長枕でゆったりリラックスタイム

枕

時々、寝具コーナーで見かける長い枕、寝心地は良いんだろうか、こんなに大きな枕使いづらそうだけど使ってみたい、と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、この長枕の良いところや、活用術などをご紹介していきます。長枕について解説しているサイトも少ない中、本記事はじっくり長枕の魅力についてお伝えしていきます。

長枕の素顔を知っていただき、みなさんの快適な睡眠ライフをお手伝いできればなと思っております。

スポンサーリンク

長枕の魅力

クッション

この長枕に一度魅了されてしまった人は普通の枕には戻れないと聞きます。そこまで、私たちをとりこにしてしまう長枕の魅力とは一体どこにあるのでしょうか?これからその長枕の魅力を以下の5つに分けてご紹介していきますね。

  • 2個並べ時の間落ちがない
  • 洗濯が楽になる?!
  • ちょっと大きいベッドにぴったり
  • 抱き枕にもなる便利マン
  • 工夫をすれば腰痛緩和にも?

2個並べの間落ちがない

ベットや布団に枕を2つ並べると、どうしても枕同士の並んでいる間に隙間ができますね。枕に乗っている間は快適なのに、寝相で間に落ちてしまう人、いらっしゃるのではないでしょうか。また、ご夫婦で同じ布団で寝ていても、間に落ちる心配からなかなか近くに行けない場合もありますね。

こういった際に便利なのが長枕です。始めから2つ分の枕が1つになっており、間に落ちる心配がありませんね。お子さんと同じ枕でお昼寝もできちゃいます。

洗濯が楽になる!?

長枕の長所としては、枕カバーの長さはありますが、1枚というところも良い点としてあげられます。枕カバーを1つずつはずし、それを干し、また1つずつかぶせていくのはちょっと面倒くさいですよね。長枕なら、すぽんと取り外したら、そのまま洗濯機で洗い、乾いたらスルンとかぶせればそれで終わりです。

日常のちょっとした手間が楽になると、他のことに時間がかけられるようになりますね。趣味やテレビを見る、ほんの少しの休憩時間を長枕で作ってはみませんか?

ちょっと大きいベッドにぴったり

体をゆったりのばしたいという声が増え、最近では体よりも一回り大きな布団やベットを購入される方が多くなっているそうです。そうなると、今まで使用していた枕の大きさではベットとのバランスがとれなく、実際に寝てみたら、以前は感じなかった枕のサイズ感が気になってくるらしいのです。

そんな大きめなベットや布団を購入されたら、ぜひ長枕のご使用もおすすめします。標準サイズの枕と価格はあまり変わらないのに、セレブな寝具を演出できます。また、長枕は、ゆったりと頭を預けることができるサイズなので、枕による窮屈さは全く感じないはずです。

抱き枕にもなる便利マン

世の中には、抱き枕という抱きしめながら寝ることができる枕が存在します。使用している方は、子供から大人まで様々です。一度は使ってみたいけど、どんなものなのか不安だという方は、ぜひ長枕で抱きしめる感覚を試してみてください。

抱き枕のように「抱くこと」専門に作られてはいませんが、長枕を抱き枕として使用する人は非常に多いんです。子供の頃に戻ったような感覚で、長枕をぎゅーっと抱きしめてみてはいかがでしょうか。

工夫をすれば腰痛緩和にも?

長枕を愛用している人のエピソードの中には、座椅子などに座っているときに腰に長枕を入れ、長時間座っても辛くないようにしている、と言った新しい長枕の活用法などがありました。また、寝ている時に足の下に置き、足を上げる体勢にしておくと疲れがとれやすいという意見もあるように、みなさんそれぞれに長枕と上手にお付き合いしているようです。

ただ頭をのせて寝るだけではない長枕ですが、まだまだいろいろな有効利用法がありそうですね。

いろいろなデザインの長枕

では、実際に長枕が欲しいとなった時にどんなものがあるのか気になりますよね。あまり長枕を使っている人はいなさそうだから、種類もそんなにないんじゃないかと思ったら大間違いです。ふわふわの極上肌触りのものからキャラクター全体図が印刷されたものまで様々です。表面積が大きいので、好きな絵柄やキャラクターが思いっきりみなさんを癒してくれます

最近では、オーダーメイドでの枕作りも人気がでてきています。世界で一つの長枕を作ってみてもいいかもしれませんね。

長枕注意点

ちょっと気をつけたいのがこれからお話する長枕の注意点です。それは実際に目で見て触って納得して購入した場合ではなく、インターネットなどでの注文の際に気をつけなければいけないことです。

よく長枕でのトラブルとしてあげられるのが、空気が入る空間が偏ってしまったり、思ったよりもサイズが小さく、いつもの枕と変わらなかったなどです。あまりにも価格が安いものは、中の生地がへたれやすく、運搬中、斜めになった方向に偏りが出やすいのです。返品不可の会社もありますので、サイズの確認などを入念にしてください。

まとめ

素敵なリラックスタイムを演出してくれる長枕、ちょっと気になってきたのではないでしょうか?これまでの長枕の魅力などを以下にまとめました。

  • 枕の間に落ちる心配がなく、洗濯も楽になる
  • 大きめのベットや布団にもフィットして、サイズ感も良い
  • 抱き枕など、枕以外の活用法も工夫次第でたくさん!
  • 自分の好みのデザインを探すのも楽しみの一つ
  • インターネットなどで購入する際は注意点を思い出して

自分のお気に入りの枕でぐっすり快眠できるといいですよね。みなさんの快適な睡眠ライフがより充実するよう願っております。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment