絶対に避けたい!赤ちゃんの寝不足の原因と対策

寝る赤ちゃん

赤ちゃんは静かな環境が確保されないと寝不足に陥ってしまうことがあります。赤ちゃんの睡眠時間のリズムも、いわゆるレム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されていますが、レム睡眠のときに触れることが多いと目が覚めてしまうことが多く寝不足となる可能性があります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝不足

寝る赤ちゃん

赤ちゃんはとても可愛いものですが、お母さん・お父さんの育児の負担は大変なものです。赤ちゃんの育児の過程で、お母さんやお父さんが寝不足となってしまうことがあります。

一方で赤ちゃんも寝不足となってしまうことがあります。赤ちゃんの寝不足はどのような原因で生じるのでしょうか。また、赤ちゃんの寝不足解消はどのようにして行えば良いのでしょうか。

赤ちゃんの寝不足の原因と症状

赤ちゃんの寝不足の原因は、多くの場合には、「かまいすぎてしまう」ということが原因となっています。赤ちゃんはいつもすやすや眠っている感じではありますが、実は赤ちゃんにも浅い睡眠時間と深い睡眠時間とがあります。いわゆるレム睡眠とノンレム睡眠です。

レム睡眠のあいだは、赤ちゃんも眠りが浅いため、周囲の音などには敏感に反応してしまいます。そのため、例えば、赤ちゃんが眠っていると思って軽くほっぺたをつついてみたり、訪れてきた友人等と一緒に「かわいいね」などと話していると、赤ちゃんは深く眠ることができずに寝不足となってしまいます。隣の部屋からテレビの音が聞こえてきてしまっているなども寝不足の原因となりえます。

その他ベビーベットの配置の問題で、気づかないうちに直射日光が当たる位置にベットを配置してしまうなども赤ちゃんの寝不足を引き起こしてしまう原因となり得るでしょう。このように、睡眠を妨げてしまう原因を作ってしまうと赤ちゃんはゆっくりと眠ることができずに寝不足となってしまうことがあります。

赤ちゃんの寝不足の症状は主として夜泣きなどの泣くという行動で表現されます。寝不足できついという状態を言葉を発することができない赤ちゃんは泣くという行動で示します。

赤ちゃんにとって寝不足は大変精神的にきつい状態となります。赤ちゃん(乳幼児)が起きていることができる時間は、実は非常に短く、おおむね2時間を超えて起きていることは、赤ちゃんにとってたいへん疲れることとなります。そして疲労がたまれば赤ちゃんは風邪を引きやすくなるなど健康に害が生じたり、精神的なストレス(赤ちゃんでも精神的なストレスは感じます)がたまってしまう等の問題が生じます。

そのため、お母さん・お父さんは赤ちゃんが寝不足とならないように配慮してあげることが重要となります。

赤ちゃんの寝不足対策

では、赤ちゃんが寝不足とならないようにするためには、どのような配慮をしてあげることが重要となるのでしょうか。

まず、赤ちゃんが寝不足とならないようにするためには、睡眠時間中は赤ちゃんの周辺を静かな環境で整えてあげることが重要です。赤ちゃんがノンレム睡眠中(深い睡眠中)であれば多少の雑音などで赤ちゃんが目を覚ましてしまうことはありませんが、レム睡眠中(浅い睡眠中)であれば、容易に目を覚ましてしまいます。そして睡眠中の赤ちゃんがレム睡眠中かノンレム睡眠中かということは容易にはわかりません。

そのため、赤ちゃんの睡眠中は極力静かで眠りやすい環境を整えてあげることが重要となります。赤ちゃんが寝不足とならないようにテレビの音などには特に注意しましょう。

また、ベビーベットの位置が時間帯によって西日が差してしまうなど睡眠を妨害してしまいかねない状況にならないかどうかを確認することが重要です。部屋の位置や太陽の位置などを常常確認しておくことが重要です。

赤ちゃんの寝不足は環境を整えてあげることでほぼ解消することが可能です。静かで、眠りやすい環境を整えてあげたいものです。

なお、赤ちゃんを寝かしつけるためにいわゆる添い乳をしてあげる方も多いと思われます。添い乳をすることで赤ちゃんは安心し、よく眠ることにつながりますが、ただ、一方であまりに添い乳をしてあげる習慣がつきすぎてしまうと、添い乳がなければ眠れなくなってしまいます。赤ちゃんが寝不足になることは避けたいですが、添い乳などはある程度の時期になったら制限し「乳離れ」をさせることが重要です。

New York・Baby プレイヤード (ニューヨークベビー)
カトージ
売り上げランキング: 188

まとめ:赤ちゃんの寝不足と解消方法

以上、本文で述べました赤ちゃんの寝不足とその解消方法のポイントをまとめると以下のようになります。

  • 赤ちゃんも、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すリズムで眠っているため、静かな睡眠環境が確保されないと、寝不足となることがあります。
  • 赤ちゃんの寝不足を生じさせないようにするためには、静かな環境を確保してあげることが重要です。また、ベビーベットの位置などにも配慮してあげてください
  • 赤ちゃんを寝かしつけるための添い乳などは、くせになってしまうと、添い乳なしでは眠ることができなくなってしまうことがあり得るので、ある程度制限して「乳離れ」をすることも重要となります

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment