。その結果抗ストレスホルモンのアドレナリンが大量に製造されます。アドレナリンが発生するときはビタミンCを消費するので、大量のストレスがかかると身体はビタミンC不足に陥り、末梢の毛細血管が破裂しやすくなるといった鼻血の原因を引き起こします。

ビタミンCには、皮膚や粘膜の働きを助ける作用があります。ビタミンCは昔から重要な栄養素といわれ、摂取量不足で亡くなったとされる記録も多数存在するほどです。

そのため、寝不足による鼻血を解消するためには、大量に消費されるビタミンCが体内で働ける環境をつくることが効果的です。

2.寝不足以外の鼻血

寝不足の鼻血は、ビタミンC不足による粘膜の損傷が原因だということはわかりましたが、それ以外の理由はないのでしょうか。

もし鼻血が長く続いているのであれば、下記の疾患の可能性も考えられます。

  • アレルギー
  • 鼻の疾患(蓄膿症、鼻中隔彎曲症など)
  • 血液疾患(白血病、血友病など)
  • 高血圧
  • 肝機能障害
  • 副鼻腔ガン

放置しておくと重篤な症状が出るものもあります。慢性的に鼻血でお悩みの方は、一度病院で診察を受けるとよいでしょう。

この他に常用している薬により鼻血が出やすくなる可能性があります。

  • タミフル:インフルエンザ治療薬
  • アスピリン、ワーファリン:血栓を抑える薬
  • 血管収縮性点鼻薬:鼻に注入するステロイド
  • 抗ガン剤など

これらの薬以外でも副作用は起こりえます。鼻血の副作用が酷いときには、医師に相談し適切な対処をしてもらいましょう。

3.寝不足による鼻血の対処方法

寝不足が引き起こす鼻血にはどのように対処すればいいのでしょうか。寝不足による鼻血の予防と鼻血が出てしまった時の対処法を紹介します。

3-1寝不足による鼻血が出たら

鼻血というのは鼻の粘膜が傷つき出血することなので、「出血を抑え、粘膜を刺激しない」ことが重要です。

間違った対処法、正しい対処法を下記にまとめました。

間違った対処法

  • 上を向く、仰向けに寝る:鼻血が逆流し喉に流れこみます。血液を大量に飲むと、吐き気や気持ち悪いなどの症状が起こる。最悪の場合、喉で血が固まり呼吸困難を起こすことも。
  • 首の後ろをトントン叩く:医学的な根拠はなく、効果はないとされている。無理に叩くと首を痛める原因に。
  • 無理に詰め物を取る、強く鼻をかむ:鼻の粘膜を傷つけるため、再び鼻血が出る原因にもなる。

正しい対処法

  • 下を向く、横向きで寝る:鼻血が喉に流れないように。もし喉に流れてきた場合、できるだけ飲みこまないように吐き出すこと。横向きで寝る際は、頭を高くして血液の流れを鼻に向かわせないように。
  • 鼻を圧迫する:出血したほうの鼻を、外側から内側へ向かって圧迫する。出血部への血液の流れを抑えるため。
  • 鼻に詰め物をする:鼻血がたれてくるようなら、ティッシュやコットンで鼻に詰め物をする。その際は無理に押し込んだり強引に取ったりすると、粘膜が刺激され鼻血がぶり返すことがある。鼻に刺激を与えないように。

寝不足による鼻血ではなくてもこれらの方法は有効です。鼻血が出たときはこれらの方法で止血を早めましょう。もし頭がのぼせているようなら、アイスノンなどで頭を冷やすことも有効です。状況にあった対処をしていくことで、早く止血しますし、辛い思いをしなくてもよくなります。

3-2寝不足による鼻血の予防方法

寝不足が引き起こす鼻血は、ビタミンC不足による粘膜の損傷が原因だとお伝えしましたが、ただビタミンCを大量に摂ればいいというわけでもありません。

ビタミンCは、水溶性のビタミンのため、体内には長くとどまれません。たくさんの量を摂取しても、そのまま排出されるだけです。身体に作用するためには、摂取は数回にわけ、さまざまな栄養素と一緒に摂取することが大切です。

鼻の粘膜を強化・鼻血が出にくくなる栄養素

  • ビタミンC :ピーマン、かんきつ類など
  • ビタミンB2:レバー、卵、納豆など
  • ビタミンK :納豆、しそ、青菜など
  • ビタミンA :にんじん、緑黄色野菜など

寝不足による鼻血が出た場合には、これらの食材を利用して体質を改善していきましょう。寝不足は自律神経の乱れでおこります。ストレスの発散や規則正しい生活をして自律神経の乱れを解消していくことで鼻血以外の症状の緩和にもつながります。

まとめ:正しい対処で早期に症状を改善しよう

ここまでで、寝不足によっておこる鼻血の原因と対処法についてご紹介してきました。寝不足による鼻血は、自律神経の乱れが、ビタミンCを大量に消費することによっておこることがわかりました。ビタミンCをこまめに、他の栄養素とバランスよく摂取することによって、寝不足による鼻血を引き起こしにくくします。

寝不足が続くとめまいや頭痛もするのに、鼻血まで出てしまうと心身ともに大変ですよね。ぜひ本記事の「寝不足による鼻血の正しい対処と予防」を活用し、鼻血に悩まされることのない、快適な生活をお送りください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment