目的別のおすすめ寝袋5選

キャンプ

寝袋を使用したことはありますか?寝袋は登山やキャンプだけでなく、様々な場面でとても役に立つ道具です。例えば、冬車の中で休憩するときに寝袋があれば、寒い思いをしなくて済みます。

しかし、寝袋には種類があります。季節ごとに、また場面ごとに種類が分かれています。また収納時のコンパクトさや、素材も異なります。それで、どのような場面で寝袋を使うのか、ということを念頭において選ばなければなりません。

それでこの記事では、初心者にもわかる寝袋の選び方とおすすめの寝袋について、ご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

寝袋の正しい選び方

テント

寝袋を選ぶときに大切になのは、寝袋のサイズと、ご自分がどのような場面で使用するのかということです。場面に関して言えば、ポイントは使う場所と時期です。

寝袋にはそれぞれ、対応できる温度が表示されています。夏用の寝袋ですと5℃から10℃、3シーズン用なら-5℃から5℃、冬用なら-5℃以下です。このような温度表示を参考にして、ご自分の用途に合った寝袋を選びましょう。

とはいえ、山の気温は夏でもかなり低いのが特徴です。高い山に登山にいく場合は夏でも冬用寝袋かオールシーズンのものを持っていくようにしましょう。もしご自分が登る山について情報が欲しいと思われるのなら、登山ショップの店員さんに尋ねて教えてもらいましょう。

ここまでで、寝袋の正しい選び方について簡単にご紹介させていただきました。
では次に、おすすめの寝袋をいくつかご紹介してみたいと思います。

おすすめの寝袋

寝袋にはダウン素材と、化学繊維という二つの素材があります。価格や保温性などを考慮して選ぶようにしましょう。では、おすすめの寝袋をご紹介してみたいと思います。

おすすめの寝袋その1:Colemanフリーススリーピングパック

こちらの寝袋は主に春や秋のキャンプ場でのキャンプ向けの寝袋です。

みんなで集まってテントを張り、バーベキューをしたり釣りをしたりするときに使うのに良いでしょう。快適温度は5℃以上なので、寒い時期には不向きです。価格も4500円ほどなので、このような寝袋を一つ持っていると、暖かい時期のアウトドアに役立つのでおすすめです。

おすすめの寝袋その2:ISUKAエア450X ショート

春から下記にかけての登山におすすめなのがこちらの寝袋です。

保温性能を高めるために軽量化されたナイロンとホワイトグースダウンが使用されています。この寝袋は中に入れるダウンの量がエリアごとに調整されており、足元に保温材が大目に入れてあります。口のところにゴム製の紐が入っているので、寝袋への出入りがとてもしやすくなっています。

対応できる温度はマイナス6℃なので、春から秋にかけての1000メートルから2000メートルくらいの標高への登山に向いています。登山を始めたばかりの初心者に向いている寝袋でしょう。価格は30000円を少し切るくらいです。

おすすめの寝袋その3:deuterエクソスフィア 4SL

こちらはダウン素材ではない寝袋です。男性は-4℃、女性は-2℃まで使えるので、冬のキャンプ場や、低い山でのテントでの宿泊に向いています。

この寝袋の特徴は、冬でも使用できるのに価格が15000円台ということです。また、この寝袋は胸の部分にライトなどを入れる小物入れがついているので、ライトや貴重品などを入れておくのに便利です。緊急時にも助けになることでしょう。

おすすめの寝袋その4:MILLETドリーマーコンポジット ライトジップ

こちらは、登山用品で有名なMILLET(ミレー)が販売している3シーズンの寝袋です。

価格は15000円台で低価格です。寝袋の中綿は化学繊維とダウン素材の合成なので、3シーズン使えますが、暑い時期に使うと暑くなりすぎてしまうかもしれません。-1℃から-4℃まで使えますが、あくまで目安なので、山に登る前にはもう少し保温性があると良いかもしれません。厚着して使えばちょうど良いかもしれませんね。

おすすめの寝袋その5:マウンテンイクィップメント ゼロ550

こちらは、本格的な冬山にアタックするときに使用するのにおすすめの寝袋です。

こちらの寝袋は世界でもっとも厳しい温度企画と呼ばれているヨーロッパのEN13537の数値をもとに温度範囲を定めています。対応温度は-10℃以上なので、この寝袋があれば、世界中の山に登ることが出来ることでしょう。また軽量化も図られているので、最小限の重量でアタックしたい方にもおすすめです。

まとめ:寝袋は自分の用途と体型に合わせて正しく選びましょう

おすすめの寝袋を5つほどご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

寝袋を選ぶ際にはご自分がどのようなところで使うことを目的としているのかを知っておく必要があります。また、購入する寝袋がご自分の体型に合っているのかも確認する必要があります。今回ご紹介したものがすべてではありませんので、この記事を参考になさって良い寝袋をお選びください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment