ナルコレプシーによる睡眠障害を根本から克服するための4つの方法

広告ロゴ
寝る

絶対に居眠りをしてはいけない場面は、日常生活で多々あるかと存じます。大切な会議中や授業中、試験中、運転中などなど、それは人それぞれだと思います。しかし、このときに眠たくなっては大変という意識とは反対に極度な眠気に襲われることはありませんか。もしかしたらその眠気、ナルコレプシーという睡眠障害の一種かもしれません。

本記事では、ナルコレプシーとは一体どんな睡眠障害なのか、その原因と、ナルコレプシーによる睡眠障害を克服するための4つの方法をご紹介します。最近、突然極度の眠気に襲われるという方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ナルコレプシーとはこんな睡眠障害です

昼寝

ナルコレプシーは、別名「居眠り病」といわれています。突然極度の眠気に襲われる過眠症で、本人がコントロールできないほどに眠くなってしまう過眠症です。ナルコレプシーを患っている方は、主に次の4つの症状があわらわれるといわれています。

  • 睡眠発作…緊張感のある場面で発作的に強い眠気を催します。
  • 情動性脱力発作…喜怒哀楽の感情の変化があった際に体の力が突然抜けてしまい、動けなくなる症状です。ひどいときは、その場に倒れてしまう場合もあります。
  • 金縛り…睡眠中に突然動けなくなる、いわゆる「金縛り」の状態が頻繁にあらわれることがあります。
  • 幻覚…眠りにつく際に、恐ろしい幻覚を見る場合があります。リアルで現実味があるものが多いようです。

上記の4つの全ての症状があらわれる場合もありますし、いくつかの症状のみあらわれるという方もいらっしゃるようです。突然の極度な眠気に襲われ、また上記の症状もあらわれるという方は、ナルコレプシーを疑った方が良いといえるでしょう。しかし、そもそもなぜナルコレプシーを患ってしまうのでしょうか。次に、その原因についてみてきましょう。

ナルコレプシーの原因とは?

ナルコレプシーの主な原因は、にあります。
現代の私達の生活に感じやすいもの、それは「ストレス」です。そのストレスが脳を疲れさせてしまい、ナルコレプシーを起こす起因になっているのです。

職場や学校、家庭内や人間関係などによるストレスがたまってしまっている方はとても多いかと存じます。そして、夜型の不規則な生活を送ってしまうことによる睡眠不足もナルコレプシーの原因である可能性は十分にあります。また、病気や事故などによるケガにより、身体的に骨盤などに歪みが出てしまい脳に影響を及ぼし、ナルコレプシーを起こすこともあるようです。

睡眠は脳と密接に関係しています。感じたストレスが脳へ影響し、それがナルコレプシーとしてあらわれてると考えて良いでしょう。今一度、ご自身を見つめ直して何が原因かをしっかりと見極めましょう。では次に辛いナルコレプシーを根本的に克服するための4つの方法についてご紹介します。

ナルコレプシーによる睡眠障害を克服するための4つの方法

ナルコレプシーを根本的に克服するための4つの方法とは、次の通りです。

  • 規則正しい生活を送る
  • 仮眠を取り入れる
  • 適度な運動をする
  • カイロプラティックを利用する

では次に、上記の4つの方法について詳しくご案内します。

規則正しい生活を送る

睡眠不足は、ナルコレプシーを引き起こす大きな原因です。夜遅くまで起きていたり、睡眠時間が短いと脳に影響を与え、ナルコレプシーの症状が強くあらわれてしまいます。そのため、早寝早起きの規則正しい生活を送ることが、ナルコレプシーを克服する第一歩といって良いでしょう。

仮眠を取り入れる

ナルコレプシーは脳が疲れていることにより起こるということは、前述でもご説明しました。そのため、お昼に適度な仮眠を取り入れて脳を少し休めてあげましょう。お昼の15分から20分程度の仮眠をとるのがおすすめです。この短時間の仮眠をとることにより、脳がスッキリし眠気を防ぐことができるでしょう。

適度な運動をする

質の良い睡眠をしっかりととることは、ナルコレプシーを治すのにとても効果的です。質の良い睡眠の眠りは深いものです。その深い眠りをとっている際、私達は体だけではなく脳も完全に休めます。そのためにも、毎日習慣的に適度な運動をしましょう。習慣的な運動は、身体を適度に疲れされグッスリと眠ることができます。質の良い睡眠をとるには、運動が1番といえるでしょう。

カイロプラティックを利用する

ナルコレプシーには、カイロプラティックも有効とされています。ナルコレプシーの原因ともなっている脳の血流が悪くなると、その症状が強くあらわれてしまうのです。その脳の血流を良くするためには自律神経を刺激すると良いといわれています。カイロプラクティックを受けることで体の緊張を和らげ、自律神経を調節しましょう。

ナルコレプシーの研究―知られざる睡眠障害の謎 (Hot‐nonfiction)
本多 裕
悠飛社
売り上げランキング: 303,528

まとめ:ストレスを強く感じる前に解決の第一歩を

本記事では、ナルコレプシーとは一体どんな睡眠障害なのか、その原因と、ナルコレプシーによる睡眠障害を克服するための4つの方法をご紹介してきました。もう1度、その4つの方法をおさらいしましょう。

  • 規則正しい生活を送る
  • 仮眠を取り入れる
  • 適度な運動をする
  • カイロプラティックを利用する

ナルコレプシーは、仕事中や大切な会議中などにも起こってしまうことがあるため、第三者から見ると、なんだか怠けているように見えてしまいます。また、社会的にもナルコレプシーはまだまだ認知度が低いため、患っている方はストレスを強く感じてしまうことが多いのが現状です。ナルコレプシーを患っているかもしれない、そう感じた方は本記事でご紹介した方法を参考に、克服の第一歩を踏み出してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。