性格が内向的ってどんな意味?直した方がいいの?

広告ロゴ
考える

最近、上司に「性格が内向的だね、ちょっとは直したら?」と言われました。性格が内向的だとよくないのだろうか?また性格が内向的ってどんな風の事なんだろうか?内向的な性格について調べてみました。

スポンサーリンク

内向的の意味とは?

みて

内向的を辞書で調べてみると、ボディパート

  • 内側に向けること、向いていること
  • 国際社会に出ていく意欲がなく、国内に治まっていること
  • 現在属している社会にのみ関心を向けていること、そこだけしか目を向けないこと

というような言葉が出てきました。逆に言えば他の事は目を向けないという事になりますね。全体的に今ある状態をキープしたままでいて、新しい世界に飛び込まないどころか目を向けないということが内向的ということになっています。

では、内向的な性格というと具体的にはどのような性格なのか?

「内向的」という意味からも考えて、内向的な性格の意味もどのような性格という事もわかる気がしますが、具体的な内向的な性格の人の例を挙げてみます。

  • 関心が内側にある、自分側だけにある
  • 判断基準を自分の中に求める
  • 社会への適応性が低い
  • 自信が常になく責任をとても感じやすい
  • 個性が強い
  • 理屈っぽい
  • 自分を守ることが最優先で周りのことには無関心である

特に「内向的な性格」の人の例を挙げていました。内向的な部分だけを挙げているのでこれだけ挙げてしまうと、外には全く目を向けずに自分の殻に閉じこもっている人を内向的な性格と言ってしまっています。これだけ内向的な部分ばかりを持っている人はあまりいないと思いますが、少しでもあてはまっているひとを内向的な性格といいそうです。大人になってからの内向的な例を挙げましたが、子供でもよく「内向的な性格だからね」と言われていることが多いですよね。その子供たちの内向的な性格を挙げてみます。

  • 友達の輪に入れない、自分から声を掛けれない
  • 自分に注目を浴びると恥ずかしくて黙ってしまう
  • 自分の意見を言う事ができずに、他の人の意見に従う

大人になっていくほど、自分の世界に入り込み、自分にしか関心がないという事が多く、
内向的な性格は、自分の殻に閉じこもった自分勝手となってしまいがちですが、子供の頃は、自分の意見を持っていたとしても、「その子に悪いから」「自分はがまんしよう」という気持ちが多くなり、自分の意見は二の次にして他の子の意見に従ってしまっているこども、特に自分の気持ちを抑えてしまっている子が、「内向的な性格」と言われています。

内向的な性格と外向的な性格は兼ね備える

主に人は正反対の内向的な性格と外向的な性格を兼ね備えていると思います。内向的な性格の人は、自分の世界が好きで他の人に関心がないとどちらかというと言われていますが、その性格だけでは現在の社会では生きていけないのが現状です。時には、人には関心がないけれど社会で生活をしていくために外向的な部分を出して生活をしているという人がほとんどでしょう。ほとんどの人はみな、社会で適応するために外向的な部分を兼ね備えてきただけで内向的な部分を持って生きていた人が多かったのではないでしょうか?

自分の中で、自分中心にいきていたほうが楽に決まっています。でも自分の意見ばかりを誰もが主張していたら、人は共存して生きていくことができません。お互いに頼って生きていかない限り、人は生きていくことができないのです。だから、お互いを意識して、お互いを助け合うために人は外向的な部分を身に付けていって生活をしていくのです。

内向的な性格は直した方がいいの?

内向的な性格は、具体的な性格を並べてみると、どちらかというと自分の事だけしか考えていない、自分勝手な人のようなところばかりが挙げられてしまいますが、ほとんどの人がすべての部分で内向的な性格ではないと思います。内向的な性格の部分の性格の方が多いけれども、外向的と言われているような部分もあるといった人が多いのではないでしょうか?性格の中でどちらかというと内向的な部分が多いというだけだと思います。

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力
スーザン・ケイン
講談社
売り上げランキング: 3,823

まとめ:内向的な性格は直した方がいいの?

全てが「内向的な性格」というと、社会にでたくもないという考えになってしまいがちでそうすると生活をすることもできません。そのため、ほとんどの人が外向的な部分も兼ね備えて、生きているのです。だから、「内向的な性格だね」と言われていても社会で生きていくすべを身につけているのであれば、内向的な性格を直す必要は全くないのです。

むしろ、内向的な部分を持って生活をしている人は、自分の個性を持っているということになります。自分の個性を出すことができるから、自分に関心を持つことができるのです。
その部分は、自分に自信を持って大事にすることが大切になると思います。自分をしっかり持っているという事は大事なのです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。