寝冷えによる風邪を防ぐための4つの方法

広告ロゴ
風邪

春夏秋冬、季節を問わずひいてしまうのが「風邪」です。風邪とは、一般的に200種類異常もある風邪ウイルスに感染して起こる病気です。風邪は、私達にとってとても身近な病気ですよね。そんな風邪をひく原因はさまざまありますが、簡単に風邪をひいてしまうのは寝冷えによるものだといわれています。

本記事では、寝冷えと風邪の関係性、そして寝冷えによる風邪を防ぐための4つの方法をご紹介します。朝起きたら、なんだか調子が悪いことがよくあるという方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

季節の変わり目は特に注意が必要です

食

風邪をひかないための対策は、しっかりととられているという方は多いのではないでしょうか。バランスの良い食事をとったり暖かくしたり、なるべく身体を冷えないよう心がけられているかと思います。しかし、意外と見過ごされがちなのが「寝ている間」です。

睡眠中は、ご自身もどのような状態で寝ているのか分かりませんよね。知らず知らずのうちに身体は冷えてしまっているものです。普段からしっかりと風邪対策をしているのに、風邪をひいてしまうという方は、寝ている最中の寝冷えが原因かもしれません。

また季節の変わり目の風邪の多くは、寝冷えが原因ともいわれています。風邪をひいてしまったら、まずはみなさん風邪を治そうとされるかもしれませんが、根本的な原因である寝冷えを改善しなければ、再び風邪をひいてしまうことになるでしょう。では次に、寝冷えによる風邪の特有の症状をご説明します。

寝冷えが原因である風邪の症状

もし、寝冷えが原因で風邪をひいてしまった場合は、寝冷え特有の症状が同時にあらわれるとされています。その代表的な症状としてあげられるのが、次の3つです。

  • 夜中にお手洗いによく行く
  • 朝起きたら足がむくんでいる
  • こむら返りになる

上記の3つの症状は、どれも身体が冷えるときにあらわれる特有の症状です。風邪をひいてしまった上に、頻繁にこのような症状があらわれるという場合は、寝ている最中に身体が冷えているという証拠です。もし、風邪をひいてしまったというときに、上記の症状も起きているというときは、寝冷えが原因といえるでしょう。そのような場合は、早急に寝冷え対策をとることをおすすめします。では次に、寝冷えによる風邪を防ぐための方法をご紹介します。

寝冷えによる風邪を防ぐための4つの方法

寝冷えによる風邪を防ぐための4つの方法とは、次の通りです。

  • 眠る直前にお風呂に入らない
  • 窓際で寝るときは工夫する
  • 室内の温度を整える
  • 寝具を整える

では次に、上記の4つの方法について詳しくご案内します。

眠る直前にお風呂に入らない

眠る直前にお風呂に入り、そのまま布団へ入るとなんだか身体が温まっているように感じます。しかし実は私達の身体は、温まると逆に覚まそうとする働きをするのです。そのため、眠る直前にお風呂に入りお布団に入ると、急激に体温が下がり寝冷えしてしまうのです。お風呂はなるべく寝る1時間前には済ましておきましょう。

窓際で寝るときは工夫する

意外と気づかないのが、眠るときの場所です。部屋の中でも、窓際は一番冷気が入りやすく、その影響で身体も冷えがちです。そのため、もし可能であれば窓際にベッドや布団を置くのは避けましょう。どうしても窓際に置かなければいけないときは、カーテンを厚いものにするなど工夫をすると良いですよ。

室内の温度を整える

夏に多いのが、クーラーによる寝冷えです。もし、クーラーなどを付けっ放しで寝ているという方は、温度設定を見直しましょう。タイマーなどを設定するもの良いですね。また、風が直接体に当たっていると寝冷えの原因にもなります。風は、身体に直接当たらないよう、クーラーの羽の動きも確認してくださいね。

寝具を整える

眠るときは意外と汗をかくものです。ご自身の自覚がなくても知らず知らずのうちに汗はかいているのです。そのため、汗をしっかりと吸収するパジャマを着用するようにしましょう。素材は、コットンなどが良いでしょう。また、布団や枕を長く干さないでいるとダニやカビが発生し、二次的な病気を引き起こすこともありますので、寝具はしっかりと外に干してくださいね。

まとめ:冷えないようにしっかりと対策をとりましょう

本記事では、寝冷えと風邪の関係性、そして寝冷えによる風邪を防ぐための4つの方法をご紹介してきました。もう1度、その4つの方法を確認しましょう。

  • 眠る直前にお風呂に入らない
  • 窓際で寝るときは工夫する
  • 室内の温度を整える
  • 寝具を整える

健康的な生活を過ごしているにもかかわらず、風邪をひいてしまうという方は、寝冷えが原因の可能性がとても高いです。寝冷えは、寝ている最中のことですし、ご自身にとって気づきにくいものですよね。しかし、寝冷えが原因である場合、その風邪は必ず防ぐことができるといえるでしょう。みなさんも本記事でご紹介した方法を参考にしっかりと対策をとり、寝冷えが原因の風邪を防いでくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。