誰か教えて!絶対寝坊しない方法とは?

寝坊

新社会人の皆さん、新しいスーツや靴を揃えて、会社に行く準備は万端ですね。しかし、基本的な事もしっかり押さえておきましょう。社会人には遅刻は厳禁。時間を守る事は最低のルールです。朝起きるのが苦手な人は早めの対策が肝心です。今回は、絶対寝坊しない!ための世界最強の方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

絶対寝坊しないために必要な条件

寝坊その後

睡眠には個人差があります。日本人の大人の場合、7時間睡眠が平均と言われています。しかしそれより長くても、短くても日中の行動に支障がなければ問題はありません。朝起きられない原因は、睡眠時間とは関係ないのです。では、寝坊しないために必要な条件とは一体何でしょうか?

規則正しい生活

人間の体には体内時計が備わっていて、24時間周期でリズムを刻んでいます。本人が意識しなくても、毎朝日の光を浴びる事でリセットされ、活動周期と就寝周期を調整しているのです。起床時間、就寝時間を規則正しくする事で体内時計のズレがなくなり、毎日決まった時間に自然に目覚める様になります。

睡眠の質を高める

決まった時間にベッドにはいっても、なかなか寝付けなくて頭の中はイライラ、、。これではリラックスして安眠する事ができません。睡眠の質を高め、出来るだけぐっすりと眠れる様に工夫しましょう。部屋の電気を暗くする、安眠効果のあるアロマオイルを焚いてみる。寝る前にホットミルクを飲むのもお勧めです。

毎日の習慣を見直す

毎日何気なく習慣にしている事が、実はすっきり目覚める妨げになっている事があります。寝坊しないためには、良い習慣を身につけて生活に取り入れましょう。

ネットサーフィンよりもゆっくり読書

寝る前の数時間は頭の中も休めてリラックスさせたいもの。パソコン画面を見ながらネットサーフィンをするよりも、お気に入りの写真集や好きな作家の短編集を読む等、ゆっくり読書する方が、身体も心もリラックスできます。

半身浴でリラックス

シャワーでさっと済ませるよりも、バスタイムを楽しむ方が睡眠効果は高まります。日中の疲れを癒すべく、自分好みのバスオイルやお気に入りのバスジェルを用意して半身浴をしてみましょう。新陳代謝もよくなって、お肌もすべすべになります。

寝酒は逆効果

早く寝たい、と思うあまり寝る前に飲酒するのは逆効果です。よくぐっすり眠れると誤解されますが、お酒による睡眠は短時間しか持ちません。朝の目覚めもよくないので、どうしてもというなら、量をほどほどにして下さい。

自分に暗示

「絶対明日はこの時間に起きる!」寝る前に自分に強く誓いましょう。そして朝その時間に起きて、ゆっくり朝の支度をする自分を想像して下さい。願えば叶うと信じて自分に暗示をかけましょう。

やっぱりコレ!面白い目覚まし時計

朝起きられない人は、やはり沢山いるようです。最近は面白い目覚まし時計が沢山発売されているのでいくつかご紹介しましょう。

ダンベル目覚まし時計
けたたましいアラームの音。ポチッと押すだけでは鳴り止みません。この時計はダンベル型になっていて、重さもダンベルそのもの。音を消すにはなんとダンベル持ち上げ30回。これなら絶対起きてしまいますよね。(笑)

射撃目覚まし時計
寝ぼけていては当たらない!二度寝防止に最適な時計です。アラームを止めるには、時計の上に設置された射的に向かって付属のピストルで的に命中させなければなりません。これは朝から緊張しますよね。

フライングアラームクロック
絶対に起きる最強目覚ましがこちら。アラーム音とともに、時計からプロペラが飛び立って空中を飛び回ります。これを捕まえてもとに戻さないとアラームは止まりません。朝から駆け回って眠気も吹っ飛んでしまうでしょう。

ナンダクロックキー
アラームが作動すると、ベッドサイドテーブルから転がり落ちて、部屋中を逃げ回ります。ベッドから抜け出して、ナンダクロッキーを捕まえないとアラームが止まりません。結構良い運動になりそうですね。

まとめ

いかがですか。本記事を参考にすれば、あなたも明日から絶対に寝坊しないでしょう。特に最近の目覚ましを利用すれば最強ですよね(笑)遅刻しない事は社会人にとって最低のマナー。是非毎日の習慣にして下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment